企画記事

行弘賢のRPTQ参加レポート!

Bc7ff6e5 e633 427a 870e 11b174a370dd
皆さんこんにちは!Dig.cards所属プロの行弘です!

今回は、プロツアー・マドリードへの参加権利を得るために、プロツアー地域予選(RPTQ)東京に参加してきました!

フォーマットはスタンダードなので、今回はデッキの調整記と、本戦のレポートをお送りさせていただきます。

僕がジェスカイを選んだ訳

新エキスパンションであるゲートウォッチの誓いの発売後からスタードダッシュでスタンダードをやりたかったのですが、発売翌週開催のGP名古屋がリミテッドだった事もあり、GP名古屋終了後まではリミテッドばかりを練習していました。

GP名古屋も終了し、ようやく僕がスタンダードに着手した頃には、世の中は2つのデッキで溢れかえっていました。そう、「4Cラリー」と、「エルドラージランプ」です。
Reflector Mage / 反射魔道士 World Breaker / 世界を壊すもの
新戦力がどちらも強力!
4Cラリー 《反射魔道士》 の加入により、エルドラージランプ 《世界を壊すもの》 の加入によりどちらも大きくデッキパワーが上がったアーキタイプなので、流行するのも納得です。

4Cラリーエルドラージランプも強力なのは分かるのですが、まずは皆が試して無さそうなアーキタイプを試そうと、様々なデッキを組んでMOのリーグや、晴れる屋の大会に参加してみました。

青赤スフィンクスの後見

Sphinx's Tutelage / スフィンクスの後見 Chandra, Flamecaller / 炎呼び、チャンドラ
山札を一気に消し飛ばすコンボだが…?
《スフィンクスの後見》 《炎呼び、チャンドラ》 忠誠値0能力のコンボで一気に山札を削る事ができるようになったので、強化されたアーキタイプだと感じ、早速作って晴れる屋の大会に参加してみるも、惨敗…。

4Cラリーには墓地を増やす事で相手の 《先祖の結集》 によるコンボが決まりやすくなり、エルドラージランプ 《世界を壊すもの》 が墓地に落ちるせいで回収されてプレイされるという、2大トップメタに対する相性の悪さを発見する結果となり、青赤スフィンクスの後見はすぐにお蔵入りに。

カザンドゥコントロール

Retreat to Kazandu / カザンドゥへの撤退 Mina and Denn, Wildborn / 野生生まれのミーナとデーン
ライフゲインもクリーチャー強化もやりたい放題
次に着手したのは、 《野生生まれのミーナとデーン》 デッキです。

《森の代言者》 が使われて強かったので、いち早く土地を伸ばしつつ、ビートダウンできる相方を探していたら、 《野生生まれのミーナとデーン》 を思いつき、実際に赤緑で組んでみたらなかなか好感触。折角 《森の代言者》 入っているのだし、ミシュラ土地も使いたいという事で黒を足して 《風切る泥沼》 と、黒除去や最強のドローソースである 《苦い真理》 も採用しました。

《カザンドゥへの撤退》 《苦い真理》 で削れるライフの補てん、警戒やトランプル持ちのクリーチャーを採用しているので、クリーチャー強化のモードも強力なので、採用する事に。 《野生生まれのミーナとデーン》 で土地を何度も置きなおせるので、動き出したら凄い事になります!

早速MOのリーグに参戦すると2-3や3-2の繰り返しでいまいちパッとしません。リーグを終えるたびに微調整するのですが、果たしてこのデッキに時間を使っていいのだろうか…?と疑問を感じる程に、抜けた強さをデッキから感じませんでした。

とはいえ、そんなに悪い訳でも無いので、最終形である上記のリストで晴れる屋の80人オーバーのゲームデイに参加してみたのですが…1-2でドロップというなんとも締まりが悪い結果に。デッキパワーがやはり足りていないという結論を付けて、次のデッキの調整に移る事にしました。

青白t赤ジェスカイ

Gideon, Ally of Zendikar / ゼンディカーの同盟者、ギデオン Whirler Rogue / つむじ風のならず者
除去耐性があるクリーチャーでビートダウンする
次に注目したのは、飛行によるビートダウンデッキです。 《カマキリの乗り手》 《雷破の執政》 等の強力な飛行クリーチャーは地上クリーチャーが多い4Cラリーに対して相性が良く、特にジェスカイは青が使えるので 《軽蔑的な一撃》 等のカウンターも採用できるので4Cラリーに対して非常に相性が良いアーキタイプです。

実際にこの 《雷破の執政》 を採用したジェスカイドラゴンで惨敗した翌日の晴れる屋のゲームデイに参加したところ、5-0-2でスイスラウンドを突破、決勝ラウンドは1没してしまいましたが、手ごたえを感じました。その上で、デッキの改善点もいくつか見つかりました。

まずはマナベースが厳しいという事です。これは、使用するフェッチランドが 《溢れかえる岸辺》 《汚染された三角州》 《吹きさらしの荒野》 と、赤絡みの土地じゃないので 《雷破の執政》 の赤赤を捻出するためにどうしてもバトルランドを複数持ってくる必要がでてきやすく、タップイン率が多くなるため、動きが悪くなってしまいがちです。

次に、ジェスカイドラゴンは環境的に向かい風になりつつあると感じました。
Crackling Doom / はじける破滅 Goblin Dark-Dwellers / ゴブリンの闇住まい
この手のデッキにクリーチャーが生き残るのは難しい
というのも環境には、除去をありったけ採用したマルドゥグリーンのような、除去コントロールが増えてきており、あくまでクリーチャー単体でしか勝ちに行けないジェスカイはこの手のデッキとの相性が悪い事が分かりました。

この2点の問題を解決するために、赤赤を要求しマナベースに負担がかかる 《雷破の執政》 を除去コントロールに強く捻出が簡単な白白要求の 《ゼンディカーの同盟者、ギデオン》 に置き換える構築にすれば解決するのではないか?と考え、青白ベースのジェスカイを作ってMOのリーグに参加してみると、事故率が大幅に減少しました。

除去コントロールにもプレインズウォーカーである 《ゼンディカーの同盟者、ギデオン》 は非常に強力で、相性差も大分改善され、少なくとも五分はありそうだと感じたため、本戦にはこの青白t赤ジェスカイを持っていく事にしました。

RPTQ本戦

本戦は7回戦で5-1-1以上が基本的にTOP8に進出します。その後、シングルエリミネーションを1回だけ行い、その勝者がプロツアーの権利獲得となります。

とりあえずの目標はTOP8のカットラインである5-1-1!いざ舞い戻らんプロツアーの戦場へ!

○○ 赤黒エルドラージ 
○○ 赤緑ゴブリン
×× マルドゥグリーン
×× バントカンパニー
×× アブザンアグロ 
×× アブザンアグロ


どうしてこうなった…。


相性が良い4Cラリーエルドラージランプに一回も当たらなかったのはしょうがないとして、3回戦目を皮切りに初手に 《燻る湿地》 《燃えがらの林間地》 が押し寄せてきて、更には 《ヴリンの神童、ジェイス》 で土地を捨てても土地を引き続ける等、ひたすらに土地に嫌われてしまいました…。

4~6回戦目は先に相手に 《風番いのロック》 を出され続ける苦しい展開が多く、特にアブザンアグロは序盤のプレッシャーも強いので、除去の少ないジェスカイでは微妙に相性が悪いと感じました。これはMOでアブザンアグロとあまりゲームする事ができなかったので、明確な見落としでした。

もし今後青白t赤ジェスカイを使うならば、サイドに3枚目の 《焙り焼き》 を入れて、 《オジュタイの命令》 を抜くといいと思います。

マナベースに気を使っても事故る時は事故る。相性が悪いデッキを踏み続ける。

これもまたMTGではよくある事です。

これにへこたれず、まだまだプロツアーへの復帰を目指していきますので、今後とも応援よろしくお願いいたします!

では、最後まで読んでいただきましてありがとうございました!また次の記事でお会いしましょう!それでは!

 
連載コラム

ライター
ライターコラム

Page Top