今週末のデッキはこれを使え!

【スタンダ―ド特集】今週末のデッキはこれを使え!

9f0b3a6f 4a3e 4ff5 bd77 8873517a37b6

今週末のデッキはこれを使え!とは?

本記事はプロツアーを目指すトーナメント指向の高いプレイヤーの方や、時間がとれずデッキ選択に迷っている方に流行のデッキ情報や最新のアーキタイプ情報、戦略・サイドプランなどをお届けするのをメインとした情報記事です。

トーナメントに出場しているプレイヤーは一つの目標として『プロツアーへの出場』を目指す方が多いと思います。そしてプロツアーへ参加する方法として最もオーソドックスな手段は2つあり、グランプリで13勝2敗以上による権利獲得とプロツアー地域予選で上位入賞による権利獲得が一般的です。

しかしグランプリの出場は年内でも回数が限られていてフォーマットもバラバラなため自分の得意なフォーマットとは限りません。

プロツアー出場への王道はやはりプロツアーの地域予選(以下RPTQ)へ出場しそこで勝利するものが最も早い道のりと言えます。またほぼ毎週開催されるプロツアー予備予選(以下PPTQ)はプレイヤーの腕を磨きつつプロツアー出場への道も近づくので一石二鳥です。

その為本記事ではプロツアー出場を目指す方に向けて、RPTQへ出場するための予選でありほぼ毎週行われるPPTQに出場する方への週毎のオススメデッキを主に紹介してきます。

PPTQのフォーマットがスタンダードシーズンに突入ということもあり、スタンダードのフォーマットのPPTQの間はスタンダードのリストを紹介していこうと思います。それでは早速今週のオススメデッキリストを見ていきたいと思いますが、その前に現在のメタゲームの解説をしていきたいと思います。

今週のメタゲーム

世界選手権によりメタゲームの下地が生まれ、スタンダードのメタゲームが本格的に動き出してから早3週間が経ちました。しかしスタンダード環境のメタゲームは3週間を経ても動き続けており、今後の動向にも目が離せません。

先週行われたMOCSでは白黒トークン赤黒ビートダウン機体ビートダウンが活躍し、環境のメタゲームは赤単アグロティムールエネルギーの2大巨頭以外のデッキも多く活躍する非常に多様なアーキタイプが存在する形となっています。

来週にはプロツアーも開催されるので研究が進み、最新のメタゲームは常に動き続けると言っても過言ではないでしょう。

それでは今回は先週行われた各地の大会結果を踏まえつつ、今週は勝ち組になれるであろうアーキタイプを紹介していきます。

世界選手権から回りだしたメタゲーム、当コラムがオススメする今週のデッキは…!

今週末のデッキはこれを使え!!

Attune with Aether / 霊気との調和 Glorybringer / 栄光をもたらすもの Bristling Hydra / 逆毛ハイドラ
実績のある安心と信頼のカード達
今週のオススメは先週に引き続きティムールエネルギーです。というのは上記の今週のメタゲームの項で説明した通り、先週に行われた各地の大会の結果は多様なアーキタイプが活躍するメタゲームでした。ティムールエネルギーは豊富なゲームプランがとれるデッキであり相性差が極端に不利な相手が少なく高パフォーマンスなクリーチャーと高い安定性が売りのデッキで今週のメタゲームに非常にマッチしていると言えます。

さらに各地の大会結果では赤単アグロ赤黒ビートダウンといったコントロールデッキに強いビートダウンデッキが活躍しており、アズカンタコントロールのようなティムールエネルギーが苦手とする低速のコントロールデッキの数が減少しているのでティムールエネルギーは非常に追い風が吹いている立場にいると言えます。

ティムールエネルギー赤単アグロのようなビートダウンデッキと五分に戦える上に特定のデッキを意識した尖ったデッキに対して自身の安定力と戦術の豊富さ、環境に存在する強力なカードの数々を駆使して有利に立ち回ることが出来ます。環境のメタゲームはビートダウンデッキが増加している傾向にあり、白黒トークンなどの新しいアーキタイプも登場しています。ティムールエネルギーはそれらの多くに対して遅れをとらない構成をしており、動きが激しいメタゲームの中でも安定した成績を残している強力なアーキタイプです。
Confiscation Coup / 慮外な押収 Vizier of Many Faces / 多面相の侍臣 Nissa, Vital Force / 生命の力、ニッサ
ミラーマッチを制する一枚で強力な効果を発揮するカード達
ティムールエネルギーは現在活躍するデッキの中で非常に人気のアーキタイプでありミラーマッチ対策は必須となってきます。上記で紹介したリストにもミラーマッチを意識した 《慮外な押収》 がメインから採用されており、同型対策はなくてはならないものになっています。ミラーマッチでは基本的に4~5T目に展開する大きなアクションが勝負の決め手になりやすく、特に1対多数の交換ができるカードの枚数の差も重要になってきます。

ミラーマッチでは先手後手のサイドボーディングが非常に重要となってくるので先手の時は 《牙長獣の仔》 で攻めれる構成にしたり、後手の時は先手の 《反逆の先導者、チャンドラ》 などの強力なパーマネントを捌けるようなサイドボーディングをしっかりと決めて大会に臨みましょう。

今週末は直近の大会でコントロールデッキに強いアーキタイプが多く活躍したので、今週はビートダウンが多くコントロールが少なくなるメタゲームが予測されます。ティムールエネルギーにとって苦手なコントロールデッキの活躍が薄い今こそ使用する絶好の好機と言えるでしょう。

要注意!?黒単タッチ赤のビートダウン!!

何度も戦場に戻り粘り強いビートダウンが可能
赤黒ビートダウンはデッキ自体は前環境からあったものの先週行われたMOCSで活躍したことから一気に認知度が上がり流行し始めたアーキタイプです。デッキの特長は除去耐性を持つ軽量なクリーチャーによる粘り強いビートダウンで序盤から対戦相手のライフを削りつつ優秀な除去呪文を駆使することで盤面にも触ることができる点です。

赤黒ビートダウン一筋縄ではいかない 《屑鉄場のたかり屋》 《戦慄の放浪者》 などのクリーチャー群はアズカンタコントロールのような1:1を繰り返し行って盤面をコントロールするデッキが捌ききることが難しいため、除去呪文が豊富なコントロールデッキ全般に有利が付きます。
赤単アグロを意識した構成
前環境では赤黒ビートダウンは環境の最速のデッキである赤単アグロにどうしても手数で後手に回ってしまうため不利なマッチアップでした。しかし 《熱烈の神ハゾレト》 を採用し、デッキ全体のカードを軽くしたことと赤単アグロ戦における 《熱烈の神ハゾレト》 に対する解答として 《ヴラスカの侮辱》 を手に入れたことやライフゲインをする 《才気ある霊基体》 を採用することにより多少改善されています。
Bontu's Last Reckoning / バントゥ最後の算段
横並びしたクリーチャーデッキを一掃する
赤黒ビートダウンはクリーチャーを軸としたビートダウンデッキなのでティムールエネルギーのようなクリーチャーによる肉の壁で盤面を止めてくるデッキにはライフを削ることが出来ずにじわじわと敗北することが多くあります。よってサイドボード後にはティムールエネルギーのようなクリーチャーで受け止めてくる相手の盤面を一掃できるように 《バントゥ最後の算段》 を採用しています。
Hazoret the Fervent / 熱烈の神ハゾレト Yahenni, Undying Partisan / 不死の援護者、ヤヘンニ Scrapheap Scrounger / 屑鉄場のたかり屋
全体除去の後も自軍だけ戦場での攻撃を続ける
これによりお互いのクリーチャーが死亡しても赤黒ビートダウン 《屑鉄場のたかり屋》 《戦慄の放浪者》 ですぐにリカバリーできる上、 《熱烈の神ハゾレト》 《不死の援護者、ヤヘンニ》 は破壊不能の能力を持っているため攻撃を持続することが可能となっています。

環境のメタゲームが進んできたことでトップメタを意識した新しいアーキタイプや一工夫することで苦手なデッキとの相性差を克服しようとするデッキが続々と出てきています。新しく環境に影響を与えるデッキが登場してもおかしくない状況なので最新のデッキリストにはしっかりと目を通しておきましょう!

まとめ

トップメタを走り続け、まだまだ活躍しているティムールエネルギーを紹介していきました。

ビートダウンデッキが活躍しティムールエネルギーが苦手なデッキであるコントロールデッキが少なくなっている今が最も使用するチャンスだと言えるでしょう。それと同時にミラーマッチをやる機会が増えることも予想されるのでしっかりとミラーマッチの対策をしておきましょう。

他のデッキ達も続々と登場していますが、ティムールエネルギーの柔軟性の高さは折り紙付きなのでティムールエネルギーに圧倒的に勝てるデッキが出現するまではティムールエネルギーがスタンダード環境を制することでしょう。

以上、今週末のデッキはこれを使え!でした。

今週は公開が遅くなりましていつもご覧いただいている皆さまに大変ご迷惑をおかけいたしました。来週は毎木曜日に更新となりますので、よろしくお願いします!それではまた来週の連載をお楽しみに!
連載コラム

ライター
ライターコラム

Page Top