企画記事

行弘流プレリリーストーナメントの楽しみ方&マジック・オリジンのプレリレポ!

E39984ad 3187 4411 a1a2 87079946b7af
皆さんこんにちは!Dig.cards所属プロの、行弘賢です。

今回は、マジック・オリジンのプレリリーストーナメントに参加してきました!

僕は最初に出たローウィンのプレリリーストーナメント以降、全てのプレリリーストーナメントに参加しています。
何故かと言えば、単純明快、『楽しいから』の一言に尽きます。

新しいカードを使って、友人や知り合いと遊ぶ…。
僕的には、マジックしていて、一番心躍る瞬間です!

こんなに楽しいプレリリーストーナメントですが、マジック始めたての方や、リミテッドに興味が無い方は参加したことが無いと思います。

それはひじょーに勿体ない!

なので、今回は『行弘流プレリリーストーナメントの楽しみ方』を皆さんにお伝えさせていただきます!

最後には、マジック・オリジンのリミテッド環境にも触れていくので、そちらに興味がある人も、最後まで見ていただけたら幸いです。

ではまずは、プレリリーストーナメントの大会の概要からみていきましょう!

プレリリーストーナメントって?

プレリリーストーナメントとは、新エキスパンションが発売される1週間前に開催される、新エキスパンションを使用した、リミテッドの大会のことです。
基本的にはシールドのフォーマットで行われ、6パック+aのカードプールから40枚(スペル22~24枚、土地16~17枚)のデッキを構築し、対戦していきます。

・開催する店舗はどこ?

ウィザーズ・プレイ・ネットワークのレベルがコア以上の店舗じゃないと、プレリリーストーナメント開催できません。普段フライデー・ナイト・マジックを開催している店舗がコア以上の店舗であるという目安になりますので、発売1週間前の週末に、いきつけの店舗で詳細を聞くか、Dig.cardsの大会検索で、最寄りでプレリリーストーナメントがあるかチェックしてみましょう!

・必要なものは何?

参加費(賞品形態の都合等で店舗によって異なります。目安は2000円~3500円)
筆記用具と紙(ライフカウンター)
サイコロ(カウンター的なものであればOK!)

最低限これさえあれば、大丈夫です。
ほぼ手ぶらで、準備せずに気軽に参加できるのも、プレリリーストーナメントの魅力です!

以上が、プレリリーストーナメントの、概要です。

プレリリーストーナメントは、発売前に新エキスパンションを使って遊ぶ、カジュアルな大会です。
それゆえに、普通のイベントではなかなか出会えない、新鮮さや驚き、楽しさに満ちた大会なのです。

では次は、そんなプレリリーストーナメントの、具体的な楽しみ方をみていきましょう!

プレリリーストーナメントの楽しみ方その1.友人を誘う

友人と、和気あいあいに新しいカードについて会話しながらデッキ構築するのは、非常に楽しいものです。

なので、まずはプレリリーストーナメントに友人を誘ってみましょう!

現役でMTGをやってる友人は勿論のこと、昔やってたけど…なんて友人にも、新環境だから皆同じ条件だよ!と、気軽に声をかけて、参加を促してみましょう!

友人を誘ったら、今度は相談して、行く店舗を決めましょう!
店舗によっては、1日に複数回開催する店舗もあるので、集合する時間帯も決めておくといいですね。

土曜日00:00時開催の、最速で開催される、ミッドナイトプレリリーストーナメントなんかは、集合時間を指定されていることが多いので、早くいきすぎたりしないよう、注意しましょう!

店舗によってプレリリーストーナメントの参加費、賞品分配が違うので、話し合って自分たちにあった店舗を選ぶのも、プレリリーストーナメントの醍醐味の一つです!

もし、スケジュールの都合なんかで友人を誘えなくても、気落ちすることはありません。

プレリリーストーナメントに参加しにきた、新環境を待ちきれない、参加者の人たちがあなたを待っています。初対面の人でも、新しいカードについて、語り合うことは問題ありません!

むしろプレリリーストーナメントは、友人の輪を広げるチャンスでもあります! 

プレリリーストーナメントの楽しみ方その2.カードについて意見交換しよう!

プレリリーストーナメントに参加する人は、皆等しく、そのリミテッド環境に詳しくありません。
何故ならまだ発売されてないエキスパンションで遊ぶ訳ですから、条件は皆同じなのです。

つまり、自分が思っているカードの評価が合っているかどうかなんて確かめようがありません。

じゃぁ初心者の僕が参加したところで、デッキ組めないじゃん!
と、思った方、大丈夫です、心配いりません。

というのも、リミテッドの大会で構築中に人に意見を聞くのは、基本的にはNGですが、プレリリーストーナメントだと問題無いのです!

自分的にはこのカードは強いと思うんだけど…と、評価するのが難しいカードは、一緒に同卓したプレイヤーに、このカード強いですか?と、聞いてみましょう!

友人や知り合いと和気あいあいに楽しくデッキ構築!

「構築だと強いけど、リミテッドだと…。」とか、「流石に強いよ!」なんて、会話も、プレリリースの醍醐味です。

とはいえ、「それ強いから絶対に入れた方がいい!」だとか、「ちょっと貸して!僕が組んであげるから!」と本人以外が構築に関して口出しするのはNGです。あくまで構築は自分の判断で行わなくてはいけません。最初の構築時間中は、意見を貰いながらデッキを自分で作ってみましょう!

更に、プレリリーストーナメントはデッキ登録が無いので、ラウンドの合間にデッキを組み替えてもOK!(プール以外のカードは入れてはいけません。)使ってみて弱かったカードを別のカードに差し換えたり、違う色を使ってみたり、大会を通して様々なカードで遊ぶことができます!

その中で使ってみて気に入ったカードがあれば、その後のドラフトで積極的にピックする指針になりますし、構築へのアイディアに流用することもできるでしょう。

プレリリーストーナメントで新エキスパンションに一足早く触れることで、参加していない人に比べ、様々なアドバンテージを得ることができるのです!

プレリリーストーナメントの楽しみ方その3.賞品のパックでおかわり!

プレリリーストーナメントで、上手く勝ち星を重ねることができたら、賞品のパックを貰うことができます。
勝ち星や、お店の商品分配にもよりますが、3パック以上手に入れることができたなら、是非ドラフトをやってみましょう!

自分以外の友達や知り合いで賞品を貰った人がいるはずなので、誘ってみましょう。
新環境のドラフトは、個人的に一番面白いフォーマットだと思っています。

まだ誰も気が付いてないカードの組み合わせがすごく強かったり、皆が気が付いてないカードが意外と強かったりと、自分だけの新鮮な発見を見つけることができます。

「そのコンボ強すぎ!」とか、「えー、そのカードそんなに強かったんや!」なんて会話は環境初期でしかできません。

この一番楽しい時期を逃さないためにも、プレリリーストーナメントの後は是非ドラフトで遊んでみましょう!人数が揃わない時はシールドで遊ぶのも良いですね!

以上、『行弘流プレリリーストーナメントの楽しみ方』でした!

では、最後に今回のマジック・オリジンのプレリリーストーナメントに実際に参加してきたレポートをお送りしたいと思います。

プレリリーストーナメントの楽しみ方番外編.レポートを掲載する

単純に近所なのと、予約無しで参加できたので、今回は、晴れる屋さんのプレリリーストーナメント、日曜日の午後の部に参加しました。
賞品は4ラウンドで勝つたびに1パック。全勝者には追加で3パックと、最初で負けても、最後まで賞品をGETできるチャンスがあります! マジック・オリジンのプレリリーストーナメントは色を選んで、その色のプレリリースオリジナルパックを含む7パックでデッキを作ります。

個人的一押しの、 《ヴリンの神童、ジェイス》 が当たる可能性のある、青箱を選んで、いざデッキ構築開始!

まずはプレリリースパックのチェックから…。
Soulblade Djinn / 魂刃のジン
リミテッドでは強いが…。
《魂刃のジン》

シールド的には強力な飛行で嬉しいですが、お持ち帰り的には、んー残念!
他のパックから出た目ぼしいレアは 《衰滅》 のみと、ギリギリお持ち帰りゲットですが、できれば賞品で追加のパックが欲しい所です。

青のプレリリースオリジナルパックがあった事もあり、青はメインカラーにできる程枚数があるので、それに白の強力なアンコモンの 《永遠警備の歩哨》 《勇者の守護神》 《雷鳴のワイヴァーン》 を加えて、青白のデッキを作りました。
Sentinel of the Eternal Watch / 永遠警備の歩哨 Whirler Rogue / つむじ風のならず者
タッパー+フィニッシャー!  コスパが良すぎる飛行とシステム!
レアこそ 《白蘭の騎士》 《魂刃のジン》 の2枚しか無いですが、デッキのほとんどが飛行で、レアクラスの強力なアンコモンである 《永遠警備の歩哨》 《つむじ風のならず者》 とあるので、デッキの完成度はそこそこ満足するものになりました。

デッキも組みましたし、いざ対戦です!
Pia and Kiran Nalaar / ピア・ナラーとキラン・ナラー
強力なボム!
初戦の方は 《ピア・ナラーとキラン・ナラー》 有する赤緑!
勿論出されたゲームは負けました!流石構築レベル、強すぎるこのレア!

マッチじたいは飛行で押し切って勝つことができました。
Akroan Jailer / アクロスの看守
使ってみて分かるカードの強さ
実際に試合をしてみると、 《アクロスの看守》 が弱い!
タッパーだからと入れては見たものの、起動が重く、序盤の相手のクリーチャーと相討ちできないので、あまり役に立ちませんでした。
使ってみたらカードの評価が全然違った、プレリリーストーナメントあるあるですね、では他に候補が無いかと探してみました。

飛行が多い構成なので、地上をしっかり止められる、 《鋤引きの雄牛》 は良いかもしれないと、入れ替えてみたところ、地上の高名持ちのクリーチャーを止める止める!序盤を支えるカードとして大活躍しました。

その采配が良かったのもあり、残りの試合を全勝し、見事4-0で7パックGET!やりました!
Languish / 衰滅
高額レアを持ち帰れることも!
ドラフトで換算すると2ドラフト分。 《衰滅》 が当たったこともあり、満足行く結果で、プレリリーストーナメントを終えることができました。

以上、プレリリーストーナメントレポートでした。

こんな感じで、自分のプレリリーストーナメントのレポートをブログやソーシャルメディアに掲載して、他の人の意見を聞いたり、逆に他の人のレポートを見て、強かったカードや、弱かったカード等の感想をみるのも、楽しみ方の1つだと思います。

プレリリーストーナメントに出てみたら是非レポートを掲載してみてください!

それでは、最後までプリリーストーナメントの記事、読んでいただきましてありがとうございました!
1人でも多く、プレリリーストーナメントに興味を持っていただけたら、記事を書いたかいがあるので、ぜひ次回の戦乱のゼンディガーのプレリリーストーナメント参加してみてくださいね。では皆さん、また次回のプロツアーバンクーバーレポートでお会いしましょう!
連載コラム

ライター
ライターコラム

Page Top