革命ファイナルカップ 関西エリア代表戦決定戦

決勝ラウンドBブロック決勝戦: 武田 vs. コウヨウ

4176351e bf83 4f0d 822b e4ee75fb06ef
革命ファイナルエリア代表決定戦関西大会。

参加者人数は先日の関東大会に比較すると一歩譲る形になるが、#俺フィーチャーの盛況や、各ラウンドの会場の熱気は決して引けを取らないだろう。

しかし、このBブロック決勝戦はそんな会場の様子とは真逆に、静かに試合開始を待つ二人がいた。

環境初期から常にトップメタに君臨し続ける【ミラダンテVV-8】を巧みに操るコウヨウ。

そして、環境参入後、じわじわとシェアを上げ、上位分布を拡大している【ドルマゲドンX】を使う武田だ。

大規模大会を3つ経ても、未だ最適解が明らかになっていない【ドルマゲドンX】。このブロックで決勝まで上がってきた武田のデッキは、どんなパフォーマンスを見せるのか。

そして、不利対面とされているこの対戦をコウヨウは乗り越えることが出来るのか。

先手はコウヨウ。

互いにアクションは3ターン目からとなり、コウヨウは 《タイム3 シド》 を、武田は 《禁断U サベージ》 を召喚してのスタート。

武田はその能力を丁寧に説明しながら、今墓地に落ちた 《熱血龍 バトクロス・バトル》 を手札に加える。

第4ターン。コウヨウは少し考えた後に、 《時の法皇 ミラダンテXII》 をマナチャージしてエンド。対する武田も 《禁断V キザム》 をマナチャージするのみでターンを終える。

第5ターン。コウヨウは再びマナチャージからどうアクションするか考える。

次のターンには恐らくゲームのカギを握る《禁断機関VV-8》を召喚、手札を増強しつつ、盤面の掌握に移るといったゲームプランだろうか。
結果、コウヨウは 《タイム3 シド》 をチャージするのみでターンを終了する。


そして、クライマックスは突然訪れた。


続くターンで武田が 《絶叫の悪魔龍 イーヴィル・ヒート》 を召喚すると、デッキトップから墓地に置かれたのは 《蒼き団長 ドギラゴン剣》 。それを見たことで両プレイヤーの表情が一変する。
武田は、そのままそれを手札に加えると、 《絶叫の悪魔龍 イーヴィル・ヒート》 でプレイヤーに攻撃、同時に 《蒼き団長 ドギラゴン剣》 へと革命チェンジを行う。ファイナル革命によって出てきたのは

ふたたび 《絶叫の悪魔龍 イーヴィル・ヒート》 。ここまでならゲームの行く末はまだ分からないが、ブレイクされた3枚のシールドにはS・トリガーがなく、コウヨウの表情からは余裕が消える。

そして、 《絶叫の悪魔龍 イーヴィル・ヒート》 の攻撃宣言時、現れたのは… 《Kの反逆 キル・ザ・ボロフ》 !!
Kの反逆 キル・ザ・ボロフ
能力によって、コウヨウの 《タイム3 シド》 を破壊し、残る2枚のシールドをブレイクしていく。

シールドをすべて手札に加えたコウヨウに、 《禁断U サベージ》 のダイレクトアタックが決まり、Bブロック決勝戦は早期の決着を迎えるのだった。

武田 Win!!

決着の瞬間、湧き上がる観客と、半ば信じられないという表情をする武田。

しかし、それと同じくらい喜んでいる様子がうかがえる。

日本一決定戦へと駒を進めた彼の感想と、デッキテクについてはインタビュー記事で紹介させていただこう。

予想外の決着に不完全燃焼となってしまったコウヨウにはどうしても悔しさが残るが、彼もまたこの経験を糧に、公認大会やCSでさらなる活躍を見せてくれることだろう。

日本一決定戦出場への枠はあとひとつ。北陸大会にてすべての参加者が出揃うこととなる。未だ多くの可能性を秘めているRevF環境は、この地で新たなアーキタイプ見せてくれるのだろうか?
レポート

ライター
ライターコラム

Page Top