革命ファイナルカップ 関東エリア代表戦決定戦

決勝ラウンド​準決勝:DNA vs. 大根

Bc831883 c9e8 45b3 9038 88ab1b021803
関東エリア大会も、2戦を残す所まで来て、現時点でこの革命ファイナル限定構築が大きくわけて4種類のデッキで構成されていることがわかってきた。

まずは、1マナクリーチャーや2マナスピード・アタッカーから5マナのドラゴンに、そして 《蒼き団長 ドギラゴン剣》 へと高速展開する環境最速の成長バスター。

続いて 《時の法皇 ミラダンテXII》 《禁断機関 VV-8》 という2枚のレジェンドの力をいかんなく発揮し、圧倒的なコントロール力を発揮する光水ミラダンテVV-8。

新弾の禁断レジェンド 《終焉の禁断 ドルマゲドンX》 のカードパワーと、主に闇のコントロールカードを使用する火闇ドルマゲドンX。

そして、 《獅子王の遺跡》 による圧倒的なマナ加速を 《謎帥の艦隊》 ループからの 《ジョリー・ザ・ジョニー Joe》 《オールデリート》 につなげるビッグマナ系。

現時点で、この4種のアーキタイプがしのぎを削っていると言っていいだろう。

だが、そんな中 《荒ぶる大佐 ダイリュウガン》 がダイレクトアタックを決めているとの情報を聞きつけた。というわけで、この準決勝では《メンデルス・ゾーン》とドラゴンで彩られた火光自然ドラゴンを使用する大根のマッチをお届けしよう。
先手の大根は1ターン目の 《刀の3号 カツえもん》 から2ターン目に《メンデルス・ゾーン》をプレイ。マナ加速こそ1枚だったものの、マナチャージを続けるのみのDNAに対して先手をとり、さらに2枚目の《メンデルス・ゾーン》では2マナ加速することに成功する。
続くターンにDNAは 《ボーンおどり・チャージャー》 をプレイし、マナ差を少し埋めるが、大根はこの時点ですでに7マナ。 《葉嵐類 ブルトラプス》 を召喚してターンを終える。一方で5マナのDNAは《終断X ドルブロ》を召喚して封印を1枚外すとターンを終える。

ここで大根は 《メガ・スピア・ドラゴン》 を召喚すると、 《葉嵐類 ブルトラプス》 《蒼き団長 ドギラゴン剣》 へと革命チェンジ。ファイナル革命でマナゾーンから 《刀の3号 カツえもん》 を2体だすと、能力で《終断X ドルブロ》をマナゾーンへと送り込む。

この3枚のブレイクでトリガーを引けなかったDNAだったが、続く 《メガ・スピア・ドラゴン》 のブレイクで最後に 《禁断V キザム》 をトリガーし、封印を解除し、スレイヤーを付与する。しかし 《刀の3号 カツえもん》 は3マナでパワー5000というオーバースペックのクリーチャーであり、スレイヤーを得た 《禁断V キザム》 でも2体対処ができない。

ここで 《刀の3号 カツえもん》 2体にスピードアタッカーを与えている 《蒼き団長 ドギラゴン剣》 を除去すれば、1ターン生き残る可能性もあったが、DNAは 《刀の3号 カツえもん》 を1体除去することを選択、残る1体によるダイレクトアタックを受けるのだった。

Winner:大根
レポート

ライター
ライターコラム

Page Top