今週末のデッキはこれを使え!

【スタンダ―ド特集】今週末のデッキはこれを使え!

Sp 5f50e21c 9495 40d2 a3f7 8f810ef9a430

今週末のデッキはこれを使え!とは?

この記事はプロツアーを目指すトーナメント指向の高いプレイヤーの方や時間があまりとれずデッキ選択に迷っている方に流行のデッキ情報や最新のアーキタイプ情報、戦略・サイドプランなどをお届けするのをメインとした情報記事になります。

トーナメントに出場しているプレイヤーは一つの目標とし『プロツアーへの出場』を目指す方が多いと思います。そしてプロツアーへ参加する方法として最もオーソドックスな手段は2つあり、グランプリで13勝2敗以上による権利獲得とプロツアー地域予選で上位入賞による権利獲得が一般的です。

しかしグランプリの出場は年内でも回数が限られていてフォーマットもバラバラなため自分の得意なフォーマットとは限りません。

プロツアー出場への王道はやはりプロツアーの地域予選(以下RPTQ)へ出場しそこで勝利するものが最も早い道のりと言えるでしょう。またほぼ毎週開催されるプロツアー予備予選(以下PPTQ)はプレイヤーの腕を磨きつつプロツアー出場への道も近づくので一石二鳥です。

この記事ではRPTQへ出場するための予選であり、ほぼ毎週行われるPPTQのオススメデッキを主に紹介していくものとなります。

PPTQのフォーマットがスタンダードシーズンに突入ということもあり、スタンダードのフォーマットのPPTQの間はスタンダードのリストを紹介していこうと思います。それでは早速デッキリストを見ていきたいと思いますが、その前に現在のメタゲームの解説を少ししていきたいと思います。

今週のメタゲーム

プロプレイヤー達が競い合う最高峰の舞台であるプロツアーが開催されました。

プロツアーではトップメタである赤単アグロティムールエネルギーの2つが最も人気でティムールエネルギーに黒を足した4Cエネルギーが3番手に多いデッキとなりました。

スタンダード環境のメタゲームは赤単アグロとエネルギー系のデッキを中心として、他にこれら二つのデッキを意識した機体ビートダウンギフトミッドレンジ 《人質取り》 をタッチした黒緑ビートダウンが活躍し、非常に多種多様なアーキタイプが存在する形となっています。

今回は先週行われたプロツアーの大会結果を踏まえつつ、今週は勝ち組になれるであろうアーキタイプを紹介していきます。

プロツアーの結果によりさらに変化が訪れるであろうメタゲーム、当コラムがオススメする今週のデッキは…!

今週末のデッキはこれを使え!!

Harsh Mentor / 過酷な指導者 Rampaging Ferocidon / 暴れ回るフェロキドン
メタゲームを読み切った構成でPTを駆け抜けたカード達
今週のおススメは先週行われたプロツアーのスイスラウンドで9勝1敗という好成績を残した赤単アグロです。というのはティムールエネルギー赤単アグロを意識したデッキが増えてきたメタゲームでそれらを乗り越えるために構築された赤単アグロのリストが見事に勝ち残り優秀な成績をプロツアーという大舞台で残したからです。

この9勝1敗したリストの共通点はメインボードから 《暴れ回るフェロキドン》 《過酷な指導者》 を採用し、 《つむじ風の巨匠》 《霊気圏の収集艇》 をメインから採用している相性の悪いデッキを乗り超えていける構成に変更しているところです。

この2つの赤単アグロのリストではこれらの2種類のカードが入る代わりに抜けたカードも共通していて、そのカードは 《アン一門の壊し屋》 です。
Ahn-Crop Crasher / アン一門の壊し屋
赤単アグロを支えてきた強力なカードをメタゲームに合わせて変更!
赤単アグロはメインデッキの主要なカードである 《アン一門の壊し屋》 が4枚採用されているリストが一般的でしたが、 《アン一門の壊し屋》 が効果的に効くマッチアップがメタゲームの変化により減ってきたことで、メインボードからメタゲームに合わせた 《暴れ回るフェロキドン》 《過酷な指導者》 に変更されています。

プロツアーで好成績を残した赤単アグロは現在のメタゲームおいてトップメタであるエネルギー系デッキに続く2番目のアーキタイプです。そしてこの構成をしたデッキが流行し対策されるまでは赤単アグロが環境を制することが予想されます。今後のスタンダード環境は赤単アグロとエネルギー系のデッキの変化に注意しながらメタゲームを予測していくことが不可欠です。

また今回のプロツアーの結果によりプロツアーで使用されたリストが増えることが予想されます。プロツアーの結果によってメタゲームが動く事は間違い無いので、最新のメタゲームの推移にはしっかりと注目しましょう。

新アーキタイプ!?白単吸血鬼!

圧倒的なクリーチャーの数を展開し、横並びで盤面を押し通す
今までになかったアーキタイプがプロツアーに登場し、スイスラウンドで8勝2敗という好成績を残しています。白単吸血鬼はトップメタの一角を担う赤単アグロに対して圧倒的な展開力と絆魂によるライフゲイン、粘り強くビートダウンできるアドバンテージがとれるカードが多く採用されており、アグロ系デッキ全般に有利が付くアーキタイプです。
Mavren Fein, Dusk Apostle / 薄暮の使徒、マーブレン・フェイン Adanto, the First Fort / 一番砦、アダント
クリーチャーを増やし続ける厄介なカード達
白単吸血鬼はトークン戦略による横並びのビートダウンを得意としており、単体除去が刺さりにくい上に恒久的にクリーチャーを生み出し続ける能力を持ったカード多く入っています。最近のスタンダードでは白黒トークンのようなトークンデッキが流行して、ティムールエネルギーもそれらを意識して 《秘宝探究者、ヴラスカ》 を採用して対応力を上げてきています。

そして、これらのトークンデッキでは 《選定された行進》 《秘密の備蓄品》 を破壊されると致命的になりましたが、白単吸血鬼に採用されているカードは割られたとして場に着地した時点で仕事をしていることが多く致命的にはなりません。
Shefet Dunes / シェフェトの砂丘 Angel of Invention / 発明の天使
横並びで展開するトークンを全体強化でバックアップするフィニッシュカード
白単吸血鬼のフィニッシュ手段は無理なく採用された全体強化のカードであり、横並びで展開するトークン戦略を止める術がないデッキを一瞬で窮地に立たせることが可能です。またデッキの軽さに加えて単色のデッキなので事故率が非常に低く、デッキ全体が似たようなパーツで構成されているので安定感もあるデッキです。

プロツアーの結果により対策すべき相手が見えてきたことは確かです。しかし、それらを対策した新しいデッキや相手の意表を突いた新しいアーキタイプも続々と登場してきています。トップメタの対策も大事ですが、新しく登場したアーキタイプや流行のデッキリストには目を通しておきましょう!

まとめ

今回はプロツアーの結果から赤単アグロがメインボードの構築を変えることで、相性の悪いデッキを超えていくリストを紹介していきました。

赤単アグロはメタゲームの中心で活躍を続けるデッキで、今回はプロツアーで優勝とはいきませんでしたが、対策される立ち位置に毎回いるにも関わらず、構成を変えることで安定した好成績をしっかりと残しておりデッキの強さが非常に高いことを証明しています。

そしてプロツアーでのリストが出たことにより、メタゲームはさらに進んでいきそうです。トップメタである赤単アグロティムールエネルギーへの対策も大事ですが、機体ビートダウンギフトミッドレンジや白単吸血鬼をはじめとする新しいアーキタイプの活躍も見え始めているので新しく登場したアーキタイプや流行のデッキリストには目を通しておきましょう!

以上、今週末のデッキはこれを使え!でした。

今後も毎週木曜日に更新となりますので、よろしくお願いします!それではまた来週の連載をお楽しみに!
連載コラム

ライター
ライターコラム

Page Top