革命ファイナルカップ 関東エリア代表戦決定戦

決勝ラウンド第1回戦​:さわ vs. 七輝

29342bbb a89c 419c b18e b3731b923d70
いよいよ予選ラウンド7回戦で上位に残った猛者たちによる決勝トーナメントがはじまる。
 
と、言いたいところだが、今までの会場と同様に、決勝トーナメントから参戦する「権利持ち」のプレイヤーと予選を下位で抜けてきたプレイヤーによる、決勝ラウンド第1回戦が先に行われる。
 
「今日デッキを回すのは、はじめてなんだけどな」
 
そう言いながら、不慣れな様子で最終禁断フィールドに封印をつけていくプレイヤーは、GP2ndでTOP8となって権利を獲得した、七輝(ななてる)だ。
 
その後の活躍もめざましく、夏に東京で行われたカードゲーム・エキスポ2016という祭典で行われたCSの優勝をはじめとして、限られた時間でゲームに携わり、絶好のパフォーマンスを見せていたのだった。
 
そんな彼が今回手にしたデッキは【ドルマゲドンX】。
中部大会の時より研究がさらに進み、この関東大会では使用者が激増したともっぱらの噂だ。
 
果たして彼はどんな【ドルマゲドンX】を見せてくれるのか。
  
 
気合の入ったじゃんけんが行われ、先攻は七輝。
 
七輝は序盤、 《熱血龍 バトクロス・バトル》 《音階の精霊龍 コルティオール》 《第三種 ベロリンガー》 とトリガードラゴンたちを次々にマナへ置いていく。
 
対するさわも、 《大聖堂 ベルファーレ》 《タイム3 シド》 《パイレーツ・チャージャー》 と、闇入りの【ミラダンテVV8】のようなカードをマナに置いていき、お互いに静かな立ち上がりとなる。
 
先に動いたのは七輝で、 《解体人形ジェニー》 を召喚。さわの 《裏切りの魔狼月下城》 を墓地へ送りつつ、2枚の 《時の秘術師 ミラクルスター》 を確認する。
さわは1枚 《時の秘術師 ミラクルスター》 をマナへ置き、そのままターンを返す。
 
七輝はさらに 《白骨の守護者ホネンビー》 《絶叫の悪魔龍 イーヴィル・ヒート》 で墓地回収をしつつ、盤面を展開していくが、さわがきっちり6ターン目に 《禁断機関 VV-8》 を召喚。やがてゲームに大きな影響を与える禁断の兵器がセットされる。
 
七輝のターン。

ひとつひとつのアクションを考えつつ、 《第三種 ベロリンガー》 を召喚。

封印を一つ外し、手札破壊の能力を使うか伺う。
 
相当な時間をかけて使用する事を選択すると、さわは 《ブレイン・タッチ》 《時の秘術師 ミラクルスター》 を捨て、墓地の呪文がさわの手札に一気に戻っていく。 《裏切りの魔狼月下城》 が再利用される事を察知した七輝は、このターンから攻めだすことを決意。

《絶叫の悪魔龍 イーヴィル・ヒート》 から革命チェンジで 《蒼き団長 ドギラゴン剣》 、ファイナル革命でふたたび 《絶叫の悪魔龍 イーヴィル・ヒート》 を出し、シールドをT・ブレイクしていく。
 
さわはこれを受けるが、2枚目のシールドから 《青寂の精霊龍 カーネル》 が出現。

《絶叫の悪魔龍 イーヴィル・ヒート》 の動きを止め、さらに七輝のターン終了時に 《ZERO ハンド》 を唱える事で 《蒼き団長 ドギラゴン剣》 を倒す。
 
続くさわのターン。

七輝も予想していたように 《裏切りの魔狼月下城》 で七輝の持つ手札をすべて処理すると、 《ドラゴンズ・サイン》 から 《大聖堂 ベルファーレ》 が登場、七輝の2体のクリーチャの動きを止める。

《禁断機関 VV-8》 の封印がひとつ外され、さわもまたゲームの制圧に乗り出す。
 
ゲームがさわに傾きそうなこのシーン、七輝は 《絶叫の悪魔龍 イーヴィル・ヒート》 をトップデッキし、そのまま召喚して封印を一つ外す。
 
考えた末に七輝が回収したのは 《ZEROの侵略 ブラックアウト》

相手の革命チェンジに大きくけん制をかけつつ、最終禁断の封印を残り一つとする。
 
しかし、さわは 《ブレイン・タッチ》 でこの 《ZEROの侵略 ブラックアウト》 のキープを許さない。

そこから 《大聖堂 ベルファーレ》 でタップされている 《絶叫の悪魔龍 イーヴィル・ヒート》 に攻撃へ向かい、再び 《大聖堂 ベルファーレ》 へ革命チェンジ。

さらに 《青寂の精霊龍 カーネル》 もクリーチャーに攻撃し、 《時の法皇 ミラダンテXII》 へと革命チェンジする事で《禁断起動 VV-8》が解放され、禁断起動で追加ターンが発生。

七輝のクリーチャーを次々と対処していく。
 
そして、さわの追加ターン。

なんと2枚目の 《禁断機関 VV-8》 を設置し、手札を充実させつつ、このターン中にふたたび禁断起動をしようという構え。
 
七輝の場にある小型クリーチャーを革命チェンジしつつ倒すと、 《時の法皇 ミラダンテXII》 への革命チェンジと、能力で唱えた 《ドラゴンズ・サイン》 でこのターン出した 《禁断機関 VV-8》 も即解放され、さわはふたたび追加1ターンを手に入れる。
 
しかしここで制限時間は終了。

後攻のターンまでゲームを続け、決着がつかなければシールド枚数が多いほうが勝利となる。

さわのシールドは2枚、七輝のシールドは5枚となっており、後攻のプレイヤーであるさわが4枚以上シールドをブレイクすることができれば勝利が確定する。
 
《時の法皇 ミラダンテXII》 によって、次々と七輝のシールドをブレイクすると3枚目のシールドから出てきたのは 《熱血龍 バトクロス・バトル》
 
最後の封印が外され、 《終焉の禁断 ドルマゲドンX》 が降臨、さわの6体のクリーチャーに通常の方法では外せない封印が置かれ、さわもまた窮地に陥る。
 
しかし、七輝の盤面を丁寧に処理していたプレイもあってか、さわには禁断起動達成による追加の1ターンが残っていた。
 
この追加ターン、さわは少し悩んでから 《大聖堂 ベルファーレ》 《終焉の禁断 ドルマゲドンX》 の動きを止めてターンを返す。
 
《終焉の禁断 ドルマゲドンX》 によって千載一遇のチャンスを得た七輝だが、 《時の法皇 ミラダンテXII》 によって、コスト7以下の召喚は封じられており、先の 《大聖堂 ベルファーレ》 によって 《終焉の禁断 ドルマゲドンX》 も動きを止められている。
 
結局、七輝にさわの 《大聖堂 ベルファーレ》 を止めるすべはなく、次のターンにW・ブレイクを受けることでサドンデスにおける勝利判定が、さわに下されるのだった。
 
さわ Win!!
 
試合終了後、七輝は悔しくも冷静に語る。
 
「トップ 《絶叫の悪魔龍 イーヴィル・ヒート》 もしたし、シールドから 《熱血龍 バトクロス・バトル》 も出てきてくれたので、やれることはやりました」
 
この時さわのデッキは残り1枚。
決勝トーナメント緒戦にふさわしい、紙一重の試合展開となった。
 
さわ、相性差も覆すジャイアントキリングでまずは第一関門突破!
レポート

ライター
ライターコラム

Page Top