企画記事

最終更新日時:01月13日 行弘&Rizerのゲートウォッチの誓いインスピレーションレビュー!

763728f0 a8c7 4c15 a9d1 dfcefe03635a

行弘&Rizerの新エキスパンションインスピレーションレビュー!

前回ご好評につき、今回もまたやっちゃいます!

行弘&Rizerの新エキスパンションインスピレーションレビュー!とは?

発売前はカードの評価が定まらないものです。自分が強いと思っていても、それが本当に実戦で活躍するかどうかは、誰にも分りません。

しかし、ある程度の予測はできます。それも、Dig.cards所属プロの行弘と、プロツアーTOP8経験もあるDig.cardsのアーキタイプ解説記事でお馴染みのRizerこと石村の2人が予測したなら…?新環境 でのある程度の指針にはなりそうですよね!

発売前のカードに対して2人が直観的に評価を下していく、インスピレーションレビュー:ゲートウォッチの誓い

レビューカードが出た翌日更新予定ですのでほぼ毎日更新でお送りさせていただきます!

レビューは基本的には構築目線となりますので、期待度の★は構築での期待度となります。

フルスポイラー公開!後半!01月13日更新分 最終更新

コジレックの先駆者(コモン)

石村: 期待度:☆☆☆☆☆
普通のデカブツ、これくらいの性能のカードならBFZにもざらにいるので優先してピックする理由もないです。
イラストのエルドラージがコジレックの眷属の特徴だけでなく、ウラモグの眷属の特徴も持っているように見えるのが気になります。
行弘: 期待度:☆☆☆☆☆
リミテッドでも使うの躊躇われるスペックですが、無色なので困ったら飼ってあげましょう。

形状の管理人(コモン)

石村: 期待度:☆☆☆☆☆
使いやすい中堅クリーチャー、無色マナ源として 《荒地》 はもちろん特殊地形よりも優先してピックしたいので4~5手目あたりで消えそうなカードです。
行弘: 期待度:☆☆☆☆☆
警戒のマナクリチャーは殴るかマナ出すかで悩まなくて良くなるので頭に優しいですね。

アーファの守護者(コモン)

石村: 期待度:☆☆☆☆☆
武器はやたら細いし、盾は変な方向に構えているしで彼の未来が非常に心配です。
行弘: 期待度:☆☆☆☆☆
フレイバーテキストニキ的には中々そそるものがあるんじゃないでしょうか。

マキンディの飛空士(コモン)

石村: 期待度:☆☆☆☆☆
可愛い鳥と可愛いペガサスと可愛いドレイクしかいなかった二マナ1/3飛行に、近所のおばちゃんが乱入してきたのが残念で仕方ないです。
行弘: 期待度:☆☆☆☆☆
「やあ!やってるかい!?」

コーの鎌使い(コモン)

石村: 期待度:☆☆☆☆☆
男のコーってなんかオカマっぽいですよね。
行弘: 期待度:☆☆☆☆☆
鎌使いだけに!?

コーの空登り(コモン)

石村: 期待度:☆☆☆☆☆
コーVSエルドラージと進○の巨人の類似感たるや。勝てそうにないところまで同じ。
行弘: 期待度:☆☆☆☆☆
イエェィガアアアァァアア!

オンドゥの戦僧侶(コモン)

石村: 期待度:★☆☆☆☆
すごい、同盟者なのに強い! 序盤の攻防以外に役割がある熊はリミテッドではそれだけで優秀です。
行弘: 期待度:☆☆☆☆☆
ナイス熊。オンドゥ界期待の新人です。

石鍛冶の見習い(アンコモン)

石村: 期待度:★★☆☆☆
オンリーワンの有能な能力を持っていますが、同盟者が必要という一点が全力で足を引っ張っています。
コーの装備デッキはコーも装備もカードが足りておらずトーナメントレベルには見えないため、このカードを見る機会も少なそうなのが残念です。
行弘: 期待度:★★☆☆☆
《石鍛冶の神秘家》 の見習いならばこの程度でしょう。
盟友は軽いクリーチャーが起動するにはそこまで悪く無いので、装備品サーチする手段としてはそこそこやりおりますね。

草原の滑空獣(アンコモン

石村: 期待度:☆☆☆☆☆
エレメンタルなのに獣を名乗るのはどうなのよ。
行弘: 期待度:☆☆☆☆☆
5マナ2/4飛行警戒は珍しいサイズですね。殴り値の低さは気になりますが、飛行付与能力はリミテッドでフィニッシャーになりえる非常に強力な能力です。

探検の猛禽(コモン)

石村: 期待度:☆☆☆☆☆
普通の環境だったらこのスペックのクリーチャーはあまりメインボードに入れたくないんですが、この環境は末裔トークンをはじめとしてクリーチャーを横に並べやすい環境なので少し甘めに評価してもよさそうですね。
行弘: 期待度:☆☆☆☆☆
本体が貧弱すぎますが、それでも支援は強力な能力です。

同盟者の援軍(アンコモン)

石村: 期待度:☆☆☆☆☆
同盟者にメモリを無駄遣いしてしまった結果がこれ。いつもなら最低でも警戒はついてます。
行弘: 期待度:☆☆☆☆☆
メリット:同盟者である デメリット:同盟者が謎の迫害を受けて弱い

復興の壁(アンコモン)

石村: 期待度:★★★☆☆
イラストを見て 《護衛のゼンディコン》 の親戚かと思ったらとんだ化け物でした。
3マナで3/9換算な時点で色々とおかしく、 《乱脈な気孔》 《次元の激高》 とシナジーするともう手がつけられません。
序盤にクリーチャー化した土地を除去された場合の損失が大きいためどんなデッキにも搭載されるタイプのカードではないですが、構築の際に意識する必要があるくらいにはよく見かけることになりそうです。
行弘: 期待度:★★★☆☆
土地をクリーチャー化するので、 《ジェスカイの隆盛》 との相性が良いですね。
スペックは高いのですが、他だと何のデッキで採用すれば活躍するのかがいまいち想像つかないので、 《ジェスカイの隆盛》 あるうちに使い倒しましょう。

抗戦(アンコモン)

石村: 期待度:☆☆☆☆☆
申し訳程度の+1/+0修正が愛らしくて好きです。
貴重な破壊されない効果ですが、全体除去の対策としても、攻撃時の全体強化としても半端で使いづらいカードなのでトーナメントMTGで見かけることはないでしょう。
行弘: 期待度:★☆☆☆☆
白ウィニーの全体除去除けとしては可能性ありそうです。

力強い跳躍(コモン)

石村: 期待度:☆☆☆☆☆
イラストが力強すぎて心震えます。イカロスが蝋で固めた羽根でジャンプする某歌を思い出しました。
行弘: 期待度:☆☆☆☆☆
このあと彼は落ちながら真理に辿り着き、こう叫んだ「わかったぞ! わかったぞ! わか・・・・・・」

孤立領域(コモン)

石村: 期待度:☆☆☆☆☆
呪文デフレの魔の手がここにも!
面晶体で拘束とは言いますけど、こんだけ鋭利に尖ってるなら刺したり殴ったりした方が早そうですよね。
行弘: 期待度:☆☆☆☆☆
先っぽ!怖い!尖ってるの向けるのやめっちょっやめろ!怖いから!
リミテッドでは文句ない初手ですが、構築ではお呼びにかからないでしょう。

古代ガニ(コモン)

石村: 期待度:☆☆☆☆☆
青の3マナの壁を見るたびに 《川の海神》 求めてGP会場を駆けずり回った記憶がよみがえります。
行弘: 期待度:☆☆☆☆☆
名前、マナコスト、パワータフネス、レアリティ、全てが無駄が無く美しい。

ウマーラの絡め捕り(コモン)

石村: 期待度:☆☆☆☆☆
各所で飛行を持っていると勘違いされる子。
申し訳程度に青に配られた同盟者、それ以上でもそれ以下でもなし。
行弘: 期待度:☆☆☆☆☆
飛行が無い、先輩の 《ウマーラの猛禽》 さんの足元にも及ばない魚類。

竜巻の種父(アンコモン)

石村: 期待度:☆☆☆☆☆
で、でたー! MTG日本語最大の謎ワード「種父」さんだー!
行弘: 期待度:☆☆☆☆☆
除去されても土地を竜巻にするって感じなんでしょうか。リミテッドでは普通に強そうですね。

乱動の握撃(アンコモン)

石村: 期待度:★★☆☆☆
まつがんさん新メンバー加入おめでとうございます。
《悪寒》 も二マナでプレイできるなら文句なしの有用カードなので、そこそこ見るカードになるかもしれません。
行弘: 期待度:★☆☆☆☆
《悪寒》 に謝れな性能。イラストが強そうなので使われそうです。

空間の擦り抜け(コモン)

石村: 期待度:★★☆☆☆
ありそうでなかった一枚がついに登場!
相性のいいカード数種類と一緒のデッキに入れて初めて輝くタイプのカードなのでスタンダードでは出番はまずなさそうですが、モダンや統率者戦、Pauperなどでマニアックな需要に応えるくれることでしょう。
また、無色の1マナのソーサリーという貴重な特性を持っているので、コンボのパーツとしての将来性も十分です。
行弘: 期待度:★★☆☆☆
果敢ビートダウンとか作れそうですね。 《一日のやり直し》 も入れて、ね?

難解な干渉(コモン)

石村: 期待度:☆☆☆☆☆
リミテッドの 《魔力の乱れ》 大好きなので僕は使います!……と言いたかったのですが、この環境には末裔トークンが存在しているためいつも以上に使い勝手が悪いです。
サイドボードに転がしておいて、相手の 《とどろく雷鳴》 を確認したらサイドインしてニヤニヤしましょう。
行弘: 期待度:☆☆☆☆☆
相手がニヤニヤしてたら1マナ浮かせてプレイしましょう。

虚身呼び(アンコモン)

石村: 期待度:☆☆☆☆☆
同盟者をはずされたかわりに強めの能力を与えられたカード……のはずなんですが、弱くないですかこいつ?
行弘: 期待度:☆☆☆☆☆
リミテッドでもシステムとして重すぎますが、緑黒トークンの壁兼フィニッシャー枠として使えばギリギリありじゃないですか?

屍体の攪拌(コモン)

石村: 期待度:★☆☆☆☆
墓地肥やしとしてみるとちょっと残念な性能ですが、墓地回収呪文としては使いやすくて優秀ですね。
手札が弱い時に二ターン目にプレイできるのがグッド。
行弘: 期待度:★☆☆☆☆
インスタントなので構えながら動けるのも悪く無いですね。ジェイスの誓いと合わせてリアニメイトみたいなデッキ作れるかも?

忘却の一撃(コモン)

石村: 期待度:☆☆☆☆☆
うん、除去は強いよ。
行弘: 期待度:☆☆☆☆☆
最近のリミテッド向け除去の中でも驚愕の強さ。文句ない初手コモン。

粗暴な幻視(アンコモン)

石村: 期待度:★☆☆☆☆
ダメージレースになることが多いリミテッドでは強力カード、手に入れた場合は能力を活かすためにビートダウン寄りにピックを進めましょう。
一応構築戦でも、 《電弧連鎖》 と組み合わせると対戦相手が弾け飛びますね。
行弘: 期待度:★☆☆☆☆
黒の 《平和な心》 。最後 《ドロモカの命令》 の格闘とかで無理やりねじ込んだりもできますね。

タールの罠(コモン)

石村: 期待度:☆☆☆☆☆
ファイレクシア人っぽい見た目だけどたぶん気のせい。
見たまんまの弱さなので、 《闇の掌握》 とは違って構築戦で姿を見ることは無いでしょう。
行弘: 期待度:☆☆☆☆☆
同じエキスパンションでコモンとアンコモンで格差が見えるカード出すのやめませんか?

荒々しい渇望(コモン)

石村: 期待度:☆☆☆☆☆
流石に三マナでタフネスが一しか上がらないオーラは後手の時に弱すぎるのでメインボードに入れたいカードではないです。
《ゴブリンの戦化粧》 以上に状況を選びますが、先手の時にサイドインすることはありそうです。
行弘: 期待度:☆☆☆☆☆
威迫は意外と強力な回避能力なので、ダメージレースするマッチアップでは選択肢としてありです。

空の探索者(コモン)

石村: 期待度:★☆☆☆☆
《霞の悪鬼》 と一緒にブイブイ言わせる可能性が微レ存。
行弘: 期待度:☆☆☆☆☆
無色ビートで使うと普通に強い可能性が微粒子レベルで存在。

惨状蒔き(アンコモン)

石村: 期待度:☆☆☆☆☆
ひらがなで検索すると同名ヒロインが登場するエロゲが引っかかるので注意。
リミテッドではマナが伸びやすい環境なのでかなり強いですね。対応されなかった場合は一枚で勝ててしまうカードなので使って損はないでしょう。
行弘: 期待度:☆☆☆☆☆
パワー/タフネスどちらも上がるパンプ能力持ちに悪いクリーチャーはいません。

凶暴な力(コモン)

石村: 期待度:☆☆☆☆☆
ゴブリン腕細いのにこんなに力持ちなんですね! すごいけど怖い!
トランプルがつくので役に立たなくもないですが、赤のビートダウンの二マナは重いのでわざわざ枠を割くカードでもないですね。
行弘: 期待度:★☆☆☆☆
上陸で 《ティムールの激闘》 とこれでゴリゴリ殴れる可能性ありますよ!

抑圧的支配(アンコモン)

石村: 期待度:☆☆☆☆☆
五マナの 《反逆の行動》 は流石にノーセンキュー。
逆にリミテッドではボーナスが有用で使いやすくなった 《脅しつけ》 なので気持ち早めにピックしてしまっても良さそうです。
行弘: 期待度:☆☆☆☆☆
リミテッドでは支援も合わさって、プレイするだけでかなり有利になれそうです。

溶滓のヘリオン(コモン)

石村: 期待度:☆☆☆☆☆
触手生えてるとみんなエルドラージに見える(偏見)
行弘: 期待度:☆☆☆☆☆
こいつの2点で負けたら手でそう。

アクームの炎探し(コモン)

石村: 期待度:☆☆☆☆☆
はいはい悪夢悪夢。
行弘: 期待度:☆☆☆☆☆
アクームだけに!?

火花魔道士の計略(コモン)

石村: 期待度:★★☆☆☆
結構使い勝手の良さそうな呪文なので環境次第では、赤単のサイドに採用されるかもしれません。
前環境の緑信心のようなデッキが登場したらこのカードの出番ですね。
行弘: 期待度:★★☆☆☆
《双雷弾》 をソーサリーにした代わりにブロック不可のおまけが付いたと考えると、非常に強力なおまけですね。
どうせほとんど本体には撃たないのでそこは気にしてはいけません。いや、勿論案外大事な所ではありますけどね?

促進(コモン)

石村: 期待度:★★★☆☆
キャントリップ大好きで、一マナのキャントリップは大大好きなので星いっぱいあげます。
トーナメントMTGでは枠の都合であまり使われないタイプのカードですが、 《ケラル砦の修道院長》 や探査がある今なら採用しても損はしないでしょう。
行弘: 期待度:★★★☆☆
《ケラル砦の修道院長》 からのー促進めくれてプレイからのー 《強大化》 で10点!は今後よく見かけそうです。

制止エルドラージ(アンコモン)

石村: 期待度:★☆☆☆☆
赤にたまに登場するトリッキーな起動型能力持ち、リミテッドで使うと楽しいので好きです。
ブロック阻害はおまけでついている分には非常に有用な能力なので、ギリギリ構築級のカードでもありますね。
行弘: 期待度:☆☆☆☆☆
タフネスが太い不届きもの許さないこの心意気が好きです。

攻性エルドラージ(コモン)

石村: 期待度:☆☆☆☆☆
僕の目にはエルドラージの方が同盟者よりもチームワークがあるように見えているので、ドラフト中にこのカードのフレーバーテキストを読むたびに笑ってしまいそうです。
行弘: 期待度:☆☆☆☆☆
完全におまゆうじゃないですか。

ムラーサの胎動(コモン)

石村: 期待度:★☆☆☆☆
ちょっと惹かれるテキストですが、三マナはライフゲインとしても墓地回収としても重いので使い勝手が悪そうです。
行弘: 期待度:★★☆☆☆
3マナ6点回復は効率悪くありません。おまけが腐らない土地・クリーチャー回収でフェッチ環境とも噛み合ってますね

壌土の幼生(コモン)

石村: 期待度:☆☆☆☆☆
荒地をサーチできます! 昆虫なので 《群がりの庭》 で再生できます! アピールタイム終了です!
行弘: 期待度:☆☆☆☆☆
おしりおっき虫~♪

模範提示(コモン)

石村: 期待度:☆☆☆☆☆
+1/+1カウンターシナジーが環境にたくさんあるわけでもないので、リミテッドでもあまりデッキに入れたくない一枚です。
行弘: 期待度:☆☆☆☆☆
インスタントでコンバットトリックにもなり、2体持っていける可能性があるのでリミテッドでは悪く無いですね。(真向戦争)

ニッサの裁き(アンコモン)

石村: 期待度:☆☆☆☆☆
あまり見ないタイプの面白い効果ですね。集団リンチとは実にエルフらしい。
行弘: 期待度:☆☆☆☆☆
格闘では無くリンチするニッサさんほんまえげつないで。

イトグモの蔦(コモン)

石村: 期待度:☆☆☆☆☆
構築では状況を選ぶ上に到達が飾りなので出番はありませんが、リミテッドでは破格のスペックのコンバットトリックとして大活躍します。
環境の除去の多くがパワーやタフネスを参照することもあり、腐ることはほぼないので積極的にデッキに投入しましょう。
行弘: 期待度:☆☆☆☆☆
《巨大化》 ってインフレカードだったんですね(白目

残された廃墟(コモン)

石村: 期待度:★★★★☆
《荒地》 デッキ用 《不屈の自然》
《荒地》 デッキの構築方法や強さは未知数ですが、関連カードの 《荒地を歩くもの》 が五マナである以上はマナ加速が嬉しくないはずはありません。
《荒地》 デッキでも、一枚目のこのカードや 《進化する未開地》 などで一枚刺しの 《荒地》 をサーチすれば 《不屈の自然》 として使うことが可能なのは嬉しいですね。
行弘: 期待度:★★★☆☆
ほぼ荒地デッキ専用カードですが、専用デッキで使えば 《不屈の自然》 なので普通に強いです。
これを使う場合は 《進化する未開地》 込みで12枚以上荒地は入れたい所です。

忍び寄りドローン(コモン)

石村: 期待度:★☆☆☆☆
愛すべきルーちゃん( 《ルートワラ》 )の系譜。
先輩たちと同じく、リミテッドではギリギリ初手級、構築ではギリギリ戦力外でしょう。
行弘: 期待度:★☆☆☆☆
2マナ3/4相当は流石に構築でも使えるスペックですが、緑絡みの無色ビートはプール的に厳しそうです。

産み落とす巨体(アンコモン)

石村: 期待度:☆☆☆☆☆
定期的に登場する緑のアンコモン再生マッチョ枠。
強いカードなのですが、コモンにタッパーが二枠いたり飛行ビートが強化されていたりと環境が逆風なため、初手や二手目では拾わず四手目くらいで見つけたら嬉々としてピックする感じですかね。
行弘: 期待度:☆☆☆☆☆
イラスト無茶苦茶かっこいいすね。7マナキッカリでプレイしてもお供からマナ出せるので、再生能力が使いやすいのはナイスです。

闊歩するものの装具(アンコモン)

石村: 期待度:☆☆☆☆☆
この装備品に限らないですけど、装備しても大多数のクリーチャーは修正を受けられなそうな装備品ってちょこちょこありますよね。
人間がこれ装備したら-1/-1の修正を受けて、タップインしそう。
行弘: 期待度:☆☆☆☆☆
装備ビートで使いたいですが、流石に構築では重すぎますかね…。

フルスポイラー公開!前半!01月12日更新分

まばゆい反射(コモン)

石村: 期待度:★☆☆☆☆
イラストが可愛いから騙されそうになりましたが、反射してないですよねこれ。
行弘: 期待度:★☆☆☆☆
《強大化》 + 《ティムールの激闘》 のコンボに合わせると夜上手い酒が飲めますね。

消尽の光(コモン)

石村: 期待度:★★★☆☆
ありそうで無かった白 《ショック》 。頻繁に再録されそうな名前と効果なので、これから長い付き合いになりそうな一枚です。
現環境では赤いデッキがクリーチャーのサイズを上げて攻撃してくるため、新しいビートダウンが隆盛してくれないと使いづらそうな印象です。
行弘: 期待度:★★☆☆☆
対象が狭いのが気がかりですが、現状1マナの白い除去は無いに等しいので、選択肢としては覚えておきたいですね。

落とし子縛りの魔道士(コモン)

石村: 期待度:☆☆☆☆☆
タッパーはリミテッドにて最強。同盟者を要求してきますが代わりにマナがかからないのでその強さに陰りはありません。
行弘: 期待度:☆☆☆☆☆
タッパーは強いけど、自分のクリーチャーもタッパーしないといけないのはいただけない。
召喚コストも重いので、若干使いにくそうな気はします。

イオナの祝福(アンコモン)

石村: 期待度:☆☆☆☆☆
イラスト怖すぎる……。実は黒幕がイオナでしたと言われても僕は驚きません。
行弘: 期待度:☆☆☆☆☆
おっさん白目剥いてもうてるじゃないですかイオナさん。その辺で勘弁したってください。

一致団結(アンコモン)

石村: 期待度:☆☆☆☆☆
非常に珍しい青のクリーチャー強化呪文ですが、性能の方はボチボチ。
盟友能力と相性がいいので、リミテッドでは見た目以上に良い働きをしてくれそうです。
行弘: 期待度:★☆☆☆☆
インスタントなので相手のアタックに合わせてドシャクリマンボウしたいですな。

封止の被膜(コモン)

石村: 期待度:★☆☆☆☆
一マナでプレイできる有用なエンチャント・オーラということで環境に顔を覗かせる可能性も無きにしも非ず?
行弘: 期待度:★☆☆☆☆
軽いのは良い事ですが、アンタップ状態のクリーチャーに付けても大して得しないのは困りますな。

否認(コモン)

石村: 期待度:★★★☆☆
幼馴染のように隣にいるのが当たり前の存在になっているので、いざいなくなってしまうまでは有難みを感じることはなさそうです。
リミテッドに関しては、覚醒があるため普段以上に呪文のビッグアクションが多いので、特に大技の応酬になりやすいシールドではタッチでの使用を検討するくらいに優秀な一枚です。
行弘: 期待度:★★★★★
だって皆使うでしょ?

水脈の乱動(アンコモン)

石村: 期待度:☆☆☆☆☆
多人数戦仕様になっているせいでテキストが若干ややこしい。このカードについては素直にカードを二枚引くで良かったでしょ!
行弘: 期待度:☆☆☆☆☆
リミテッドでは非常に強力なバウンス呪文です。MOで間違えて相手に引かせないようにご注意を。

掃き飛ばし(コモン)

石村: 期待度:☆☆☆☆☆
構築戦でも試しに使ってみたくなるくらいには使いやすそうな良バウンス呪文ですね。
行弘: 期待度:★☆☆☆☆
送還のオプションとして、攻撃時だと 《破門》 になった。
《破門》 は攻める時にブロッカーをどかす時に使う事が多いので、 《破門》 としては使いにくそう。
ただし、インスタントのバウンス呪文というだけでそれなりに価値があるので、リミテッドではそれだけで強力ではあります。

目潰しドローン(コモン)

石村: 期待度:★☆☆☆☆
久々に登場した二マナのタッパー! 無色マナを要求するとはいえ文句なしのトップコモンです。
行弘: 期待度:★☆☆☆☆
こいつはただもんじゃないタッパーが出てきましたね。リミテッドでは文句ない初手でしょう。

耕作ドローン(コモン)

石村: 期待度:☆☆☆☆☆
タフネス3のマナブースト、君にも文句なし、強い!
行弘: 期待度:★☆☆☆☆
最近青はマナブーストにお熱ですね。

重力に逆らうもの(コモン)

石村: 期待度:☆☆☆☆☆
タフネス3あって壁役もこなせるのでリミテッドではなかなか優秀な一枚。
嚥下持ちや大型エルドラージが飛ぶだけでも万々歳ですし、地味に相手クリーチャーも対象にとれるので 《垂直落下》 とのおしゃれコンボもできるしで至れり尽くせりです。
行弘: 期待度:☆☆☆☆☆
アイキャンフライ!ヘイ!ユーキャンフライ!ヘイ!

思考刈り(アンコモン)

石村: 期待度:☆☆☆☆☆
このカードさえ戦場にいれば、昇華者が自分の餌を自分で供給できるようになるのは楽チンでいいですね。
行弘: 期待度:☆☆☆☆☆
追放のスペシャリスト。飛行がついてて、単体スペックも悪く無いです。

闇の掌握(アンコモン)

石村: 期待度:★★★★☆
黒の専売特許たる優秀な低マナ除去がついにきました!
環境のほとんどのクリーチャーを即退場させられるのは勿論、 《包囲サイ》 《黄金牙、タシグル》 のようなクリーチャーも戦闘との合わせ技で簡単に退場させられることができるため、黒のダブルシンボルを捻出できるデッキではこぞって採用されるでしょう。
怒涛の前にプレイする呪文としても丁度いいため、青黒コントロールで八面六臂の活躍をしてくれそうです。
行弘: 期待度:★★★☆☆
黒黒のダブルシンボルが許容できるデッキならば文句なく採用される除去ですね。しかしコモンからアンコモンに格上げとは、出世したものです。

マラキールの占い師(アンコモン)

石村: 期待度:☆☆☆☆☆
豪華な服装からうかがえる吸血鬼の社会における占い師という職業の地位の云々。
行弘: 期待度:☆☆☆☆☆
5マナ4/4のおまけとしては、ドロー能力悪く無いです。ただ殴ってるシチュエーションの方が多そうですが。

ズーラポートの鎖魔道士(コモン)

石村: 期待度:☆☆☆☆☆
今年の流行はウデシルではなく、セナブラ。
行弘: 期待度:☆☆☆☆☆
鎖がドレッドヘアーみたいでオシャレ。

吸血鬼の特使(コモン)

石村: 期待度:☆☆☆☆☆
盟友能力と相性がよく、BFZに存在するライフゲインが条件のクリーチャー効果を簡単に誘発させられるので白黒をやる時にはぜひピックしたいキーカードですね。
行弘: 期待度:☆☆☆☆☆
盟友とのコンボが…ってライザに先に言われてしまった!

終末の目撃(コモン)

石村: 期待度:★★☆☆☆
二枚の追放カードを一気に準備できる貴重な呪文であり、 《荒廃を招くもの》 に繋ぐのにぴったりな一枚。
手札破壊は取り回しが良くてなんぼなのでリミテッドでも 《ぬかるみの敵意》 よりもこちらの方が便利そうですね。
行弘: 期待度:★☆☆☆☆
手札を追放させつつライフルーズのおまけまである贅沢仕様。ただマナコストも贅沢なので、構築ではやや厳しめかもしれません。

異常な忍耐(コモン)

石村: 期待度:★★☆☆☆
ライフ支払わなくていいんですか? やったー!
《エレボスの加護》 が使われた実績があるように、黒の高速ビートダウンデッキで有用な一枚です。
行弘: 期待度:★★★☆☆
《エレボスの加護》 構築で使ってGP出た僕に死角は無かった。

殺戮ドローン(コモン)

石村: 期待度:★☆☆☆☆
接死持ちの2/2は通常アンコモンか三マナなので、コモンの二マナで簡単に接死を得られるこいつはかなりすごいやつですよ。
行弘: 期待度:★☆☆☆☆
物騒な名前に違わぬ殺戮しまくるマン。軽い接死持ちが増えると、 《突き抜けの矢》 を入れたデスタッチビームデッキ作れそうですねぇ。

コジレックの叫び手(コモン)

石村: 期待度:☆☆☆☆☆
嚥下という重荷から解き放たれて、小型エルドラージはどいつもこいつも生き生きしていますね。
行弘: 期待度:☆☆☆☆☆
これはリミテッドでは相当強力ですよ。かなり強い回避持ちクリーチャーです。

搾取ドローン(アンコモン)

石村: 期待度:★★★☆☆
赤無色ビートダウンもいいですけど、黒欠色ビートダウンも粒ぞろいでわくわくしますね。
《不毛の地の絞殺者》 《静寂を担うもの》 (布告内蔵生物)がいるのでビートダウン対決で強そうなのが魅力的です。
行弘: 期待度:★★☆☆☆
無色かつ1マナ域でこのスペックなら文句無いです。 《幽霊火の刃》 付けてどつきまわしましょう。

本質を蝕むもの(アンコモン)

石村: 期待度:☆☆☆☆☆
二マナで一点ドレインということは、一マナをライフ一点に変換しているということなのでかなりめちゃくちゃです。
三マナ2/3とサイズも悪くないため、躊躇なく初手からピックすることができます。
行弘: 期待度:☆☆☆☆☆
リミテッドでは◇マナを要求するので複数起動は難しいかもしれませんが、暇な時に起動できる能力としては破格ですね。

コジレックの組み換え(コモン)

石村: 期待度:☆☆☆☆☆
フェイズ・ゼロを連想させる能力を持っていますが、実際のところは見たまんまのリミテッドおじさんでしょう。
行弘: 期待度:☆☆☆☆☆
10点払ってコジレック出したら勝ちちゃうか?と思ったら変な制限付いてて駄目でした。ちゃんとしよ?

カズールの徴収者(アンコモン)

石村: 期待度:★☆☆☆☆
赤白の装備品同盟者デッキを想定したカードだと思うので、意地悪せずに同盟者をつけてほしかったです><
行弘: 期待度:★★☆☆☆
《幽霊火の刃》 付けやすいので無色ビートでワンチャン?

ザダの猛士(コモン)

石村: 期待度:☆☆☆☆☆
赤単に四枚しか存在しない貴重な射手のクリーチャータイプを持つカード。
ゴブリンなのにフレーバーテキストが格好いい系なあたりが、ゼンディカーの切羽詰まってる雰囲気を感じ取れて素敵ですね。
行弘: 期待度:☆☆☆☆☆
2/1先制攻撃の時点でそこそこやり手ですね。盟友能力も盤面膠着した時のオプションとしては悪くありません。

ヴァラクートの涙(アンコモン)

石村: 期待度:★☆☆☆☆
エルドラージじゃなくて飛行クリーチャーを対象にとっているあたりが八つ当たり感激しくてアレ。
行弘: 期待度:★☆☆☆☆
赤の 《垂直落下》 《龍王オジュタイ》 《龍王シルムガル》 絶対殺すマン。

食い荒らす炎(アンコモン)

石村: 期待度:★★☆☆☆
次期環境の 《焙り焼き》 枠。
上陸とのシナジーは馬鹿にならないので、三マナと若干重く見えるものの意外と使い勝手は悪くなさそうです。
行弘: 期待度:★★☆☆☆
プレインズウォーカー焼けるのは案外悪く無さそう。土地を戻す挙動が活かせるデッキならば採用する価値ありです。

現実の流出(コモン)

石村: 期待度:☆☆☆☆☆
赤は前環境で強すぎた故にか、現環境では意図的に弱く調整されており、いわゆるおしおきタイムの最中みたいですね。
火力呪文が足りていないところに、ほぼ劣化 《ショック》 とは酷い仕打ちです。
行弘: 期待度:★☆☆☆☆
絶賛流出中!(赤のカードパワーが)

コジレックの大口(コモン)

石村: 期待度:☆☆☆☆☆
マナがあれば4/3と6/1に変化できるリミテッド用クリーチャー。
能力が全く使えない場合以外は、 《エムラクールの名残》 とは比べ物にならない強さを発揮するので積極的に集めましょう。
行弘: 期待度:☆☆☆☆☆
こんだけ器用にサイズ変更できるクリーチャーはリミテッドでは流石に強いですねぇ。

破壊的陥没孔(コモン)

石村: 期待度:☆☆☆☆☆
孔が卑猥だったり、フレーバーテキストが信長だったり、対象が土地クリーチャーとキワモノすぎたりとネタに事欠かない一枚。
リミテッドでは 《火山の隆起》 の使用頻度の高さを考慮すればそこそこ優秀そうですが、その 《火山の隆起》 の方が序盤に気軽にプレイできるだけ使いやすそうなのが難点。
行弘: 期待度:☆☆☆☆☆
土地・クリーチャーなので土地でありクリーチャーであるものにしかプレイできないのでご注意を。
最悪本体4点になるので腐りにくいのはいいですねぇ。コストが軽ければ構築でも出番ありました。

タジュールの道守(コモン)

石村: 期待度:☆☆☆☆☆
びっくりするほどハイスペック、 《残忍なクルショク》 が陰で泣いています。
五マナ圏が強くなったことで、 《自然の繋がり》 《生命湧きのドルイド》 の三マナのマナ加速コンビの重要性も上がりましたね。
行弘: 期待度:☆☆☆☆☆
警戒で攻守どちらもこなし、トランプルでチャンプブロックも許さない、タジュールの道守さん今日もご苦労様です!

梢喰らい(コモン)

石村: 期待度:☆☆☆☆☆
リミテッドマニア御用達の六マナ6/5バニラ。
こういうサイズだけある雑なデカブツをうまくサポートして勝てるデッキを組めるかどうかが、リミテッド中級者への登竜門の一つですね。
行弘: 期待度:☆☆☆☆☆
この環境はこれよりでかいでかぶつがいくらでもいるし、地上はチャンパー祭りなので、彼を仕事させる構築ができたらリミテッド巧者を名乗れます!

鞍背ラガーク(コモン)

石村: 期待度:☆☆☆☆☆
こいつはリミテッドでも弱い悪いラガークです。食べてしまいましょう。
行弘: 期待度:☆☆☆☆☆
支援は思った以上に強力な能力の可能性があるので、使ってみると案外強いかもしれませんよ。プレリまでとりあえず食べるの待ってもらっていいですか?

自然のままに(コモン)

石村: 期待度:★★★☆☆
下の環境ではほとんどのデッキが 《自然の要求》 を使い続けそうですが、選択肢が増えるのはうれしいですね。
行弘: 期待度:★★☆☆☆
各種力線シリーズは割れないものの、明確に割りたい対象があるならば、こちらを優先する事はありそうです。

大自然の反撃(コモン)

石村: 期待度:★☆☆☆☆
今回の緑のコモンはつくづくスペック高いですね。
汎用性に優れる呪文なのでリミテッドでは非常に優秀、土地をクリーチャー化できる呪文としては最軽量の部類なので構築戦でも出番があるかもしれません。
行弘: 期待度:★☆☆☆☆
これインスタントなんでブロックにも使えますね。覚醒した土地に使用して、でかい生物作って相手の生物薙ぎ払うなんてシチュエーションはよくみかけそうです。

網投げ蜘蛛(コモン)

石村: 期待度:☆☆☆☆☆
どの環境でも強い安心と信頼の三マナ蜘蛛。今年もお世話になります。
行弘: 期待度:☆☆☆☆☆
飛行を止めるお仕事だけでなく、3マナ2/3と序盤をがっちり固めるお仕事もできるナイスガイです。

種子の守護者(アンコモン)

石村: 期待度:★☆☆☆☆
次のブロックがゴシックホラー世界のイニストラードということで墓地関連シナジーの強化が期待できます!
とはいえこのカード自体の性能はリミテッド枠に毛が生えた程度のものなので、おそらく出番は来ないでしょう。
行弘: 期待度:★☆☆☆☆
到達を忘れて種子の守護者に向かって殴ってくる飛行クリーチャーの名前を、僕たちはまだ知らない。

収穫トロール(アンコモン)

石村: 期待度:☆☆☆☆☆
積極的に生贄に捧げたいカードは環境に存在していないのでお呼びじゃないです。
行弘: 期待度:☆☆☆☆☆
お前に収穫させる土地やクリーチャーは無い!

ベイロスの仔(アンコモン)

石村: 期待度:☆☆☆☆☆
子どもなのにあまり可愛くない(がっかり)
行弘: 期待度:☆☆☆☆☆
僕ら人間からしてみたらどの段階のベイロスともかかわり合いたくないです。

甲殻の外套(アンコモン)

石村: 期待度:☆☆☆☆☆
へえ、あんたもライザっていうんだ。
僕も利用できるものはすべて利用するタチです。
行弘: 期待度:☆☆☆☆☆
ちなみにライザの名前の由来は 《波停機》 からです。これマメな?

隊長の鉤爪(レア)

石村: 期待度:★★☆☆☆
地味ですがちょっと強いことが書いてある装備品。
コストが軽いので取り回しがよく、トークン、同盟者、装備と三つの要素の架け橋になれるのも好印象と、使ってみたくなる一枚です。
フレーバーテキストも最高に格好良いですしね!
行弘: 期待度:★★☆☆☆
これくらい強い装備品があると、装備ビートの未来も明るいですな!
勿論同盟者デッキで使っても非常に強力でしょう!

抵抗者の居住地(コモン)

石村: 期待度:★☆☆☆☆
クリーチャーをタップできる貴重な特殊地形です。だからどうしたと言われるとどうもしません!
行弘: 期待度:★★☆☆☆
《バネ葉の太鼓》 使われた過去をみると、多色デッキで使えるかもしれません。◇込みで6色でる土地は貴重です。


歪める嘆きは使い勝手の良いチャーム!?01月08日更新分

作り変えるもの(レア)

石村: 期待度:★★★☆☆
デッキトップをポロンと捲るのが嫌いな人はいません!
出し得に近い良クリーチャーですが、クリーチャーのサイズが全体的に大きく3マナ3/2のサイズが持つ役割が少ない、追放カードが豊富など、環境が向かい風気味で損することも多そうなのが気になります。
このカードを採用する際は、能力で土地が捲れた時に顔を顰めなくいいように、能力を持つ特殊地形やマナを豊富に使うカードなどを気持ち多めに採用していきたいですね。
行弘: 期待度:★★★☆☆
マナレシオがいまいちな事、出るカードがランダムなのでプレイに裏目が出やすい等のデメリットはあれど、能力自体は強力です。
賑やかなイラストも使いたくなりますね。

歪める嘆き(アンコモン)

石村: 期待度:★★★★☆
スタンダードでは一番目のモードが使いづらいため役割が持てず、レガシーでは二マナで限定的な一対一交換しか取れない効率の悪さが問題となるため、主戦場はおそらくモダン。
モダンでも効果に対するコストの重さは問題ですが、モダン環境のデッキは基本的に軽いクリーチャーか強力なソーサリーを軸にしているため、対応範囲の広さを高く評価できます。
妨害を無色で済ませられるようになることで色の格差が減ることの意味は大きく、新しいデッキが出てきやすくなるのはもちろん、既存のアーキタイプでも色や形を変えた新しい構築が可能になるかもしれないと思うとわくわくしてきます。
カード単体の強さについての期待度は星2.5くらいですが、新デッキの誕生における影響力についての期待度は星5あります。
行弘: 期待度:★★★★☆
《ヴリンの神童、ジェイス》 でパワーを下げると追放する範囲も広くなり、相性が良いですね。
2マナのチャームでこれだけ選択肢が広ければ、使い勝手は良さそうに見えます。

牙の贈り物(アンコモン)

石村: 期待度:★☆☆☆☆
マンモスパオーン!(ノルマ)
MTGの常識で考えるとトーナメントレベルの構築戦で使われるカードではないですが、環境に2点除去が多いのでその対策と疑似除去を兼ねる良テンポ呪文として使われるかも?
行弘: 期待度:★☆☆☆☆
《急速混成》 って強かったんですねぇ。

次元潜入者(レア)

石村: 期待度:★★☆☆☆
悠長に能力を起動できる環境や、2/1飛行でダメージレースを仕掛けられる環境にはまずならなそうなので辛めの評価。
タルキールのパワーカードが居座っている限りはコントロールミラーでも出番が回ってこないので、ひとまずはローテーション待ちですね。
行弘: 期待度:★★★☆☆
追放領域にカードを貯めるにはなかなか悪くない性能。除去から身を守るにも悪くない能力なので、ジャストフィットするデッキがあればチャンスはありそう。

静寂を担うもの(レア)

石村: 期待度:★★☆☆☆
《エルドラージの寺院》 《ウギンの目》 からプレイしづらい絶妙なデザイン。
布告能力は優秀なものの、効果と比較して微妙に重い四マナのコストと殴るしか能がない本体のせいでかなりデッキを選びそうです。
行弘: 期待度:★★★★☆
2/1飛行と悪くないサイズかつ、強力なエディクト能力を持っていて黒いビートダウンデッキではエースの活躍が期待できますね。

ゼンディカーの復興者(レア)

石村: 期待度:★☆☆☆☆
MTGの抱き合わせ販売はハズレ九割のアタリ一割。
性能についてはまあこういうカードもセットには必要だよねとしか言えませんが、注釈文でマナのタイプとして無色が五色に並ぶ形で記載されているのはインパクトありますね。
行弘: 期待度:★☆☆☆☆
なんか色々できそうですが、いかんせん重いですね。ゼンディカーが復興する日は遠そうです。

予見者のランタン(コモン)

石村: 期待度:★★☆☆☆
ナイス補助輪!
強くはないが、弱すぎもしないので、ゆったりしたデッキに一枚刺しておくといい仕事をしそうです。
行弘: 期待度:★☆☆☆☆
いい加減3マナのマナアーティファクトシリーズはお腹一杯です!

面晶体の這行器(コモン)

石村: 期待度:★★☆☆☆
パワー0! マイアを見習って! ……と脊髄反射したいところですが、所変われば品変わる。
マナ加速手段が限られる現環境に舞い降りた貴重なジャンプアップ(しかもどの色でも使える!)なので、ちょこちょこお呼びがかかることがありそうです。
行弘: 期待度:★☆☆☆☆
流石にこれ構築で使われたらわろてまう。

難題の予見者は二人とも満点!01月07日更新分

難題の予見者(レア)
石村: 期待度:★★★★★
今弾の問題児。
普通のナイトメア能力と違って追放した手札が帰ってこないのがまず強く、昇華者で確実に利用可能なのもうれしい。
デメリット能力を持っていますが、立派なサイズゆえに排除するのにも一苦労で、除去できなかった場合には4/4によるビートダウンが待ち受けています。
一応、相手の手札がない時に出して除去をトップデッキされた時は悲惨ですが、それを許容できるだけのカードパワーを持ちます。
スタンダードでも間違いなく出番があるカードですが、主戦場はモダン。
最速二ターン目に登場して手札をぶっこ抜き、環境の除去の多くを回避する怪物を手に入れたエルドラージビートダウンが、一段階上のデッキに進化したのを疑う人は誰もいないでしょう。
行弘: 期待度:★★★★★
《ヴェンディリオン三人衆》 のような能力を持ったクリーチャー。大きく違うのが墓地に落ちないと相手はカードを引けないので、このカードを対処しないとカードを損してしまう所。4/4というサイズはそれだけでゲームを決定付けるサイズなので元々無視はできませんが、このカードで除去を抜かれてしまったら対処も難しくなるので、結局何が言いたいかというと無茶苦茶するやんって事。
ポイントは全色で使用可能な汎用性が高いカードという点。高騰不可避!?
救援隊長(アンコモン)
石村: 期待度:☆☆☆☆☆
同盟者×支援=リミテッド枠
本体サイズが及第点あり二体支援できたら御の字なので、ギリギリ初手級くらいの強さはあります
行弘: 期待度:★☆☆☆☆
リミテッドでは手出るくらい強そうですね。今度のリミテッドは支援のせいで環境早い気がします。
ジュワー島の報復者(コモン)
石村: 期待度:☆☆☆☆☆
ジュワー島に求めていたのは、こういう名前で遊んでも誰も怒らない弱いカードです。
リミテッドでは、展開がもたつきやすい弱点が解消された5マナ3/3飛行なので文句なしのコモン上位陣です。
行弘: 期待度:☆☆☆☆☆
一度は行ってみたいジュワー島。スフィンクス多いのでなんか謎解き延々とやらされそうですが。
虚空の粉砕(アンコモン)
石村: 期待度:★★★☆☆
リップサービスをやや含んでの星3ですが、従来の昇華者でコントロールするエルドラージデッキが待ち望んでいたのは一枚です。
《荒廃を招くもの》 《ウラモグの失却させるもの》 を活躍させやすくなりました。
行弘: 期待度:★★★☆☆
昇華者お待ちかねの完全打消しの追放呪文だべらんめぇ!
色が無色で 《コジレックの伝令》 の恩恵も受けられるぞこんちくしょぅ!
ドラーナに選ばれし者(レア)
石村: 期待度:☆☆☆☆☆
四マナ2/2でトークンタップインと全体的に弱めにまとまった一枚。これだから同盟者は!
行弘: 期待度:☆☆☆☆☆
ドラーナ如きに選ばれたからって調子乗られたら困りますよ。コモンから出直してきてください。
森の代言者(レア)
石村: 期待度:★★☆☆☆
二マナ2/3警戒でそこそこ有用なおまけ能力。同盟者なのに強い!
緑の二マナは激戦区であるため息を潜めている白緑同盟者くらいしか採用できる既存のデッキはありませんが、土地で殴る新しいアーキタイプを支えることができそうな一枚です。
行弘: 期待度:★★★☆☆
くせええぇ!こいつはアブザンアグロの新たな2マナ域に使われる匂いがプンプンするぜぇええ!
マナフラしていたら本体4/5警戒、 《乱脈な気孔》 も4/5と、アブザンアグロにピッタリなカードです。
嵐追いの魔道士(アンコモン)
石村: 期待度:★☆☆☆☆
良いことばかり書いてあるのに何か物足りない。パワー2の大切さを教えてくれる一枚です。
行弘: 期待度:★★☆☆☆
《強大化》 + 《ティムールの激闘》 のコンボの先として非常に優秀です
岸壁安息所の吸血鬼(アンコモン)
石村: 期待度:☆☆☆☆☆
ウィザーズさん、絆魂抜けてますよ。
行弘: 期待度:★☆☆☆☆
変なコンボが出来る事にかけて、★1つあげます。
ベイロスの虚身(アンコモン)
石村: 期待度:☆☆☆☆☆
ナイスリミテッド! シールドで二体出てきてグルグルされたら台パン!
行弘: 期待度:★☆☆☆☆
《ムラーサの緑守り》 すら使われていないこんな世の中じゃ…。
武器の教練者(アンコモン)
石村: 期待度:★★☆☆☆
ドヤ顔に見合ったまずまずの性能。カードさえ揃えば次世代の 《刃の隊長》 になれるでしょう。
行弘: 期待度:★★☆☆☆
装備デッキのエース。イラストがなんか爽やかで好感が持てます。
野生生まれのミーナとデーン(レア)
 
石村: 期待度:★★★☆☆
ミッドレンジ型の上陸デッキに待望の新戦力が登場です! ようやく 《下生えの勇者》 も報われるかも?
従来の超速攻型の上陸デッキに投入するには四マナはやや重いですが、カードパワーは高いのでサイドボードに採用される可能性は十分にあります。
行弘: 期待度:★★★☆☆
追加で土地置けるのは非常に強力な効果ですね。しかも自身の能力で土地が戻せるので、上陸もし放題。
伝説という懸念こそあれど、十分活躍できるスペックだと思います。
虚空を継ぐもの(アンコモン)
 
石村: 期待度:★☆☆☆☆
そこそこ強そうなことが書いてあるんですが、どんなデッキで使えばスペックを活かせるのががわからない一枚。
汎用性に優れる 《跳ねる混成体》 の枠を奪うのは困難であり、併用できるほど青緑のビートダウンデッキに余裕はないのが困りどころ。
ひとまずはタフネス4を活かして青緑のコントロール・コンボ系デッキの壁役として頑張るのかな?
行弘: 期待度:★★☆☆☆
《ミジウムの干渉者》 君の立場が無くなる驚愕の一枚。
青緑という色のデッキがあまり思い浮かびませんが、活躍できるポテンシャルは秘めてます。

世界を壊すものは環境を変えるか!?01月06日更新分

変位エルドラージ(レア)
石村: 期待度:★★★☆☆
戦場に出た時に3マナ以上を生み出すクリーチャーがいるだけでお手軽にループができる楽しいクリーチャーですね。
プレイと能力起動に合わせて6マナかかるため第一線で戦うのは厳しそうですが、カジュアルで使うには素晴らしい一枚なので星三つプレゼント。
行弘: 期待度:★☆☆☆☆
起動コスト、本体共にシステムクリーチャーとしては重すぎますね。
2枚コンボで無限コンボになり、そのまま勝利できる相方が見つかれば化けそうではあります。
ところで白のエルドラージって珍しいですな?
面晶体の連結(レア)
石村: 期待度:★★☆☆☆
ユクヒロさん、このカードの八人構築3-0チャレンジはスタンでやります?モダンでやります?
僕のお薦めは 《血清の粉末》 《永遠からの引き抜き》 があるモダンです!
行弘: 期待度:☆☆☆☆☆
あぁ~チケットが溶けるぅぅう~!
ゲトの裏切り者、カリタス(神話レア)
石村: 期待度:★★☆☆☆
基本的には仕事をする前に除去呪文であっさり退場してテンポを取られるマダオですが、 《先頭に立つもの、アナフェンザ》 のようにハスクコンボを止めることができるのでメタゲーム次第では出番があるかもしれません。
行弘: 期待度:★★★☆☆
1マナ重くなった代わりに超絶強化されたアナフェンザ(墓地除外能力だけ)。
勝手に育つ魂絆は案外馬鹿に出来ないので、コントロールのサイド後なんかで活躍の機会があるのではないでしょうか。
頭蓋ふるい(レア)
石村: 期待度:★☆☆☆☆
英語版は「あなたがコントロールする”他の”トークンでないクリーチャー」となっており、おそらく発売後にエラッタが出るのでご注意を。
《ウラモグの手先》 は構築でも使われましたが、自身が能力の範囲外で四マナでは環境には出てこれないですね。
行弘: 期待度:★☆☆☆☆
ふるふる、僕悪い頭蓋じゃないよ。なんていわれても仲間にはしてあげません。
真実を覆すもの(神話レア)
石村: 期待度:★★☆☆☆
1/1飛行トークンにチャンプブロックされ続けて負けるのは、せつなささみだれ涙そうそうなのでトランプルくらいは欲しかったなというのが初見の感想。
《地ならし屋》 と違って猶予を何ターンか作れるため、ライブラリーの薄さを利用したデッキを生み出す下地として面白い一枚ですね。
行弘: 期待度:★★★★☆
赤黒バーンのトドメのフィニッシャーとして優秀ですね。1,2,3ターン目火力からプレイして、息切れしないようにできると強そうです。
炎呼び、チャンドラ(神話レア)
石村: 期待度:★☆☆☆☆
六マナ払ってるのに勝利に繋がりにくい基礎スペックの低さの時点でかなり残念なんですが、 《包囲サイ》 の存在が泣きっ面に蜂で、しのびなさすぎてイラストの笑顔を直視できません。
行弘: 期待度:★☆☆☆☆
マナコストと年齢が比例するならば、「老いたぜあんた」と言わざるを得ません。
とはいえ、全ての能力がそれなりにやりそうな所に伊達に年取ってない所を感じさせます。0能力は案外やりおるかも。
チャンドラの誓い(レア)
石村: 期待度:★☆☆☆☆
スタンダードの赤のプレインズウォーカーを検索して皆さん絶望しましょう。
2マナの除去だったり、エンチャントの除去だったりといった部分を評価してあげたいですが、本体に飛ばずソーサリータイミングでは使い勝手が悪すぎてほとんど出番はないでしょう。
行弘: 期待度:★★★☆☆
《ドロモカの命令》 から 《ジェスカイの隆盛》 を守ってくれる辞去は、 《ジェスカイの隆盛》 界の革新です。
巨岩投下(コモン)
石村: 期待度:★☆☆☆☆
ダブつきやすい効果なので見たらピックするタイプのカードではなく、拾えたら使うタイプのカードですが一枚はぜひデッキに入れたい強さですね。
行弘: 期待度:★☆☆☆☆
構築では使いにくいですが、リミテッドでは強力な除去です。個人的には高めにピックしないと取れないと予想。2枚あっても嬉しいはず。
巨人の陥落(レア)
石村: 期待度:★☆☆☆☆
一人だと倒せない強敵も、二人なら倒せる! しかし残念! MTGは基本ソロ戦の孤独な闘い!
いくらインスタントでも流石にダメージ効率悪すぎでダメダメダメ子ちゃんです。
行弘: 期待度:★☆☆☆☆
これ双頭巨人戦だと怒涛でプレイヤー二人対象にするととんでもない事になりますね。
紅蓮術師の突撃(アンコモン)
石村: 期待度:★☆☆☆☆
もっと全力出してください。とりあえず一マナ軽くなるところからお願いします!
行弘: 期待度:☆☆☆☆☆
コスト重すぎ条件厳しすぎリターン無さすぎ。
洞察の具象化(アンコモン)
石村: 期待度:★☆☆☆☆
サイクルだったんですね、実用的で面白い能力なのでうれしい! しかし五マナはノーセンキュー!
行弘: 期待度:★☆☆☆
これなら赤の方使います♪
死すべき定め(アンコモン)
石村: 期待度:★★☆☆☆
《派手な投光》 よりはマシになりましたが、マナがかかるあたりに開発部の躊躇が透けてみえます。
呪禁は能力として行き過ぎた強さなので、もっとガンガン締め付けてほしいところです。
行弘: 期待度:★★★★☆
今後もこういう2枚目が腐るカードはどんどんキャントリップつけちゃいましょう。そういう意味で期待度高めで。
世界を壊すもの(神話レア)
石村: 期待度:★★★★☆
ワールドブレイカー!!! 中二魂大興奮!
素のスペックもなかなかのものですが、なんとこいつ7マナのエルドラージなので 《コジレックの帰還》 (赤のオール二点)に対応しています!
もちろん 《ウギンの聖域》 にも対応しているので連続ランデスなんて芸当もできますし、メタゲーム次第では大暴れするかもしれません。
行弘: 期待度:★★★★☆
なんか色々壊すわ到達でドラゴン止めるは墓地から手札に戻るわで重いだけあって書いてる事は割りとムチャクチャです。
現実を砕くもの(レア)
石村: 期待度:★★★☆☆
見た目のスペックの高さに一瞬騙されそうになりましたが、全体的に中途半端でありこのカードを採用するデッキがまず出てこないので星一つ。
……というのがスタンダードでの評価ですが、 《エルドラージの寺院》 《ウギンの目》 が使えるモダンでは一味違います。
三ターン目に軽やかに走り出す5/5は立派な化け物、現在主流の昇華者型には入らないかもしれませんが、新しい形のエルドラージデッキを生み出す要因になる一枚です。
行弘: 期待度:★★★★☆
除去体制は割りとおまけに近い能力ですが、単に5/5トランプル速攻が強いです。どんなデッキにもタッチできる可能性があるので、期待度大です!
骨の鋸(コモン)
石村: 期待度:★★☆☆☆
ほねののこ、語呂がいいので回文かと思いましたがまるでそんなことは無かった。
ノーコストの無色・アーティファクト・装備品とシナジー要素山盛りの夢たっぷりですが、単体の弱さのテーデル度も相当なものなので使用の際にはお覚悟を。
行弘: 期待度:★★☆☆☆
装備シナジーデッキで使いましょう。責任はとりません。(レリゴーを振り返りつつ
廃集落(レア)
石村: 期待度:★★☆☆☆
前環境で 《精霊龍の安息地》 を利用した五色ドラゴンジャンクが環境後半に華々しく登場したように、このカードを用いた多色エルドラージデッキが環境に一石を投じる未来は決して荒唐無稽な夢物語ではないでしょう。(無難なコメント)
行弘: 期待度:★★☆☆☆
無色ビートの屋台骨的な土地。汎用性は低いですが、爆発力の一端を担う可能性あり。

コジレックの帰還はモダン以下でも活躍可能!?01月05日更新分

ギデオンの誓い(レア)

石村: 期待度:★★★☆☆
ゼンディカーにいる時のギデオンは天下一!
トークンと 《ゼンディカーの同盟者、ギデオン》 に重点を置く今の白の戦略にバッチリ噛み合う一枚です。
ギデオンカードとニッサカードを山盛りにした白緑のトークンデッキを組みたくてうずうずしますね。
行弘: 期待度:★★★★☆
これから 《ゼンディカーの同盟者、ギデオン》 の即奥義の流れで幾多ものプレイヤーが屠られる情景が目に浮かびます、

コジレックの帰還(神話レア)

石村: 期待度:★★★☆☆
新コジレックとの相性は抜群なため、スタンダードでは仲良く暴れてくれそうです。
逆に言えば新コジレックくらいしか相性のいいパートナーがいないのが悩みどころ。
流石に 《破滅の昇華者》 は使いたくないですよね……
行弘: 期待度:★★★★☆
おやつカンパニー終了!行弘賢の次回作にご期待ください!( 《ブレンタンの炉の世話人》 効かない的な意味で
スタンダードではエルドラージランプで大活躍、モダン以下ではプロテクションが効かない除去として活躍できそうです。

圧倒的な否定(レア)

石村: 期待度:★★☆☆☆
《払拭》 に打ち消されないのは偉い!
四マナの打ち消し呪文は冗談きついですが、二マナでプレイできた際のメリットも大きいのでスペックは十分。
タルキールが去って 《シルムガルの嘲笑》 《軽蔑的な一撃》 が無くなった後が本番でしょう。
行弘: 期待度:★☆☆☆☆
4マナは流石に重すぎますが、探査のカードを通す時には使いやすいですね。
探査があるうちは使われてもおかしくないです。

アンコモンのタップイン土地サイクル

石村: 期待度:☆☆☆☆☆
この時僕らは知らなかった。タルキールが去った後、二色土地の二枠目としてこの土地を使うようになることを。
行弘: 期待度:☆☆☆☆☆
ドラフトやシールドでは2色土地は貴重なので、土地は有り難いです。
構築では2色デッキでたまーに見かける事になるでしょう。

強力なドロー!ニッサの誓いは全てのフォーマットで活躍可能!?01月04日更新分

ニッサの誓い(レア)

石村: 期待度:★★★★☆
一マナはタダ!
《ドロモカの命令》 避けに便利で、二枚目以降をプレイすると伝説故に墓地も肥やせると良いことづくめ。
今年のスタンダードの緑の躍進を縁の下で支えてくれるのはもちろん、モダンやレガシーでも潤滑油としてたまに姿を見かけることになりそうなカードです。
行弘: 期待度:★★★★☆
優秀なドローカードであり、更にPWのマナサポートと、良い事ずくめですね。
《ゼンディカーの同盟者、ギデオン》 なんかは案外ダブルシンボルの捻出が難しかったりするので、マナサポートが嬉しい瞬間は意外とありそうです。

終止符のスフィンクス(神話レア)

石村: 期待度:★☆☆☆☆
全体除去や布告系除去で除去可能であり、殴り合いでは弱い方なので、コントロール環境でも無条件に強いカードではありません。
《真珠湖の古きもの》 を二段階弱くしたカードなのでほとんど使われないと思います。
行弘: 期待度:★★☆☆☆
コントロールキラーではあるので、サイドボードに居場所を見つける可能性はあります。
このカードを使う場合は、メインボードでクリーチャー以外の勝ち筋で勝つようにして、相手の除去を減らしてからにしたいですね。

怒りの具象化(アンコモン)

石村: 期待度:★★☆☆☆
《風景の変容》 《精霊信者の覚醒》 のような土地をまとめて出せるカードと一緒に使うと面白そうな一枚。
単にフェッチランドと組み合わせるだけでも良い打点になるので、コンボデッキやコントロールデッキがサイドボードに忍ばせる殴り手として有用かもしれません。
行弘: 期待度:★★☆☆☆
書いてる事は結構凄いですね。フェッチと組み合わせるとそれだけで10点クロックは悪くありません。
ジェスカイの隆盛コンボの相方として猛威を振るう可能性もありますね。

鞭打つ触手(アンコモン)

石村: 期待度:★★★☆☆
安心と信頼のおまけつき 《蔓延》
追放効果はコントロールデッキならぜひとも欲しい要素であるため、占術がついていた 《悲哀まみれ》 と比べても勝るとも劣りません。
使いやすい追放カードが増えてきて、 《荒廃を招くもの》 を使用するタイプの黒系のエルドラージデッキが現実的になってきましたね。
行弘: 期待度:★★★★☆
おやつカンパニー終了!行弘賢の次回作にご期待ください!
追放能力は昇華者と相性が良く、幅広いフォーマットで使われる事でしょう。

さまよう噴気孔(レア)

石村: 期待度:★★★☆☆
クリーチャーとしてのスペックは微妙、でも青赤という色が強いから強い!
青赤で四点のライフを削れることの価値は大きいため、盤面で勝負するデッキでは問題なく採用されるでしょう。
《溶岩爪の辺境》 同様にコスト無しで際限なく能力を起動できるため、某所で話題の 《消えざる焼け刃》 との組み合わせのようにコンボパーツとして働けるのは面白いですね。
行弘: 期待度:★★★★☆
色が強い2色のミシュラというだけで価値は高いです。
壁、アタッカーと意外に器用に立ち回れるので、見た目よりも使い勝手は案外良いかもしれませんね。

歪みの預言者(アンコモン)

石村: 期待度:★☆☆☆☆
能力が似ている 《蒼穹の魔道士》 はコントロールのサイドボードで使われた実績がありますが、パワー1とパワー2には大きな隔たりがあり、プレインズウォーカー対策にすらならないこのカードは使われることはないでしょう。
そもそもすでに能力山盛りの 《深水の大喰らい》 先輩がいますからね。レアリティの差は残酷。
行弘: 期待度:★☆☆☆☆
《水晶の番人》 が青赤アーティファクトで採用された実績があるので、きっとこいつも何かしらやってくれるでしょう。

石鍛冶の傑作(レア)

石村: 期待度:★☆☆☆☆
製作者本人が傑作だと言い張るものの、一般人にはまるで理解できないよくあるあれ。
行弘: 期待度:★☆☆☆☆
能力修正のハードルが高すぎますね。

風切る泥沼(レア)

石村: 期待度:★★★☆☆
無難すぎてあまり語ることがない一枚。
《突然の衰微》 が効かず、 《タルモゴイフ》 と相討ちがとれるのでモダンの黒緑系にギリギリ居場所があるような気もしますが僕は使いたくありません。
行弘: 期待度:★★★★☆
起動が軽く、攻守で活躍できる2色土地なので案外使われそうな気がします、

姿を欺くもの(レア)

石村: 期待度:☆☆☆☆☆
リミテッドではど派手なゲームになって楽しそうですね。(強いとは言っていない)
行弘: 期待度:☆☆☆☆
どうせ欺くなら僕らの購買意欲も欺いてほしかった。

保護者、リンヴァーラはコントロール期待の星!01月01日更新分

保護者、リンヴァーラ(神話レア)

石村: 期待度:★★★☆☆
コントロールデッキで使う分には、ライフもクリーチャー数も相手よりも下回っているのが常なので純粋なパワーカードとして運用できるでしょう。
六マナという中途半端なコストがネックであり採用しないコントロールデッキも多いかと思われますが、 《苦い真理》 との相性が良好な時点で掴みはばっちりです。
行弘: 期待度:★★★★☆
《機を見た援軍》 が強かったのは歴史が証明しているので、このリンヴァーラもしっかり赤いデッキから保護してくれる事を期待しましょう。

卑小な回収者(レア)

石村: 期待度:★☆☆☆☆
トークンのサイズが1/1しかないのに四マナかかるのは、ちょっとコストが重すぎて役割を持てないですね。
コンボ方面に活路を見出したいところですが、そちらも結構ガチガチに制限をかけられてしまっているので望み薄です。
行弘: 期待度:★★★☆☆
ハスクサクリファイス系のデッキで活躍できる余地がありそうです。
ウィニー系のサイドボードに入れておいて、全体除去の後にプレイ、なんて使い方もできるので、案外使い勝手良いかもしれません。

タズリ将軍(神話レア)

石村: 期待度:★☆☆☆☆
同盟者の皆さんの統率者戦でのご活躍をお祈りいたします。
というか活躍してくれなきゃ、スタンダードが浮かばれないのでどうか何卒お願いします。
行弘: 期待度:★☆☆☆☆
ついに★1付けれる同盟者が…!?
サーチ能力は強いので、強い相方がいればワンチャンです。

ゲートウォッチ招致(レア)

石村: 期待度:★★☆☆☆
両面プレインズウォーカーをサーチできるなら星三つあげたんですが、できないので可もなく不可もなくの星二つ。
プレインズウォーカーは今後どんどん掘り下げられていくメカニズムだと思うので、将来性は申し分なしです。
行弘: 期待度:★☆☆☆☆
3マナのサーチカードは重すぎますね。統率者戦用ですかね。

エルドラージの寸借者(レア)

石村: 期待度:★★★☆☆
三マナ3/1速攻はギリギリスタンダードで役割を持てるスペックであり、五マナの 《反逆の行動》 モードは文句なしに強力なのでなかなか優秀な一枚です。
無色ビートダウンの下地が整っている赤関連なのも嬉しく、赤無色デッキのメタゲーム進出がどんどん現実的になってきています。
行弘: 期待度:★★★☆☆
3/1速攻のおまけとしては、 《反逆の行動》 は強すぎる気がしますね。期待大です!

鋭い突端(レア)

石村: 期待度:★★☆☆☆
赤白で四マナ起動は厳しい><
二色ミシュラ土地として最低限の働きはしますがかなり使い辛いため、他のミシュラ土地の追加として数枚採用されるかどうかといった立ち位置になるのではないでしょうか。
行弘: 期待度:★★★☆☆
2色出る土地がクリーチャー化する時点でなんだかんだ強いですよね。 《強大化》 とのコンボはいつだって死ねます。

ジェイスの誓い(レア)

石村: 期待度:★★☆☆☆
《精神を刻む者、ジェイス》 を踏襲した素敵なカードデザインですね。
《ヴリンの神童、ジェイス》 《深海の主、キオーラ》 と一緒に墓地利用デッキで使ってみたい一枚です。
しかし、多元宇宙やゲートウォッチもいいけど、ラヴニカやギルドパクトも頼みますよジェイスさん。
行弘: 期待度:★★★☆☆
墓地が増えるので探査との相性が良い、ドローソースですね。伝説のエンチャントなので、後引きで更に前のエンチャントを落として更に墓地を増やせます。

ゼンディカーの代弁者、ニッサはPW期待の星!?12月31日更新分

無情な処罰(レア)

石村: 期待度:★☆☆☆☆
相手に選択権がある懲罰者カードは基本的にロマンカードです。
特にこのカードは二択どころか三択を相手に許してしまうので使い勝手悪すぎておこです。
行弘: 期待度:★☆☆☆☆
選択肢は相手に与えず、主導権は常に握りたい。
そんな亭主関白な男は嫌われちゃいますかね。

鑽火の輝き(アンコモン)

石村: 期待度:★★★☆☆
二マナの除去なら流石に構築戦でも出番があるでしょう。
白は二マナインスタントの選択肢が豊富で嬉しいですね。
行弘: 期待度:★★★★☆
これこれこれぇ! 《糾弾》 程では無いですが、コントロール待望の2マナ除去がついに!
《乱脈な気孔》 も除去できるので、次期環境はよく見かけると思います。

鞭打ちドローン(アンコモン)

石村: 期待度:☆☆☆☆☆
スリヴァーとリシドが合体したみたいな外見ですね。
構築戦を睨むのならせめて自身が出たときにもドレインして欲しかったです。
行弘: 期待度:★★☆☆☆
《搭載歩行機械》 《ピア・ナラーとキラン・ナラー》 等、複数無色のクリーチャーをばらまくカードとの
相性が抜群!本体も先制攻撃を持っているので、攻守に渡って活躍できるでしょう!

反射魔道士(アンコモン)

石村: 期待度:★★☆☆☆
スペックは高いが、どういうデッキに入るのかと問われると返答に困る一枚。
現環境の青白のカードとはイマイチ噛み合わっていないため、タルキールが落ちた後が本番なのかもしれません。
行弘: 期待度:★★★★☆
歴代の 《大クラゲ》 に比べたら最強クラスのスペックですね。
《包囲サイ》 《カマキリの乗り手》 をバウンスしても嬉しい性能には驚愕の一言。
ラリーなんかで使うと面白そうではあります。ところでこいつなんで同盟者ちゃうんすか。

執拗な狩人(アンコモン)

石村: 期待度:☆☆☆☆☆
みんな大好き戦士だよ! やったね!
行弘: 期待度:☆☆☆☆☆
リミテッドでは止めるのが難しい、優秀なアタッカーですね。
首を求めて狩人してるらしいので、通称は「首狩り族」でいきましょう。

エルドラージのミミック(レア)

石村: 期待度:☆☆☆☆☆
初見でギギネブラかと思ったけどよく見たらあまり似ていなかった。
ターン終了時に効果が消えてしまうため、強く使うには 《ファイレクシアン・ドレッドノート》 クラスのパートナーが必要ですが、 《ファイレクシアン・ドレッドノート》 を使うならこの子よりも良いパートナーがいくらでもいるのでちょっとね……。
行弘: 期待度:???
荒地を歩くものが9/9で場に出た場合、9/9になれるのか、彼の評価はそこにかかってる。
出来たら★3、できなかったら★1でお願いします!ルール詳しい方誰か教えてつかぁさい!

ジョラーガの援軍(アンコモン)

石村: 期待度:☆☆☆☆☆
支援の対象は”他”のクリーチャーです!
プレリリースで間違えないように気をつけましょう。
行弘: 期待度:☆☆☆☆☆
ジョラーガァァアアウワァアアジョラーガーァアア!

海門の残骸(レア)

石村: 期待度:★★★☆☆
タップインじゃない! 万歳!
色マナが出ないとはいえ、繰り返しカードが引けて複数枚引いたら複数回起動できる土地が弱いはずありません。
スタンダードで単色のビートダウンデッキやバーンデッキを組む理由になりますし、モダン以下の環境でもメガハンデスやドラゴンストンピィなど手札が枯渇しやすいデッキで活躍してくれることでしょう。
行弘: 期待度:★★★★☆
バーンで使うと強そうですね。というかかなりただ強い土地な気がします…。

永代巡礼者、アイリ(レア)

石村: 期待度:★★★☆☆
文章が長くて読む気がしない方は、下の能力は無視して大丈夫です。
能力が強いか弱いかについては周囲のカードに依存しすぎているためここでは語ることはできませんが、2マナ2/3接死でサクリファイスとライフ回復ができる時点で基礎スペックがかなり高いので何かしらの形で使われるでしょう。
行弘: 期待度:★★★★☆
アイリちゃん流石に2マナ2/3接死は無茶苦茶じゃないですか。
自分は生贄に捧げられないものの、起動コストが軽いサクリ台なので、スタンのおやつカンパニー作れそうですね。

ゼンディカーの代弁者、ニッサ(神話レア)

石村: 期待度:★★★★☆
自分の身を守れる三マナのプレインズウォーカーということで、地味に見えてなかなかのお化けカードです。
緑のダブルシンボルがネックですが、コントロール相手はあっさり奥義まで繋がることも多そうですし、上二つの能力を交互に起動するだけでもプレッシャーは相当なので、緑が環境にいる限り見かけない日はないでしょう。
行弘: 期待度:★★★☆☆
《硬化した鱗》 が最後の花を咲かせる事ができるのか!?緑単ビートダウン組みたいですなぁ。

精神溶かし(アンコモン)

石村: 期待度:☆☆☆☆☆
リミテッドでは良いバランスのカードですね。なお構築では…
行弘: 期待度:☆☆☆☆☆
精神溶かしで手札全部溶かした人の顔下さい!

大いなる歪み、コジレックはトップレア!?12月30日更新分

大いなる歪み、コジレック(神話レア)

石村: 期待度:★★★★★
大量ドロー! 擬似除去耐性!
新ウラモグや旧エムラクールのような四枚採用されるタイプのカードではありませんが、少数採用してフィニッシャーとして使用した時の勝利貢献度はそれらに勝るとも劣らずのものです。
《ウギンの目》 《ウギンの聖域》 からサーチしてプレイできると思うとたまりませんね!
モダンの 《蔵の開放》 コンボのような手札をマナに変えるタイプのコンボデッキと相性がいいため、そのようなタイプのデッキの躍進の起爆剤になるかもしれません。
行弘: 期待度:★★★★★
いやいや、こらあかんでしょ。
場に出るに際しドロー、その後手札の呪文全て打消しになると、能力がかみ合いすぎてます。
全ての環境で活躍できる可能性がある、非常に強力なフィニッシャーです。
ひっそりと付いている威迫を忘れないようにしましょう。

終末を招くもの(レア)

石村: 期待度:★☆☆☆☆
書いてあることは優秀なものの、プレイしたターンに盤面に影響を与えられず、除去耐性の無いクリーチャーはリミテッド番町の壁を越えられません。
あまり期待はしていませんが、うっかり戦場に残った時の制圧力は高い方なので星一つ。
行弘: 期待度:★☆☆☆☆
6マナのシステムクリーチャーは余程強力で無いと使われませんが、やれる事が多彩なので、単色のデッキのフィニッシャーとして採用される事に期待しましょう。

荒地を歩くもの(アンコモン)

石村: 期待度:★★☆☆☆
五マナで10/10越えを狙える逸材!
しかし 《荒地》 だらけのデッキの武器がこいつだけでは心もとないので、活躍できるかどうかはレアか神話レアにいるはずの無色マナ利用の親玉にかかっています。
行弘: 期待度:★★★☆☆
あまりにもパワフルな性能に思わず★3付けちゃいました。
このカードが構築で使われるかどうかは、無色単が作れるカードプールが今後出るかどうかにかかっています。
リミテッドでは最低4/4トランプルは保証されているので、無色マナが5枚くらいあれば採用する価値ありです。

次元の歪曲(アンコモン)

石村: 期待度:★★★☆☆
全色が求めていた待望のニマナの優秀除去の登場です!
クリーチャーのパワーを上げてフィニッシュブローにも使える超優秀除去と手放しで褒めたいところですが、問題となるのは未知のシステム無色マナ。
ダメージランドがあるとはいえ、三色以上のデッキで運用するには一工夫必要であり、特に今のフェッチ土地&新デュアル土地のマナベースとの相性は最悪です。
そのため、無色マナを使った強いカードが多く登場すれば今の四色で組むのが基本なスタンダード環境に変化が出るかもしれませんね
行弘: 期待度:★★★★★
青単が優秀な除去を手に入れたと考えると、全ての環境に影響を及ぼしそうなカードですね。
スタンダードでも、無色デッキを作る時にほぼ4枚採用できる除去で、今後見かける機会は多いのでは無いでしょうか。

ムンダの先兵(レア)

石村: 期待度:☆☆☆☆☆
リミテッドでもタイムラグが手痛くイマイチ。
同盟者のぶんをオマケして 《幽霊の歩哨》 といい勝負くらいの認識です。
行弘: 期待度:☆☆☆☆☆
同盟者って何かやらかしたんですかね…?

岩屋の装備役(レア)

石村: 期待度:★☆☆☆☆
能力の影響力が小さいため、構築戦では居場所を見つけることに難儀します。
リミテッドでは 《灰色熊》 の同盟者の時点で最低限を満たしているので、積極的にピックして彼のために装備品を準備してあげましょう。
行弘: 期待度:★★☆☆☆
《頭蓋骨絞め》 のような能力ですが、ドローできるのが1枚と非常に控え目。
装備コストが0の装備品が今後公開されれば、化けるかもしれません。

戮力協心(コモン)

石村: 期待度:☆☆☆☆☆
りくりょく-きょうしん【戮力協心】
意味:全員の力を結集し、一致協力して任務に当たること。
出典:新明解四字熟語辞典
一マナクリーチャーからのビートダウンに正当性を与えるリミテッドの良カードですね。
行弘: 期待度:☆☆☆☆☆
先にやろうとしたネタ取られた!
キャントリップも相まって、リミテッドでは優秀な強化カードです。

押し潰す触手(神話レア)

石村: 期待度:★★☆☆☆
ダイナミック触手プレイ。
面白いカードであり、好きか嫌いかだと好きですが、残念ながら第一線ではあまり活躍できないタイプのカードです。
中盤戦で安定して怒涛でプレイできる場合はスタンダードのパワーレベルを越えるので、まかり間違って次のブロックでフリースペルやピッチスペル、ファイレクシアマナのようなシステムが登場した場合は化けるかもしれません。
行弘: 期待度:★★★☆☆
悔しい!こんな触手に★3つもあげちゃうなんて…!
盤面を完全にリセットするのはバウンスといえども非常に強力です。怒涛を6~7マナで達成できると、不利な盤面を一気に押し返せそうです。

比較分析(コモン)

石村: 期待度:★★☆☆☆
五ターン目にニマナ除去をプレイしながら使えるかもしれない 《霊感》
それ以上でもそれ以下でもない普通のカードです。
行弘: 期待度:★☆☆☆☆
《宝船の巡航》 のせいで、ドローに関しては慎重な調整をしているのが分かる1枚。

深水潜み(レア)

石村: 期待度:☆☆☆☆☆
リミテッド! では! そこそこ! 強いです!
レアなだけあって、無色マナが出なくても十分なスペックがあるのが嬉しいところですね。
行弘: 期待度:☆☆☆☆☆
深水にいるんだし、関わらないが板。

戦慄の汚染者(レア)

石村: 期待度:★☆☆☆☆
コストの重さは罪です。
《絶え間ない飢餓、ウラモグ》 を二枚除外すれば勝てるところに夢を感じますが、夢は夢のまま触れないでおくのが美しくて素敵だと僕は思います。
行弘: 期待度:☆☆☆☆☆
あまりの重さに戦慄しました。

ゴブリンの闇住まい(レア)

石村: 期待度:★★★☆☆
この手のカードには珍しく攻撃時能力ではなく、戦場に出たとき能力なんですね、強い!
《コラガンの命令》 《破滅の道》 のような除去をプレイするだけでも強いので間違いなく使われるでしょう。
《煮えたぎる歌》 があればモダンで楽しそうだっただけにちょっと残念ですが、似たようなマナ加速呪文をはじめとして相性がよさそうなカードは数多く存在しているので、モダンでも姿を見かけることがあるかもしれません。
行弘: 期待度:★★★★☆
呪文回収では無く、そのまま唱えられるのは流石にやんちゃすぎて手でてまいます。
スタンで活躍するのは間違い無く、モダン以下の環境では5マナの重さがネックとなりますが、ワンチャンジャンドなんかで1~2枚使うと面白そうではあります。

ヴァラクートの暴君(レア)

石村: 期待度:★☆☆☆☆
七マナで5/4飛行をプレイするのは流石にご冗談なので、主に怒涛でプレイすることを考えての評価になりますが、赤で五マナのカードを怒涛でプレイするのはかなりハードルが高いです。
《煮えたぎる歌》 《魔力変》 のようなカードが数枠あれば、使用可能ラインを上回りはしますが、手札が尽きた後の弱さを考えるとデメリットがとても大きい一枚です。
行弘: 期待度:☆☆☆☆☆
怒涛コストで出しても大した事せず、素のコストが重すぎる。
そんな評価を受けたヴァラクートの暴君は、発売日からストレージやファイルから出る事ができず、ヴァラクートの暴君はそのうち考える事を止めた。

無謀な奇襲隊(アンコモン)

石村: 期待度:★★☆☆☆
《ゴブリンの奇襲隊》 が姿を変えての登場です。
元カードと同様に速攻デッキで有用な能力を持っているのでアタルカレッドのような赤いトークンデッキなどで姿を見かけることになるでしょう。
また同盟者なので、赤白同盟者が組まれた場合はキーカードの一枚になるかもしれません。
行弘: 期待度:★★★☆☆
《ゴブリンの奇襲隊》 好きだったので、★3つです!
トークンデッキで強いのは言うまでもなく、赤緑上陸等軽いクリーチャーを多めに採用しているデッキでも採用されそうです。

林鹿騎兵隊(レア)

石村: 期待度:★☆☆☆☆
MTGの鹿ってなんかやたらサイズ大きくないですか?
支援は相手クリーチャーにもカウンターを乗せられるので、そこを利用して何か面白いことをしたいところです。
また、エルフには珍しく高いパワーとタフネスを持っているので、エルフデッキの構成次第では出番が来ることがあるかもしれません。
行弘: 手でてまう度:★★★★★
リミテッドで出されたら手出てまう期待度です。

末裔招き(コモン)

石村: 期待度:★☆☆☆☆
リミテッドはともかく、構築では 《末裔の呼び出し》 と一長一短なスペックですのでお声がかかることはまず無いでしょう。
行弘: 期待度:☆☆☆☆☆
リミテッドでは3マナ3/3相当なので 《末裔の呼び出し》 よりは強そうです。

遺跡潜り、ジョリー・エン(レア)

石村: 期待度:★☆☆☆☆
ハードルを乗り越えた成果がカード一枚だけでは満足できません。
行弘: 期待度:★☆☆☆☆
プレイ後 《ギタクシア派の調査》 で2ドローできるので、モダン以下でワンチャン?

鏡の池(神話レア)

石村: 期待度:★★☆☆☆
《第二の日の出》 が現役なら 《精力の護符》 あたりと組ませてわちゃわちゃできそうだったのでちょっと残念。
無色のタップイン土地故にかなりデッキを選びますが、何をコピーしても最低限のはたらきはしますし、インスタントタイミングで起動できるため状況を選ばずに活躍できるので姿を見かけることはあるでしょう。
行弘: 期待度:★★★★★
土地もここまできたか…と唸る性能。
呪文コピー、クリーチャーコピーと土地ながらなんでもできる万能感がやばいですね。
《龍王オジュタイ》 で攻撃し、除去が飛んで来たらスタックでコピーし、新たな 《龍王オジュタイ》 を作る動きが強そうですし、相手のエンド時に 《時を越えた探索》 からのコピーもやばそうですね。

オラン=リーフの廃墟(レア)

石村: 期待度:★★☆☆☆
無色単デッキや欠色ビートダウンデッキが誕生すればそのマナ基盤として使われるのではないでしょうか。
《搭載歩行機械》 《飛行機械技師》 と相性がいいので、このカードをマナベースに組み込んで無色マナのカードを採用した赤茶単を組んでみたいところです。
行弘: 期待度:★★★☆☆
《幽霊火の刃》 とこの土地を採用した、無色ビートダウンはかなり現実的で強そうです。
リミテッドでも無色だけでなく、欠色のクリーチャーも強化できるので、非常に強力です。

崩壊する痕跡(コモン)

石村: 期待度:★☆☆☆☆
《精力の護符》 とプチコンボするように、小技が利くカードなのでコンボチックなデッキで姿を見かけることがあるかもしれません。
行弘: 期待度:★★★★☆
出た時は色マナサポートで、その後は◇マナのサポートと、エキスパンションにマッチした強力な土地です。

未知の岸(コモン)

石村: 期待度:★☆☆☆☆
お早いお帰りですね。
リミテッドでは無色土地と多色土地を兼ねる優秀な土地なので、 《進化する未開地》 同様に早い順手から積極的にピックしていっていいでしょう。
行弘: 期待度:★★☆☆☆
◇マナも色マナも必要なデッキならば、優秀な2色土地と言えるので構築でも出番がありそうです。
連載コラム

ライター
ライターコラム

Page Top