企画記事

行弘賢が勝手に予想!-プロツアー・アトランタ-

1372b874 5321 4605 b71a 48b1ca113920
皆さんこんにちは!Dig.cards所属プロの行弘賢です!

今週末はプロツアー・アトランタですね!僕も今から楽しみで仕方な…はっ!

そういえば、今回はプロツアーの参加権利が無いんでした…。


このまま何もしないのも悔しいので、プロツアーに参加するつもりで、今回のプロツアー・アトランタのあれこれについて勝手に予想しちゃいます!

という訳で、今回は行弘賢が勝手に予想!-プロツアー・アトランタ-編をお届けいたします!

まずは環境予想からいってみましょー!

プロツアー・仮想メタゲーム

欠片の双子・花盛りの夏禁止の影響

モダン黎明期から現在に至るまで、長らくモダンというフォーマットで常に一定の活躍をしてきた欠片の双子デッキが禁止になった影響は大きいです。具体的な影響として、相手を妨害しながらゲームをするいわゆるフェアデッキが環境から減ります。

というのも、クリーチャーコンボかつカウンターを使うデッキの欠片の双子は、除去が薄いコンボデッキやクリーチャーデッキを淘汰してきました。 《欠片の双子》 が禁止される事で、欠片の双子に相性が悪かったこれらのアーキタイプが息を吹き返し、相手を妨害しない、純粋な自分のデッキとの噛み合いを目指すデッキが環境に増えます。

逆にジャンドアブザン等の緑黒系の除去を多めに採用したデッキは相性の良かった欠片の双子が仮想敵からいなくなってしまったので、使用価値が減ってしまい、使用者の数が減ります。

《花盛りの夏》 が禁止された事で、アミュレットブルームは実質環境から消える事になります。

妨害カードはほとんど採用しない代わりに、環境最速かつ、安定感抜群のコンボデッキだったアミュレットブルームが環境から消える事で、妨害手段が薄いコンボデッキやクリーチャーデッキが速度勝負できる環境になります。妨害するのが難しい土地コンボが減った事で、コントロールデッキも以前より活躍しそうです。


共通して言える事は、相手を妨害するフェアデッキが環境から減り、速度勝負するコンボデッキやビートダウンデッキが環境に増えそうだという事です。

つまり、速度勝負するデッキに強いデッキを使えばプロツアーは貰ったようなもの!?

とはいかないのが、今回のプロツアーの面白い所です。それは、新たなアーキタイプであるエルドラージビートダウンの存在があるからです。

台風の目!?エルドラージビートダウン

エルドラージビートダウンモダンには珍しい、新環境のゲートウォッチの誓いのカードをふんだんに採用したデッキです。それゆえに実力は未知数。あらゆる世界のプロプレイヤーが研究を重ねてくるであろう事から、リストも変幻自在、予想するのも難しいです。

という訳で、今回の仮想メタゲームではあえてエルドラージビートダウンをメタから外す事にします。

ビート型からランプ型まで幅が広いエルドラージビートダウンは対策しようとしても難しいため、それならばいっその事既存のアーキタイプだけを絞って対策した方が効率的だと僕は考えます。

新カードを採用したデッキを環境に合わせてチューンする時間として発売から2週間では非常に短く、完成度の高いデッキをプロツアーまでに用意するのは難しいため、実際に本番で使用する人数も少なそうなので、環境に与える影響は微々たるものだと思います。

ここら辺の割り切りが並のプレイヤーとの違いですね。(注:プロツアーの権利はありません)

という訳で、今回は速度勝負するコンボデッキやビートダウンが多い環境である、というのが僕の仮想メタゲームの結論です。


エルドラージビートダウン人によっては扱いが大きく変わるアーキタイプだと思いますので、本戦で実際にどれくらい活躍するか、要注目です!

では、実際にどのようなデッキが仮想敵となるか、他の注目アーキタイプを紹介していきましょう!

プロツアー・注目アーキタイプ

バーン

バーンはフェッチランド・ショックランドが多用されるモダンにおいて、17点~15点削れば勝ちの相手が多いため3~4キルが可能な、生半可なコンボデッキよりも早い速度で相手を打ち負かす事ができる、環境最速のビートダウンデッキです。

ライフをただ削る、という単純明快なコンセプトなためそれゆえに対策するのが難しく、ライフを回復するカードで対策しようとしても、 《アタルカの命令》 《頭蓋割り》 がそれすらも許してくれません。

新環境で、環境が固まっていない時は安定の選択肢として、最近のプロツアーでは好まれる傾向にある
バーンは、今回も最多勢力の可能性が高いです。

感染

感染アミュレットブルームが環境からいなくなった今、2キルが可能な環境最速のコンボデッキの一つです。

環境から除去の枚数が減った事で妨害されにくくなった感染は、対コンボとしての立ち位置で活躍しそうです。

逆にコンボデッキは感染に負けないようになんらかの対策をしなくてはプロツアーで勝つのは難しいかもしれません。

親和

速度勝負の環境ならば親和も十二分な選択肢です。

メインボードの 《稲妻》 《電解》 等の軽い除去に加え、サイド後の 《古えの遺恨》 等、親和が苦手とする妨害手段を用いる欠片の双子が環境からいなくなったのも追い風と言えます。

懸念点としては、 《コジレックの帰還》 を採用されると 《刻まれた勇者》 が周りのクリーチャー毎除去されてしまうため、粘り強い攻めができなくなってしまう事です。

親和感染のような線の細いクリーチャーデッキに対して、インスタントタイミングの軽い全体除去として非常に効果的な 《コジレックの帰還》 のサイドの枚数によって、親和が活躍できるかどうか決まりそうです。

グリセルシュート

グリセルシュートは2ターン目の 《グリセルブランド》 召喚が可能なデッキで、そのままそのターンにコンボを決めて勝つ事ができるので、速度勝負に強いコンボデッキです。

妨害手段の乏しい
グリセルシュートが苦手とする欠片の双子が環境からいなくなり、対コンボに対しても速度勝負できるのでメタゲームとしての立ち位置も良くなりました。

一方ナチュラルに墓地対策をしてくる
エルドラージビートダウンがいると 《御霊の復讐》 で勝てなくなってしまうため、グリセルシュートが活躍できるかどうかはエルドラージビートダウン次第と言えそうです。


以上4つのデッキが、今回使用者が増えそうな仮想敵のアーキタイプです。

これらのデッキの共通点として、クリーチャーに依存したアーキタイプである事があげられます。

つまり、クリーチャー対策をしつつ、こちらもコンボを内蔵したアーキタイプを用いれば、クリーチャーデッキにも、コンボデッキにも勝てるという事になります。

環境のソリューションのアーキタイプは判明しましたが、果たしてそんな器用なデッキが…あるんです!

僕がプロツアー・アトランタに出るならこれを使います


そう、欠片の双子です!いや、 《欠片の双子》 は使って無いので、キキジェスカイとでもいいましょうか!

《欠片の双子》 が無くなって、4ターンキルというぶんまわりが無くなり、 《鏡割りのキキジキ》 《稲妻》 に弱い等、弱体化したアーキタイプではありますが、相対的に相性が良いアーキタイプが増えるのであれば、話は別です。

コンボデッキにはカウンターとコンボで押し勝つ事ができ、白を足す事で優秀な除去である 《流刑への道》 《稲妻のらせん》 を採用できるので、クリーチャーの対処に困る事もありません。 サイドボードに 《神聖の力線》 《石のような静寂》 《安らかなる眠り》 のような張るだけで勝ちうる強烈なエンチャントを採用できるのも白を採用する大きなメリットですね。

環境から消えたと思われたデッキをあえて使う事で対策されていないアドバンテージは思ったより大きいはずなので、相手の意表を突く事もできそうです。

という訳で僕の一押しはキキジキツインです!果たして使用者はいるのか!?本戦が楽しみです!


最後に、僕が勝ちそうなプレイヤーを予想して締めくくりたいと思います。

プロツアー・アトランタ勝利者予想!

ジョシュ・アター=レイトン

今ではチャネル・ファイヤーボール最強ともいわれる実力者。モダンのプロツアーでTOP8経験もあり、多彩なデッキでバランスよく結果を残しています。

プロツアーではビートダウンで勝っているイメージがあるので、エルドラージビートダウンやコンボ対策がしっかりした完成度の高いZOOを持ってくると予想します!クリーチャーデッキが強い環境だと思うので、ジョシュ・アター=レイトンはなんだか勝ちそうな気がします!

中村修平

本人はやれ引退だの、GPやプロツアーで次回のプロツアーの旅券取れなかったらプロツアーに参加しないだの言っていますが、なんだかんだ土俵際でちゃんと勝つ、日本に数少ない殿堂プレイヤー。

やめるやめるいうてる時程勝つのは何年も一緒に海外回った僕はよーく知っています!引退なんかできませんからね!

覚前 輝也

敗北から強くなる、ストイックの塊みたいなプレイヤーです。

直前のGP名古屋で珍しく得意のリミテッドで負けてしまったので、持ち味のストイックさを活かしてプロツアーでは爆発するんじゃないでしょうか。

バーンでGP優勝した事もある、日本屈指のバーン使いなので、強力なバーンをくみ上げてプロツアーに持って行くと予想します!


以上の3人がトップ8進出すると予想します!当たったら結構凄い!

他にもいつも一緒にプロツアーの練習をする渡辺雄也山本 賢太郎​には頑張ってほしいですね!個人的に応援しています!


以上、行弘賢が勝手に予想!-プロツアー・アトランタ-でした!

プロツアーの生放送は02/05金曜日23時からとなっていますので、是非予想が当たっているかどうか、確認してみてくださいね!
連載コラム

ライター
ライターコラム

Page Top