WMC2016名古屋予選イベントカバレージ

決勝戦:津村 建志(東京) vs. 山本 賢太郎(東京)

6c923438 6064 4304 908d 3431d273d226

マジックも勝敗がつく勝負事なわけで、そこで戦うプロプレイヤーたちがジンクスを気にするのは当然の事なのだと思う。

土地事故があれば「日頃の行いが悪い」といい、負ければ「座った席が逆なら勝ってた」といい、オポでトップ8落ちすれば「徳が足りなかった」という。そういう人種なのだ。

だから、自分の過去の戦績を大会と紐付けて記憶し、どこそこのトーナメントとは相性がいいから勝てるけど、別のアレでは相性が悪いから勝てない、みたいなことを言いはじめる。「地場が悪い」とか。地場で土地からでるマナが変わるわけもなく、プレイが始まれば平等に同じゲームで、ゲームの中身が変わるわけじゃないのに、だ。

でも、例えば、The FINALSで5連続トップ8入賞と絶好調だった浅原 晃(東京)が、その当時であってもそれ以降も日本選手権でトップ8に入ったことが無い、ってくらいまで行くと、確かに浅原は、The FINALSと相性が良くて、日本選手権とは相性が悪いといいたくなってしまう。
 


だから、こんなことを言いつつ、バブルでも無く負けていった市川ユウキは、日本選手権を引き継いで開催されているWMCQとは相性が悪くて、The FINALSを事実上引き継ぐ形で開催されているThe Last Sunでは過去に開催された3回のうち2回でトップ8に入賞してて、最高に相性がいいトーナメントだ、と言うことだってできるだろう。

で、そのThe Last Sunの第一回で優勝したのが、山本 賢太郎(東京)だ。

山本が優勝した時に使用していたのが、スニークショーで、端的に言えば、やばい勢いですごい 《引き裂かれし永劫、エムラクール》 を叩きつけるデッキだ。

今回、山本がモダンで選択したデッキは、グリセルシュートで、端的に言えば、やばい勢いですごい 《引き裂かれし永劫、エムラクール》 を叩きつけるデッキだ。

山本がかつて優勝したデッキと似たアーキタイプであることに思いを馳せて、引かなければいけないスペルや 《引き裂かれし永劫、エムラクール》 、そして薄い黒マナをトップデックする事に意味を見出そうとするのは、ゲン担ぎでこじつけでしかないかもしれない。

でも、地場はプレイヤーの意志が介入しないからゲームは平等に変わらないけど、デッキの選択はプレイヤーの意志そのものだから、ゲームは大きく変わる。

人事を尽くして天命を待つを待つには、尽くすべき人事を熟知していなければならない。
 

Game 1



ダイスロールで先手の津村は、 《森》 をフェッチすると 《貴族の教主》 をプレイ。対して、山本は 《島》 をフェッチし 《血清の幻視》 をプレイ。 《イゼットの魔除け》 を引いた上で、占術ですでに手札に2枚ある 《引き裂かれし永劫、エムラクール》 を下に、 《集団的蛮行》 を上に置く。

ライフ16以上をキープしたい津村は、 《沼》 をフェッチすると 《未練ある魂》 をプレイ、盤面にクロックを用意する。対する山本は引いた 《集団的蛮行》 《イゼットの魔除け》 《グリセルブランド》 をディスカードして全開モードでプレイ。

《思考囲い》 《コジレックの審問》 《急速な衰微》 土地という手札から 《コジレックの審問》 をディスカードさせつつ、 《貴族の教主》 を除去、津村のライフを16点にした上に、墓地に 《グリセルブランド》 を送り込む事にまで成功する。

津村は14点になることを受け入れ、 《思考囲い》 をプレイすると、山本の手札から 《御霊の復讐》 をディスカードさせ、残る手札に釣り竿が無いことを確認する。さらに、フェッチからの 《草むした墓》 でトップデックした 《コジレックの審問》 をプレイし 《手練》 をディスカードさせると、山本の手札は 《引き裂かれし永劫、エムラクール》 2枚となる。

山本は 《沸騰する小湖》 をドローし、セットしてターンエンド。津村は2体のスピリットでアタックすると、 《未練ある魂》 をフラッシュバックし、クロックを倍増させつつ、飛行のブロッカーを確保する。続くターンの山本はカードを引くと、ターンエンド。

津村は少考の上で、スピリットを1体残してアタックし、山本のライフは8。山本は2枚目の 《猿人の指導霊》 をドローするとターンエンド。

ここで津村は今度はスピリットを2体残してアタックして山本のライフは6。 《残忍な剥ぎ取り》 《貴族の教主》 を追加してターンを終える。

山本のトップデックは 《集団的蛮行》 《猿人の指導霊》 を1枚捨て、-2/-2モードでトークンを1体除去しつつ、ライフを8点にする。津村のクロックは7点で、1ターン稼げたことになる。津村は 《残忍な剥ぎ取り》 とトークン1体でアタックし、山本のライフを3にすると 《ヴェールのリリアナ》 の+1を起動してターンを終える。

ここでの山本のトップデックが 《イゼットの魔除け》 。互いのライフ状況を改めて確認すると、ターンを終える。墓地に 《グリセルブランド》 がいるので、アタックに対して 《御霊の復讐》 を引き込み 《残忍な剥ぎ取り》 《グリセルブランド》 でブロックすれば、かなりターンを稼げる計算だ。



津村は、全軍でアタック。ブロック前に 《イゼットの魔除け》 をプレイする山本。

人事は尽くせども 《御霊の復讐》 は駆け付けない。

津村 1-0 山本

津村が去年の同じ会場で開催されたWMCQ名古屋で優勝したという話も、地場なんて関係ないのにと言ってしまった手前、もう改めて語ることもできない。

去年と同じくアブザンカラーのデッキを使っているという事を改めて語るのも、今更って感じだ。

ただ、とにかく言いたいのは、軽いクロックで殴り続けながら、手札破壊や除去で相手の選択肢を狭めて狭めて、そして殴って、とにかく自分が勝つのは自分の力だというプレイスタイルは最高に津村しているってことだ。
 

Game 2

互いにマリガンなく、山本は 《血清の幻視》 をプレイ。占術で1枚を上に置くと、ターンを終える。対する津村は 《寺院の庭》 をアンタップインしつつ 《貴族の教主》 をプレイする。

ドローした上で、山本の手札は 《猿人の指導霊》 が2枚に 《血の墓所》 、さらに 《信仰無き物あさり》 《引き裂かれし永劫、エムラクール》 《御霊の復讐》 《裂け目の突破》 という、2ターン目にエムラクールが突撃する内容。とは言え、消費リソースもかなり大きい。

長考の末、山本は 《血の墓所》 をアンタップインし、 《猿人の指導霊》 をリムーブすると、うみ出された赤マナで 《信仰無き物あさり》 をプレイ。ディスカードした 《引き裂かれし永劫、エムラクール》 の山札に戻るスタックで 《御霊の復讐》 を宣言。



だが、ここでさらに津村がレスポンス。2点のライフを支払って 《外科的摘出》 をプレイし、 《引き裂かれし永劫、エムラクール》 を全てリムーブしてしまう。山本は大技をすかされた上で、手札の内容が 《信仰無き物あさり》 《猿人の指導霊》 《裂け目の突破》 であることが顕になってしまう。

津村は、続くターンに 《タルモゴイフ》 をプレイ。まだ1/2だが、山本が自身のターンに 《信仰無き物あさり》 をプレイし、 《神聖の力線》 《裂け目の突破》 をプレイしたことで、一気にサイズアップする。

《タルモゴイフ》 でアタックした後、津村は 《未練ある魂》 をプレイし、クロックを強化する。山本は、 《猿人の指導霊》 をリムーブし、 《流転の護符》 をプレイする。津村は 《乱脈な気孔》 をクリーチャー化し、全力のアタックで山本の残りターンを1とする。

ドローした 《血清の幻視》 でドローしたカードを見た山本は、力強く津村に手を差し出した。

津村 2-0 山本

津村も 《引き裂かれし永劫、エムラクール》 をこよなく愛するプレイヤーの一人で、山本よりも津村を 《引き裂かれし永劫、エムラクール》 が愛していたから津村が勝てた、なんてことは無くて、恐るべきエルドラージである 《引き裂かれし永劫、エムラクール》 も印刷されてしまえばただのカードなので、誰が使っても平等に同じ効果で同じような確率で山札から引かれるだけだ。

地場や大会のタイトルでマジックの根本的なルールは変わらないから、僕の目の前で繰り広げられる対戦も、内容は違えどもそれは微差で、突き詰めれば平等に同じゲームだ。

結局、その微差を作り上げているのは、プレイヤーの意志で、気まぐれでランダムなドローのムラは誰にだって平等に同じくふりかかる。

だから、この対戦も、人事を尽くして天命を待つよりも、天命を待つよりも人事を尽くしきりたい津村のプレイスタイルを貫ききったというだけの話だ。

地場や大会のタイトルで、ゲームそのものは変わらなくても、ゲームの結果で得られる権利は変わってくる。

おめでとう、津村健志。2年連続日本代表!

レポート

ライター
ライターコラム

Page Top