今週末のデッキはこれを使え!

【スタンダ―ド特集】今週末のデッキはこれを使え!

2a1b662e b52a 4222 b460 91152a4cb7ea

今週末のデッキはこれを使え!とは?

この記事はプロツアーを目指すトーナメント指向の高いプレイヤーの方や時間があまりとれずデッキ選択に迷っている方に流行のデッキ情報や最新のアーキタイプ情報、戦略・サイドプランなどをお届けするのをメインとした情報記事になります。

トーナメントに出場しているプレイヤーは一つの目標とし『プロツアーへの出場』を目指す方が多いと思います。そしてプロツアーへ参加する方法として最もオーソドックスな手段は2つあり、グランプリで13勝2敗以上による権利獲得とプロツアー地域予選で上位入賞による権利獲得が一般的です。

しかしグランプリの出場は年内でも回数が限られていてフォーマットもバラバラなため自分の得意なフォーマットとは限りません。

プロツアー出場への王道はやはりプロツアーの地域予選(以下RPTQ)へ出場しそこで勝利するものが最も早い道のりと言えるでしょう。またほぼ毎週開催されるプロツアー予備予選(以下PPTQ)はプレイヤーの腕を磨きつつプロツアー出場への道も近づくので一石二鳥です。

この記事ではRPTQへ出場するための予選であり、ほぼ毎週行われるPPTQのオススメデッキを主に紹介していくものとなります。

PPTQのフォーマットがスタンダードシーズンに突入ということもあり、スタンダードのフォーマットのPPTQの間はスタンダードのリストを紹介していこうと思います。それでは早速デッキリストを見ていきたいと思いますが、その前に現在のメタゲームの解説を少ししていきたいと思います。

今週のメタゲーム

先々週にプロプレイヤー達が競い合う最高峰の舞台であるプロツアーが開催されました。

プロツアーではトップメタである赤単アグロティムールエネルギーの2つが最も人気でティムールエネルギーに黒を足した4Cエネルギーが3番手に多いデッキとなりました。

それから1週間が経ち、スタンダードの大型イベントであるグランプリが上海ワルシャワアトランタで開催されました。

それらのグランプリでの成績は赤単アグロティムールエネルギーの2大勢力を筆頭にこれら2つのデッキを意識したギフトミッドレンジ機体ビートダウン副陽コントールが勝利するといったプロツアーを繰り返したような結果となりました。

今回は先週行われたグランプリの大会結果を踏まえつつ、今週は勝ち組になれるであろうアーキタイプを紹介していきます。

プロツアーの結果を繰り返したようなグランプリ結果という事は…?今週の当コラムがオススメするデッキは…!

今週末のデッキはこれを使え!!

Harsh Mentor / 過酷な指導者 Rampaging Ferocidon / 暴れ回るフェロキドン
PTで活躍した構成がグランプリにも再来!
今週のオススメは先週と同じく 《過酷な指導者》 《暴れ回るフェロキドン》 を採用した赤単アグロです。というのはティムールエネルギー赤単アグロを意識したデッキが増えてきたメタゲームの中で、それらを乗り越えるために構築された赤単アグロのリストが今週もまた見事に勝ち残り、環境のメタゲームの中でも一歩秀でていることを証明しているからです。

また環境のティムールエネルギーが増加している傾向にあり、同型や第3勢力への対策として 《秘宝探究者、ヴラスカ》 《スカラベの神》 などの重たくて強力なカードを採用し始めたため、赤単アグロのスピードに間に合わなくなってきているのも追い風となっています。
Sand Strangler / 砂かけ獣 Dunes of the Dead / 死者の砂丘
赤単デッキの新たなるアプローチ
GPアトランタでTOP8に入ったトッププロの一人であるBen Stark選手が使用した赤単は今までにないアプローチでデッキを構築しTOP8入りを果たしています。 《砂かけ獣》 《栄光をもたらすもの》 といった盤面を捌きつつ展開できるカードを採用してクリーチャー主体のデッキであるティムールエネルギー赤単アグロに有利に立ち回れる構成になっています。
赤単なら常に4積みされてきた超強力なカード
デッキの土地を25枚にしてデッキ全体を重めに構築したことで従来の赤単アグロの最も強いカードある 《熱烈の神ハゾレト》 の枚数が1枚に抑えられておりブン回り要素は減っています。しかし、そのブン回り要素を減らしてまでメタゲームを読んだ構築にして大会に挑み、結果を残しているBen Stark選手は流石のトッププロだと言えるでしょう。

プロツアーと今回のグランプリで好成績を残した赤単アグロは現在のメタゲームおいてトップメタであるエネルギー系デッキに続く2番目のアーキタイプです。今後のスタンダード環境は赤単アグロとエネルギー系のデッキの変化に注意しながらメタゲームを予測していくことが不可欠です。

また今回のBen Stark選手が構築したような赤単が環境のメタゲームに上がってくる可能性は十分にあり得るので最新の赤単のデッキリストにはしっかりと注目しましょう。

新アーキタイプ!?グリクシストークンズ!!

工匠が生み出す大量のトークンで盤面を埋め尽くす
今までになかったアーキタイプがグランプリでTOP4という好成績を残しています。このグリクシスカラーで組まれたリストはエネルギーを利用したシナジーが大量に組み込まれており、一度デッキが回りだすとトークンが盤面をあっという間に埋め尽くすデッキです。
トークンの生産とエネルギーの生産のコンボ
現在のスタンダード環境はティムールエネルギー赤単アグロがトップメタでこの二つのデッキは基本的に大量に出てくる飛行機械トークンに対応出来ない構造をしています。またどちらのデッキもトランプルや回避持ちクリーチャーが全くいないため、トークンが一度でも量産体制に入ると、チャンプブロックで簡単に凌がれてしまいダメージレースを行うことが困難になります。
Scrapheap Scrounger / 屑鉄場のたかり屋 Duress / 強迫 Battle at the Bridge / 橋上の戦い
黒の部分のほとんどはサイドボードカード
グリクシストークンの黒のカラーを入れている理由のほとんどはサイドボードにあります。このデッキはクリーチャーによる打点が非常に小さくほとんどの場合ゲームは長期戦になるのでロングゲームをするコントロールデッキへの対策をしっかりとサイドボードにとっています。トップメタに強い構成とデッキが知られていないアドバンテージを活かしたこと、サイドボードの練り込みもしっかりとされているこのデッキは納得の勝利と言えるでしょう。

先週のグランプリの結果はプロツアーの延長戦上でほとんど変化がないように見えました。しかし、トップメタを対策した新しいデッキや相手の意表を突いた新しいアーキタイプも続々と登場してきています。トップメタの対策や最新のリストの確認も大事ですが、新しく登場して間もないアーキタイプも勝つことには何らかの理由が必ずあるのでしっかりと目を通しておきましょう!

まとめ

今回はグランプリの結果から勝っている赤単アグロと新しいアーキタイプのリストを紹介していきました。

赤単アグロは構成を変えることで安定した好成績をしっかりと残しており、環境のティムールエネルギーも重めの構成が流行していることから今週もまだまだ勝てる立ち位置にいると言えるでしょう。

そしてトップメタである赤単アグロティムールエネルギーへの対策も大事ですが、Ben Starkが使った赤単やグリクシストークンなどの新しいアーキタイプの活躍も見え始めているので、新しく登場したアーキタイプや流行のデッキリストにはしっかりと目を通しておきましょう!

以上、今週末のデッキはこれを使え!でした。

今後も毎週木曜日に更新となりますので、よろしくお願いします!それではまた来週の連載をお楽しみに!
連載コラム

ライター
ライターコラム

Page Top