革命ファイナルカップ 関東エリア代表戦決定戦

決勝ラウンドCブロック決勝戦:​ひなた vs. ナカジマ

31675596 6f4e 487e a383 044a2c6260b9
Cブロックの決勝卓では、試合開始前から、激しいトラッシュトークが炸裂する。
 
親しい友人と決勝で対面するというのは、非常に貴重、かつ嬉しい体験だ。

まもなくして、この日最大の対戦が開始される。
 
うらみっこなしのじゃんけんを交わした結果、先攻はナカジマ。

バトルゾーンには彼の”最終禁断フィールド”が佇んでいる。
 
ナカジマは 《熱血龍 バトクロス・バトル》 、ひなたは 《音階の精霊龍 コルティオール》 のマナチャージからスタート。
 
続いてナカジマは、 《虹彩奪取 ブラッドギア》 を召喚し、対するひなたも 《ブレイン・タッチ》 をマナチャージし、闇入りのアレンジが施された【ミラダンテVV8】の様相を見せる。
 
1ターン間を置いて、ナカジマが召喚したのは 《暗黒鎧 ヴェイダー》

これまでフィーチャーしてきた【ドルマゲドンX】とは一風違うような動きを見せる。
 
対するひなたも 《解体人形ジェニー》 を召喚し、ナカジマの次のアクションとなる 《絶叫の悪魔龍 イーヴィル・ヒート》 を墓地へ落とすが、他にも 《蒼き団長 ドギラゴン剣》 《ZEROの侵略 ブラックアウト》 といった強烈なレジェンドカードが見える。
 
次なるアクションを阻害されたナカジマはマナチャージのみでターンを終了し、 《暗黒鎧 ヴェイダー》 の能力によって、ナカジマに新たな手札が補給されていく。
 
ひなたはこの 《暗黒鎧 ヴェイダー》 を対処したいが、このターンマナチャージしても5マナしかなく、対応はできそうもない。

少し考えてからプレイしたのは 《ドラゴンズ・サイン》 からの 《時の秘術師 ミラクルスター》

その能力によって、損失なく主力ドラゴンをバトルゾーンに送り出すことに成功する。
 
が、コストを支払わずにクリーチャーが出された事で、ナカジマも「侵略ZERO」を発動させ、 《ZEROの侵略 ブラックアウト》 を出しつつ 《FORBIDDEN STAR~世界最後の日~》 の封印を外し、その能力で 《解体人形ジェニー》 を破壊する。
 
そのままナカジマのターンへと入り、2枚になったひなたの手札を 《第三種 ベロリンガー》 を召喚する事で、日向の持つ 《ドラゴンズ・サイン》 、そして 《ZERO ハンド》 を捨てさせ、ターンの終わりには、 《暗黒鎧 ヴェイダー》 が手札を補給するため、ナカジマとひなたの間には更には手札枚数差がつく。
 
日向はドローしたカードを見て長考する。

やがて、覚悟を決めたかのように 《時の秘術師 ミラクルスター》 で攻撃を宣言、 《時の法皇 ミラダンテXII》 へと革命チェンジし、ファイナル革命によるコスト7以下の召喚禁止と1枚ドローで攻めきる決意をする。
 
しかし、ここでもまたナカジマは侵略ZEROによって、 《ZEROの侵略 ブラックアウト》 をバトルゾーンに送り”最終禁断”の封印を外していく。
 
返しのターン、ナカジマは 《第三種 ベロリンガー》 《時の法皇 ミラダンテXII》 で攻撃し、こちらも 《蒼き団長 ドギラゴン剣》 に革命チェンジ。

ファイナル革命で 《第三種 ベロリンガー》 をプレイし、 《時の秘術師 ミラクルスター》 を持つ日向の手札を躊躇なく潰しにかかる。
 
これにより、ひなたは墓地にある 《ZERO ハンド》 《ドラゴンズ・サイン》 を回収するが、 《暗黒鎧 ヴェイダー》 がアドバンテージ差をさらにつけていく。
ひなたは 《ZERO ハンド》 でこのリソース源を倒したいところだが、すでに十分な打点が揃っているため、 《ZEROの侵略 ブラックアウト》 を倒すことに。
 
そのままひなたのターンに移り、 《ドラゴンズ・サイン》 から今引いたであろう 《大聖堂 ベルファーレ》 で2体の動きを止めるが盤面を押し返すには至らない。
 
そして、ナカジマのターン。手札から 《第三種 ベロリンガー》 が召喚される事で、いよいよ 《終焉の禁断 ドルマゲドンX》 が出現。”禁断爆発”によって、ひなたの盤面を封殺する。
 
ナカジマ 《ZERO ハンド》 3回で死ぬよ」
 
と、試合前のようにナカジマの軽口が飛ぶが、今のひなたには応じられる余裕がない。
 
やがて、盤面が整うと、 《蒼き団長 ドギラゴン剣》 《ZEROの侵略 ブラックアウト》 によってひなたのシールドをすべてブレイクし、 《終焉の禁断 ドルマゲドンX》 のダイレクトアタックで、ナカジマが日本一決定戦への切符を獲得するのだった。
 
ナカジマ Win!!
 
「ドギラゴールデン VS. ドルマゲドンX」発売直後の中部大会では、決勝卓に最終禁断フィールドが置かれる事は適わなかったが、参加者最多数を誇る関東大会でナカジマの手によって、いよいよ結果を残すこととなった。

それどころか、この1週間で環境はさらに変動し、【ドルマゲドンX】を咎める【オールデリート】の復権や、別のブロックでは小学生の操る【革命チェンジダイリュウガン】が数多の強者を打ち倒して日本一決定戦への権利を手にするなど、様々なトピックスがうまれた。
 
おめでとう、ナカジマ選手!
レポート

ライター
ライターコラム

Page Top