革命ファイナルカップ 関東エリア代表戦決定戦

​第5回戦:Sim vs. ヒロリン

Cd903517 d98d 4935 ad96 1b3af7d7efdf
《蒼き団長 ドギラゴン剣》
《百族の長 プチョヘンザ》
《時の法皇 ミラダンテXII》

3体のファイナル革命を持つ革命軍のレジェンド。

《伝説の禁断 ドキンダムX》
《禁断機関 VV-8》
《終焉の禁断 ドルマゲドンX》

3体の禁断クリーチャー。

それぞれの勢力のレジェンドクラスのクリーチャーが数多のデッキを生みだし、メタゲームを彩っている革命ファイナル限定環境。

だが、みんな思い出して欲しい。

革命軍と戦っていた勢力は元々はだれだったか?

そう、革命ファイナル第1章で革命軍を苦しめていたのは、マスター・イニシャルズたちだったはずだ。

しかし、禁断の力から逃れ、マスター侵略者として 《終焉の禁断 ドルマゲドンX》 の封印を解除する 《ZEROの侵略 ブラックアウト》 を除けば、マスター・イニシャルズの姿は無い。 《D2G ゴッドファーザー》 なんてもちろんだ。

もちろん、D2フィールドは環境の重要なパーツとなっているのだが、その支配者たるマスターたちの活躍もみたい!というわけで、このラウンドでは、環境唯一と言っていいマスター・イニシャルズデッキである 《D2B バブール》 デッキを使用するSimの戦いをお届けしよう。

対するヒロリンが使用するのは革命軍と禁断が手を組んだ環境最強デッキ、光水ミラダンテVV-8だ。
じゃんけんで先手はヒロリン。1ターン目に 《青寂の精霊龍 カーネル》 をマナチャージする。おそらく、この環境で採用率トップに近いシールド・トリガーだけに、このエリア予選シーズンで何度1ターン目にチャージされたかわからない。

対するSimが1ターン目にチャージしたのは、おそらくほとんどのプレイヤーがチャージしたことのない 《ベイB ソーター》 。そのまま、3ターン目にはこのゲームのファーストアクションとなる 《青銅の鎧》 召喚までゲームを進め、これで増えたマナが 《Dの揺籠 メリーボーイラウンド》

ここでヒロリンが 《解体人形ジェニー》 を召喚しSimの手札を見ると、「全部テキスト確認してもいいですか」と一言。

ここで開示されたのは 《冒険妖精ポレゴン》 《青銅の鎧》 に、 《ベイB ポレポレ》 《ベイB ソーター》 《D2B バブール》 というもの。熟読の末に、ヒロリンはD2フィールド回収能力を持つ 《ベイB ポレポレ》 をディスカードさせる。
そのまま互いにアクション無く、ついにヒロリンの6ターン目。6マナを使用しての 《禁断機関 VV-8》 召喚を許してしまう。これで、どのタイミングからでもカウンターを食らう可能性ができてしまったSim。続くターンに 《Dの花道 ズンドコ晴れ舞台》 を展開すると 《予言の玉 クルルト》 《ベイB ソーター》 と展開しマナを増やすが、目当てである 《D2Y ヨー・サーク》 がマナゾーンに落ちることはない。

改めて 《Dの花道 ズンドコ晴れ舞台》 の効果を確認したヒロリンは 《時の秘術師 ミラクルスター》 を召喚し、封印に置いてある確認済みの 《パイレーツ・チャージャー》 を墓地に送り込むと、そのまま 《時の秘術師 ミラクルスター》 で回収し、ターンを終える。

続くターン、Simはドローをすると「よしっ!」と一言。そう、ここでのトップデックは何よりもほしかった 《D2Y ヨー・サーク》 だったのだ。 《D2Y ヨー・サーク》 《Dの花道 ズンドコ晴れ舞台》 が揃ってしまったことで、1マナのクリーチャーをマナゾーンから召喚してはマナを伸ばすというコンボが完成してしまう。

ここから、2体の 《予言の玉 クルルト》 から 《D2B バブール》 《ベイB ジャック》 《ベイB ジャック》 の力でバトルゾーンのクリーチャーもマナとして使えるようになってから2体の 《ベイB ソーター》 《冒険妖精ポレゴン》 、再び 《ベイB ジャック》 《D2B バブール》 《ベイB ソーター》 、3体目の 《ベイB ジャック》 と気の遠くなる様な数の1マナクリーチャーをマナゾーンから呼び出し続ける。

これにはヒロリンも苦笑いなのだが、ここでマナゾーンへの1マナクリーチャーの供給が止まってしまい、Simも「ここで止まるのかよ」と思わずもらす。そう、マナゾーンにある 《Dの揺籠 メリーボーイラウンド》 を回収する 《ベイB ポレポレ》 だけが出せず、結果、次のターンの一斉アタックもできないのだ。

なににしろターンが帰ってきたヒロリン。まずは 《パイレーツ・チャージャー》 をプレイし、 《時の秘術師 ミラクルスター》 のアタックを 《時の法皇 ミラダンテXII》 へと革命チャンジし、 《ドラゴンズ・サイン》 から 《大聖堂 ベルファーレ》 を呼び出しブロッカーである 《予言の玉 クルルト》 を2体タップしつつ、禁断起動。

この 《時の法皇 ミラダンテXII》 のアタックは最後に残った 《予言の玉 クルルト》 でブロックしたSim。ヒロリンは続いて 《禁断機関 VV-8》 でアタック。この3枚にトリガーはなかったが、続く 《解体人形ジェニー》 のアタックでは 《DNA・スパーク》 をトリガーし、シールドを回復する。

禁断起動で獲得した追加ターン、ヒロリンは 《大聖堂 ベルファーレ》 を召喚して 《D2B バブール》 2体をタップする。そして、長考の末に 《大聖堂 ベルファーレ》 のアタックを 《時の法皇 ミラダンテXII》 へと革命チェンジ。能力で 《ドラゴンズ・サイン》 を使用すると 《大聖堂 ベルファーレ》 をさらにバトルゾーンに出す。

ヒロリンはさらに 《時の法皇 ミラダンテXII》 《ベイB ジャック》 へとアタックし 《時の秘術師 ミラクルスター》 へと革命チェンジするが、ここで惜しくも時間切れとなってしまい、後攻のSimの次のターンでゲームが終了することとなる。

だが、Simのターンを待たずしてヒロリンは 《禁断機関 VV-8》 でSimの最後のシールド2枚をブレイクし、 《解体人形ジェニー》 でゲームを決めたのだった。

Winner:ヒロリン
レポート

ライター
ライターコラム

Page Top