WMC2016名古屋予選イベントカバレージ

Round 4:昭元 大地(愛知) VS. 金川 俊哉(山梨)

9adc049b 6609 4ac2 8fad 62478be8ee44
WMCQ名古屋第4回戦、全勝卓より、国内ノンプロ(ここでの定義は、プロポイントを持たないプレイヤーのこと)PWP第1位の金川と、地元愛知のプレイヤー、昭元の試合をお届けする。

昭元は古くは京都・福知山でマジックを始め、今は豊橋でプレイしている。
とにかくアーティファクトが大好きで、レガシーではMUDを、統率者戦では 《アーカム・ダグソン》 を使用しているそうだ。
果たして今回はどんな「アーティファクトデッキ」を持ち込んだのだろうか?

Game1


ダイスロールの結果、先手は昭元。
金川は「ダイスに勝ちたかったんだけどなぁ…」と小さくため息。

1ターン目。
昭元は 《洞察のランタン》 からのスタート。
今日の昭元が使用するアーティファクトデッキは、モダン環境屈指の奇妙なデッキと言われるランタンコントロールのようだ。

これに、金川は 《ぎらつかせのエルフ》 で応える。

昭元は「感染か…」と呟く。
数あるモダン環境のデッキの中でも、感染デッキには 《貴族の教主》 が採用されているため 《罠の橋》 が効きづらい。
昭元にとっては厳しいマッチアップだ。

2ターン目。
昭元は 《伏魔殿のピュクシス》 を設置しつつ 《真髄の針》 《新緑の地下墓地》 を指定する。
この指定に金川は苦しい顔。ただでさえ土地を削っている感染デッキにとって、この指定は致命傷となり得るからだ。


とはいえ、金川のハンドは強い。
《コジレックの審問》 で昭元の生命線である 《罠の橋》 を抜き去る。
さらに、 《怨恨》 《ぎらつかせのエルフ》 にまとわせてアタック。
これで毒カウンターは3つ。

3ターン目。
昭元は 《写本裁断機》 をプレイ。
相手のライブラリーを削る速度は2倍になったが、盤面に干渉できない状況は続く。

そんな昭元を尻目に、おもむろに金川がプレイしたのは 《強大化》
毒カウンターは一気に10へと進み…昭元、敗北。

昭元0-1金川

昭元は 《紅蓮地獄》 をはじめとする除去を追加。
《真髄の針》 など、感染相手に意味のないカードを減らす。

金川は決め手になり得る 《自然の要求》 と、新たな勝ち手段となる 《最後の望み、リリアナ》 を追加。
《罠の橋》 が置かれた後の状況を想定したサイドボーディングである。

Game2


1ターン目。
再び先手の昭元は、 《グール呼びの鈴》 を設置。
《洞察のランタン》 からスタートすることは出来なかった。

対する金川は再びの 《ぎらつかせのエルフ》 で第1ゲームの再現を狙う。

2ターン目。
昭元は 《写本裁断機》 《伏魔殿のピュクシス》
《洞察のランタン》 さえ引き込めば、金川のドローを完全に支配できるだろう。

返すターンに金川は 《コジレックの審問》
対応して昭元は金川のライブラリーを削り、落ちた 《古きクローサの力》 《外科的摘出》

これによって互いのハンドが明らかとなる。

金川
2枚の 《ぎらつかせのエルフ》
《疫病のとげ刺し》
《巨森の蔦》
《墨蛾の生息地》
《ペンデルヘイブン》

昭元
《伏魔殿のピュクシス》
土地

金川は昭元の手札から 《伏魔殿のピュクシス》 を抜き去ると、
昭元には事実上、ハンドがなくなってしまう。

しかしながら、金川もまたアーティファクト破壊を持っていないため、昭元が 《洞察のランタン》 を引き込んでしまえば、ソフトロックに持ち込める。

金川は《ペンデルヘイブン》をセット。2体目の 《ぎらつかせのエルフ》 を戦場に送り、
すでに出していた 《ぎらつかせのエルフ》 でアタック。
これで、昭元は毒カウンター1つを得た。

3ターン目。
昭元は 《外科的摘出》 を引いたが、できるのはセットランドだけである。

対する金川は 《墨蛾の生息地》 を設置しつつ、 《疫病のとげ刺し》 を戦場へ。
2体の 《ぎらつかせのエルフ》 と《ペンデルヘイブン》の効果で、毒は4。

エンドに昭元は金川のライブラリーを削る。
運よく 《巨森の蔦》 が墓地に落ちたため、ここに 《外科的摘出》
金川の手札に追加されたのが土地であることを確認する。



4ターン目。
昭元が引き込んだのは 《古きものの活性》
喜び勇んで山札を5枚めくると、そこにはほしかったパーツである 《洞察のランタン》 《罠の橋》 の両方が!
…しかしながら、選べるのはどちらか1枚である。
昭元、ここは冷静に延命手段である 《罠の橋》 を手札に入れるが、マナが足りないためにここはターンエンド。

返しのターンの金川は2枚の 《ぎらつかせのエルフ》 《疫病のとげ刺し》 、そして 《墨蛾の生息地》 でアタック。
《ペンデルヘイブン》も起動して、昭元の毒を9に進める。
次のターンの 《罠の橋》 は確定だが、昭元が1マナ以上のカードを引いてくれれば昭元の手札が1枚残るため、金川の勝ちだ。

5ターン目
祈りながらドローを進めた昭元が引いたのは 《オパールのモックス》
無事に 《罠の橋》 を設置し、ほっと一息。

ロングゲームを覚悟し、気合を入れなおした金川。
しかし、山札をめくった瞬間に空気が変わる。
少しほころんだ表情で金川が公開した。1枚は… 《自然の要求》

昭元0-2金川

金川、全勝で第5回戦へ!
レポート

ライター
ライターコラム

Page Top