革命ファイナルカップ 関東エリア代表戦決定戦

決勝ラウンドBブロック決勝戦:しゅーいち vs. シロ

Ce63b5c5 09cd 4712 ab34 2b4cadeb1481
総勢530人となった革命ファイナルカップの関東エリア代表決定戦。

毎年最大規模となり、ブロック数も最多である3つに分けて行われる大規模な予選は難攻不落の城と例えるに相応しいだろう。
 
予選ラウンドも7回戦と長丁場となった本日、ついに最後の戦いが始まろうとしている。
 
殿堂環境よりも遥かに狭いカードプールで行われるRevF限定のブロック構築の一つの答え合わせとなるこの決勝戦で、二人が見せる解答とは一体何なのであろうか?
 
 じゃんけんの結果先攻はシロでこの日最後のデュエマ・スタートとなった!
 
既にしゅーいち選手のバトルゾーンに鎮座している 《FORBIDDEN STAR~世界最後の日~》 を前に自分も自己紹介の代わりにと 《時の法皇 ミラダンテXII》 をシロ選手がチャージ。

そして次は挨拶代わりにと 《エナジー・ライト》 を続けざまに唱え手札を増やす。
 
自己紹介と挨拶を受け取ったしゅーいち選手は 《解体人形ジェニー》 で更に相手の内面を掘り下げる。

《禁断機関 VV-8》 2枚
《大聖堂 ベルファーレ》
《時の法皇 ミラダンテXII》
《ドラゴンズ・サイン》
《青寂の精霊龍 カーネル》
の5枚の中から 《時の法皇 ミラダンテXII》 を選択。
 
その後、山札の上から引いたとわかる 《音階の精霊龍 コルティオール》 をマナに置き 《青寂の精霊龍 カーネル》 を召喚するシロ選手。

《解体人形ジェニー》 の動きを止める。
 
残りの手札は、
《禁断機関 VV-8》 2枚
《大聖堂 ベルファーレ》
《ドラゴンズ・サイン》
となるので、しゅーいち選手は 《解体人形ジェニー》 を重ねてプレイし、 《大聖堂 ベルファーレ》 を捨てさせる。
 
マナチャージし、 《解体人形ジェニー》 で捨てられ残り2枚となった 《時の法皇 ミラダンテXII》 だったが 《禁断機関 VV-8》 の能力で山札の上から5枚を覗くと、なんとそこには3枚目が待機していたのだ!!
 
《青寂の精霊龍 カーネル》 がしゅーいち選手のシールドをめがけて攻撃する途中で 《時の法皇 ミラダンテXII》 へと姿を変えると、手札からの 《ドラゴンズ・サイン》 《星光の旋律 ベルファーレ》 を導き 《禁断機関 VV-8》 の封印を残り1枚にしながら手札をさらにより良いものとする。
 
この攻撃でシールドを3枚も失い、トリガーも見つけられなかったしゅーいち選手だったが 《ZEROの侵略 ブラックアウト》 を侵略ZEROさせることで次のターンへの望みを繋ぐ。
 
しかし、残り2枚となったシールドを守る手立ては無く 《時の法皇 ミラダンテXII》 の革命ファイナルの威光によってマナが6つしかないしゅーた選手はクリーチャーを召喚することができない!
 
《ZEROの侵略 ブラックアウト》 と2体の 《解体人形ジェニー》 だけでは反旗を翻すには至らず、ターンエンドを宣言するしゅーた選手。
 
シロ選手は自分のターンになると 《時の法皇 ミラダンテXII》 を4枚目となる手札の 《時の法皇 ミラダンテXII》 と革命チェンジをさせ、その能力によって 《ドラゴンズ・サイン》 を唱え手札から 《天革の騎皇士 ミラクルスター》 を呼びよせると 《禁断機関 VV-8》 が禁断起動し、シロ選手だけの時間を生み出す!
 
残り2枚のシールドを確認したしゅーた選手は 《禁断機関 VV-8》 のダイレクト・アタックに対して静かに右手を差し出し、二人は固い握手を交わした。
 
 2体の 《解体人形ジェニー》 を物ともせずに序盤からドローを加速し続け、自らの切り札である 《時の法皇 ミラダンテXII》 《禁断機関 VV-8》 のポテンシャルをフルに活かしたシロ選手が、優勝とともにブロック構築への一つの解答として自身のデッキを明示したのであった!
 
Winner:シロ
レポート

ライター
ライターコラム

Page Top