企画記事

行弘賢のグランプリ香港レポート!

51246e97 0a85 4f4a 837c ce6b85b9583a
皆さんこんにちは!Dig.cards所属プロの行弘賢です!

今回はマジック・オリジンのリミテッドGP香港に参加してきたので、そのレポートをお送りさせていただきます。

今回はTwitterでもリアルタイムレポートを投稿させていただきましたので、そちらもよかったらご覧ください!

1.マジック・オリジンシールドの極意!?

マジック・オリジンリミテッドの特徴は、『除去が弱い』事と、『アドバンテージを獲得する手段が乏しい』ことにあります。

つまりこの環境では、マナカーブ順に強いクリーチャーを唱え続け、それをコンバットトリックでサポートする戦略が正統派の戦略と言えます。

皆が皆この戦略を取ることが予想されるので、どこかで差をつけるために、他に戦略を用意する必要がありました。

シールドはドラフトと違い、ビートダウンが強い環境とはいえども、そこまで早い環境ではありません。ですが、環境が前のめりデッキを組む用に作られているので、基本的には完成度がそこまで高くないビートダウンデッキが環境に多くあると考えられます。

じゃぁどうするのが理想かと言われれば、『序盤をいなして重いカードで勝負する』というのが理想なのですが、前述した『除去が弱い』事と、『アドバンテージを獲得する手段が乏しい』ことにより、コントロールデッキをシールドで組むのは難しく、理想通りのプールを貰える事はほとんど無いと言えるでしょう。

では、どんなプールでもできる工夫とは何か、とシールドの練習中に思考、思案した所、2つの戦略にいきつきました。それは、

土地を出来る限り16枚にする。
重めのクリーチャーを出来る限り採用する。


というものです。

土地を16枚にするのは、マナフラッド防止のためです。
除去が弱く、お互いがクリーチャーどうしで消耗しあうので、極論ゲームはほぼ長引くものとなります。そうなった時に負けるのはマナフラッドした側です。

勿論マナスクリューで負ける事もあると思いますが、マナフラッドと天秤にかけた時に、マナフラッドの方が敗北する可能性が高く、土地を絞ったほうが良いと判断しました。

重めのクリーチャーを採用するのもマナフラッド対策としてです。
この点は出来るなら強力なレアで補えればベストなのですが、そうで無い場合は 《火山の彷徨》 《巨森を喰らうもの》 等、ドラフトでは23枚目になりがちな彼らですら、エースになりえるので、積極的に採用しましょう。

この理論、間違いでは無いと信じて、いざ本戦へ! 

2.GP香港本戦

2bye
××赤白(色事故、マナフラッド)
××青白(2ランドストップ×2)
○○赤白(相手の2事故)
○○赤白(相手の2事故)
○×○緑白(3本目は相手がダブルマリガン)
○○緑黒(2本目は相手がマナフラッド)
×○×赤白(3本目はマリガンから初手からスペル1枚しか引かず負け)

基本セットのシールドはこれだから!!!
ヤソ八十岡 翔太)と2人で、初日落ちしたシールドはここ最近で基本セットとモダマス関連だけ!と、愚痴りあい、対策をした所で、環境の概念を乗り越える事はできませんでした、トホホ・・・。
線が細くレアも1枚だけと貧相なプールでした・・・。
プールに使えそうなレアが 《精霊信者の剣》 しか無く、クリーチャーの線が細い青赤となってしまい、相手のマナフラッド待ちのようなデッキを作るしかなかった事も今回の敗因だと思いますが、検討しても青赤以外に組みようが無いので、今回に関してはしょうがないと割り切りました。土地もダブルシンボルの総量的に17枚にせざるをえなかったので、もうちょっと工夫しやすいプールが欲しかったですね。

上段は全部赤系対策!
2日目はスーパーサンデーシリーズに出ました。シールドはもうこりごりなので、スタンダードにエントリー!直前のプロツアーで赤単が優勝した事もあり、プロツアーで使用したスタンダードの緑白鱗デッキのサイドボードを赤対策を多めに変更だけして出場!全8回戦で、

○○緑白エンチャント
○○アブザンコントロール
○○青白コントロール
○○赤単
×○×アブザンコントロール
○○緑t赤信心
××マルドゥドラゴン
○○ジェスカイウィンズ

と2敗で終えたものの、惜しくも5位でTOP4ならずと、悔しい結果でした。
相変わらず除去が多数入ったミッドレンジは相性が悪いので、WMCQでは、その点も克服したデッキを使えるように頑張りたいと思います。

3.お知らせ!

プロツアーレポートでも告知させていただきましたが、行弘賢の個人コミュニティ『deathsnow』での配信を再開いたしました!WMCQのデッキの調整の様子等を見ることができると思いますので、配信の方もよろしくお願いいたします!

Dig.cardsでの公式配信も予定しています!やって欲しい企画等ありましたら、Twitterにてご意見いただけたら幸いです。

今回のTwitterレポートは、今後も継続してやっていく予定ですので、アカウントの方もフォローよろしくお願いします!

今回は本戦の方は散々でしたが、サイドイベントのSSSでデッキの調整もできたことは良かったです。
これから日本代表に向けてまた1ヶ月間がんばっていきますので、応援よろしくお願いいたします!

それではまた次回の記事でお会いしましょう!
連載コラム

ライター
ライターコラム

Page Top