今週末のデッキはこれを使え!

【PPTQモダン】今週末のデッキはこれを使え!

579bd49b f75d 43eb 9001 39926595477e

今週末のデッキはこれを使え!とは?

この記事はプロツアーを目指すトーナメント指向の高いプレイヤーの方や時間があまりとれずデッキ選択に迷っている方に流行のデッキ情報や最新のアーキタイプ情報、戦略・サイドプランなどをお届けするのをメインとした情報記事になります。

トーナメントに出場しているプレイヤーは一つの目標とし『プロツアーへの出場』を目指す方が多いと思います。そしてプロツアーへ参加する方法として最もオーソドックスな手段は2つあり、グランプリで13勝2敗以上による権利獲得とプロツアー地域予選で上位入賞による権利獲得が一般的です。

しかしグランプリの出場は年内でも回数が限られていてフォーマットもバラバラなため自分の得意なフォーマットとは限りません。

プロツアー出場への王道はやはりプロツアーの地域予選(以下RPTQ)へ出場しそこで勝利するものが最も早い道のりと言えるでしょう。またほぼ毎週開催されるプロツアー予備予選(以下PPTQ)はプレイヤーの腕を磨きつつプロツアー出場への道も近づくので一石二鳥です。

この記事ではRPTQへ出場するための予選であり、ほぼ毎週行われるPPTQのオススメデッキを主に紹介していくものとなります。

PPTQのフォーマットがモダンシーズンに突入ということもあり、フォーマットがモダンのPPTQの間はモダンのリストを紹介していこうと思います。それでは早速デッキリストを見ていきたいと思いますが、その前に現在のメタゲームの解説を少ししていきたいと思います。

今週のメタゲーム

モダン環境のメタゲームは長い年月をかけて強いデッキ同士が切磋琢磨し、新しいアーキタイプなどの新勢力が急に勝ちだすということは滅多にないため、メタゲームの動きは非常に緩やかなものとなります。

そしてあらゆるカードが使用できる広大なカードプールは多種多様なデッキが存在し、トップメタのデッキであっても10%以上の使用率を超えることはモダン環境で滅多に存在しません。

しかしその中でも大規模な大会などで上位に成績を安定しているアーキタイプは存在し、そのアーキタイプのほとんどが自分のやりたいことを相手に押し付けるタイプのデッキです。 死の影ビートダウン親和バーンといったビートダウンに全てを賭けるアーキタイプやストーム風景の変容などコンボに賭けるアーキタイプのような対戦相手の行動を受けることをしないアーキタイプが最近のモダンでは勝ち組のデッキになっています。

というのは膨大なカードプールや多種多様なデッキによって除去呪文や打消し呪文が効果的であったり全く効かなかったりと相手の行動を受ける側があまりにも多種多様な環境のせいで受けきることがほぼ不可能なためです。 直近のモダンのグランプリ・バーミンガムではオールイン系のデッキであるバーンが優勝と、対戦相手に自分のやりたいことを押し付けるデッキが頂点に立っています。

多種多様なアーキタイプが存在するモダン環境ではメタゲームは読みづらく一見バラバラで方向性がないように感じますが、上位入賞しているデッキや使用率の高いデッキを見ていくと相手に自分の行動を押し付けるデッキこそが現在のメタゲームの上位にきていると言えるでしょう。

そんな押しつけが強い環境で当コラムがオススメする今週のデッキは…!

今週末のモダンの大会ではこれを使え!!

Eldrazi Temple / エルドラージの寺院 Thought-Knot Seer / 難題の予見者
あらゆるフォーマットで活躍する強力カード
エルドラ―ジトロンとはマナ基盤を 《エルドラージの寺院》 とウルザランドサイクル( 《ウルザの塔》 他)を用いることで爆発的なマナを生み出し中盤以降からパワフルな動きを連打し、そのまま対戦相手を圧倒するデッキです。

このデッキをお勧めする理由は単純にデッキパワーが非常に高いこととプレイングが容易であるという点、それと 《虚空の杯》 のような自分はほとんど影響を受けずに対戦相手に劇的に刺さるカードがメインから採用されている点です。そしてモダン環境において重要な自分の行動を相手に押し付けて対処を迫るデッキだからです。
Ulamog, the Ceaseless Hunger / 絶え間ない飢餓、ウラモグ
《崇拝》 など強力なカードを設置されても突破可能!
単体のカードが非常に強力な上に場に出た時に仕事をするカードで構成されており純粋なクリーチャー戦では負けることがほぼなく、長期戦になれば 《絶え間ない飢餓、ウラモグ》 という明確なゴールが存在するため、除去ばかりのコントロールデッキなども簡単に超えていけます。

モダン環境ではありとあらゆるデッキが存在し、メタゲームを読み切ることが非常に困難です。しかしエルドラ―ジトロンはほとんどのあらゆるデッキに対して万遍なく戦えることが可能な上、不利なデッキと遭遇してもこちら自分のブン回りと 《虚空の杯》 のようなハメを使うことで乗り越えて行くことが可能なので非常にお勧めです。

直線的なデッキな上に対戦相手に劇的に効くカード( 《大祖始の遺産》 《虚空の杯》 )が分かりやすくサイドボーディングとプレイングは簡単なのもこのデッキを使用する魅力の一つです。

特に 《虚空の杯》 グランプリ・バーミンガムで優勝したバーンにも効果てきめんで、現在のメタゲームの流れに沿った非常に強力なサイドボードです。

要注意!?一風変わったエルドラージビートダウン

白黒が使える強力なカード達
今年あったGP神戸で優勝を飾った白黒エルドラージビートダウンです。 《流刑への道》 《致命的な一押し》 を始めとする強力で低コストな除去呪文と、追放するカードと相性のいい 《不毛の地の絞殺者》 を採用したデッキで死の影ビートダウンをはじめとするビートダウンデッキ全般に有利をとることができます。
Fatal Push / 致命的な一押し Path to Exile / 流刑への道
環境最優とも呼べる2種類の除去をどちらも搭載
トップメタデッキである死の影ビートダウンに対して非常に有利に立ち回ることができるので、参加する大会で死の影ビートダウンが多いと読むならばこのデッキを使いましょう。また白のカラーはモダンにおいてサイドボードの 《石のような静寂》 《安らかなる眠り》 のような強力な対策カードを多く持っているカラーなのでサイド後は多くのデッキに有利にゲームを進めることが出来ます。よってサイドボーディングのインアウトの予習は事前にしっかりと確認しておきましょう!

まとめ

今回はモダンで安定した成績を狙えるおススメのデッキを紹介していきました。

モダン環境はメタゲームが変化しやすい環境ではないこととあらゆるデッキが存在するフォーマットなので単純にデッキパワーが高く、数あるコンボデッキや多くのクリーチャーデッキに万遍なく戦えるデッキが当然勝ち上がってきます。

紹介した今回のデッキ達はどちらも能動的に動けるクリーチャーデッキなので対戦相手の事故に漬け込むことや自分のブン回りで圧倒することも可能なことも良いポイントです。

以上、今週末のデッキはこれを使えでした。

今後も毎週木曜日に更新となりますので、よろしくお願いします!それではまた来週の連載をお楽しみに!
連載コラム

ライター
ライターコラム

Page Top