WMC2016名古屋予選イベントカバレージ

​Round 7:津村 建志(東京) vs. 山田 一輝(愛知)

F584c361 5e47 4b3f 85f3 a187b88e1f1f
昨年と同じく、東別院会館で開催された今回のWMCQ名古屋。

ここで昨年勝利し、日本代表権を獲得したのが、oyaoya prosもとい、Hareruya pros所属プロの津村 建志(東京)だ。

フォーマットは違えども、昨年権利を獲得したのと同じアブザンカラーのデッキを握りしめ、今大会もトップ8の可能性を残す1敗ラインでRound 7を迎えている。

というわけで、このラウンドではトップ8を狙うなら負けられない津村の戦いをフィーチャーしよう。

対するのは、バーンデッキを使用する山田 一輝(愛知)。元々、バーンはモダンでは人気のあるアーキタイプではあったが、先日人見 将亮が圧倒的なクオリティの解説記事が掲載された事で、環境全体でのプレイングレベルの底上げがされたと言っていいだろう。

果たして、津村が2年連続トップ8に王手をかけるか、それとも、山田が地元愛知からの権利取得に一歩前進するか。
 

Game 1



ダイスロールで先手は津村。試合前に「この会場でダイス勝ったことないんですよ」と語っていたので、この会場で2年越しの初の先手となる。

互いにキープし、セットランド前に津村が 《ミシュラのガラクタ》 をプレイする所からゲームがスタート。相手のデッキをある程度把握している状態で津村は 《新緑の地下墓地》 をセットしてターンを返す。

返しのターンで山田はフェッチから 《踏み鳴らされる地》 をサーチすると 《ゴブリンの先達》 をプレイ。山札のトップが 《貴族の教主》 なのを確認した津村は 《新緑の地下墓地》 で山札トップをリフレッシュしつつ 《寺院の庭》 をサーチし、 《流刑への道》 をプレイ。山田は 《山》 をサーチする。

続く津村のターン、 《湿地の干潟》 から 《沼》 をサーチすると、 《タルモゴイフ》 を戦場に。パワーが3でタフネスが4の 《タルモゴイフ》 を前に、山田は 《野生のナカティル》 を召喚し、 《裂け目の稲妻》 を待機してターンを終える。

《コジレックの審問》 をプレイする津村。山田の 《溶岩の撃ち込み》 《稲妻》 《ゴブリンの先達》 《ボロスの魔除け》 《稲妻のらせん》 という手札から、 《稲妻》 をディスカードさせ、ターンを終了。

山田は待機のあけた 《裂け目の稲妻》 を本体にプレイすると、さらに 《溶岩の撃ち込み》 を本体に。これで津村のライフは10。津村は 《残忍な剥ぎ取り》 を召喚してターンを終える。

だが、ターンエンドに 《ボロスの魔除け》 をプレイした山田の手札には、津村の残る6点を削り切るに十分な火力があったのだった。



山田 1-0 津村
 

Game 2



互いにキープし、先手の津村が 《草むした墓》 アンタップインから 《貴族の教主》 をプレイしゲームがスタート。山田は続く自身のターンに 《僧院の速槍》 を召喚してアタック、津村に1点のダメージを与える。

津村は 《新緑の地下墓地》 から 《沼》 をフェッチし、 《ヴェールのリリアナ》 をプレイ。-2能力で 《僧院の速槍》 を始末してターンを終える。

この 《ヴェールのリリアナ》 へはため息と 《焼尽の猛火》 で対応し、 《貴族の教主》 共々焼き払った山田だったが、津村は 《タルモゴイフ》 をプレイ。すでに4/5のサイズの 《タルモゴイフ》 に対して、山田は3枚目の土地を置いて 《野生のナカティル》 をプレイする。

この 《野生のナカティル》 《急速な衰微》 で除去され、 《タルモゴイフ》 がアタックして、山田のライフは11。ターンエンドにフェッチから 《山》 を持ってきて、ライフは10。ここで確保したマナで 《ボロスの魔除け》 を打ち込み、津村のライフは12。

山田は自身のターンに 《溶岩の撃ち込み》 をプレイ。津村のライフを9とした上で、 《聖なる鋳造所》 をタップインしてライフを守りつつ続くターンのマナを確保する。

5/6となった 《タルモゴイフ》 がアタックして、山田のライフは5。ここで津村が 《コジレックの審問》 をプレイすると、勝ち目が無くなってしまう山田は、中身を見られるのを嫌ってか手札を片付けた。

山田 1-1 津村
 

Game 3



運命の最終戦。初手は互いにキープで開始され、山田は 《踏み鳴らされる地》 をフェッチして 《野生のナカティル》 をプレイしターンを終える。

津村が 《湿地の干潟》 をセットしてターンを返すと、山田は 《僧院の速槍》 をプレイ。2枚目の土地を置かずに2体でアタックする。

手札に 《流刑への道》 を持っている津村だったが、山田に2枚目の土地を与えるのを嫌って、ここは3点ダメージ。ターンエンドに 《神無き祭殿》 をタップインでフェッチし、さらに、自身のターンに 《森》 をフェッチして、残りライフを15とする。



この2マナで津村はトップデックした 《集団的蛮行》 を手札を2枚捨てつつプレイ。山田の手札から 《溶岩の撃ち込み》 を捨てさせつつ、 《野生のナカティル》 を除去、さらに自身のライフを17へと回復させるというビッグプレイを魅せる。

返すターンに土地を引けなかった山田は、 《僧院の速槍》 を果敢無しでアタックし津村のライフを16にすると、 《渋面の溶岩使い》 をプレイしてターンを終える。

津村は、 《新緑の地下墓地》 から 《森》 をフェッチすると 《タルモゴイフ》 をプレイ。サイズはまだ3/4ながら、土地が止まっている山田にとってはかなり厳しい壁となる。津村は 《タルモゴイフ》 の餌となりうる墓地も、すでに自身の墓地で土地・クリーチャー・ソーサリーの3種類を備えているので、 《渋面の溶岩使い》 で対処することも難しい。

山田はさらに土地を置けずにターンエンド。ここで津村は 《流刑への道》 を満を持して 《渋面の溶岩使い》 へとプレイ。山田は能力を津村自身へとプレイすると、 《山》 をサーチする。

そして、ここで 《ヴェールのリリアナ》 が登場し、-2能力で 《僧院の速槍》 がいなくなると、さらに 《貴族の教主》 を追加、賛美と 《流刑への道》 でインスタントが追加されたことで、 《タルモゴイフ》 が5/6でアタック、山田のライフを10とする。

念願の2枚目の土地を不本意な形で手に入れ、さらに津村の手札はゼロという状況の山田だったが、盤面が圧倒的に厳しい。上陸無しの 《焼尽の猛火》 《貴族の教主》 《ヴェールのリリアナ》 を同時に処理するものの、プレインズウォーカーが落ちて、 《タルモゴイフ》 のサイズは5/6。その 《タルモゴイフ》 のアタックで、山田のライフは5。

チャンプブロッカーとして 《大歓楽の幻霊》 を戦場に追加する山田だったが、津村が 《集団的蛮行》 を提示すると、土地を片付けたのだった。

山田 1-2 津村

試合終了後に、山田が津村に声をかける。

山田「去年もアブザンでしたよね」

津村「あ、そうですね」

山田「去年、津村さんが抜けたデッキリストをコピーして、初めてGPTで勝ったんですよ!」
レポート

ライター
ライターコラム

Page Top