革命ファイナルカップ 関西エリア代表戦決定戦

​決勝ラウンド第2回戦:1roTK vs. 武田

0008bfb0 5377 45c3 a68c ae1422dc86c3
関東エリア大会でミルクボーイデッキの対戦をお届けしたが、現環境で活躍の機会を伺っているイニシャルズは、実はミルクボーイことBのイニシャルズだけではない。

『ドギラゴールデン vs. ドルマゲドンX』の発売直後から活躍の機会を待つ 《プラチナ・ワルスラS》 を擁するSのイニシャルズたちも活躍の機会を待っているのだ。

そして、そんなSのイニシャルズを使う1roTKが予選ラウンドを突破しているということなので、このラウンドでフィーチャーしよう。
じゃんけんで先攻の1roTKは 《マスター・スパーク》 をマナチャージすると、2ターン目には 《一撃奪取 マイパッド》 をマナチャージして 《タイム1 ドレミ》 を召喚。

そして、武田が 《終断α ドルーター》 を召喚した返しに 《プラチナ・ワルスラS》 を召喚する。このWブレイクの1枚めで 《終断γ ドルブロ》 がトリガーし封印が1枚外しパワーアタッカー効果を発動するがが、しかし、続くブレイクでさらに 《禁断V キザム》 がトリガーしてしまう。

通常ならばこのトリガーで封印を外しつつスレイヤーを 《禁断V キザム》 に与え、スレイヤーで 《プラチナ・ワルスラS》 を破壊することができただけにこのトリガーの順番に武田は眉をしかめる。

だが、続くターン。 《禁断U サベージ》 を召喚すると、まず 《第1種 アクミM》 を回収し、 《終断α ドルーター》 《プラチナ・ワルスラS》 にアタックし自爆する。そして破壊時の能力で墓地にいた 《第2種 タマネギルM》 を復活させると 《プラチナ・ワルスラS》 のパワーを-1000する。

そして、スピード・アタッカーである 《第2種 タマネギルM》 で再び 《プラチナ・ワルスラS》 へアタックすると 《第1種 アクミM》 に革命チェンジし相打ちをするというテクニカルなプレイで 《プラチナ・ワルスラS》 の処理に成功する。

続いて 《禁断V キザム》 もアタックするのだが、これは 《Dの牢閣 メメント守神宮》 をトリガーしてしまう。

1roTKは 《タイム3 シド》 を召喚してターンを終了すると、続く武田のターンのドローに対応して 《Dの牢閣 メメント守神宮》 のDスイッチを発動し、1ターンを稼ぐ。武田は《終断X ドルーター》を召喚し、手札から 《終断α ドルーター》 を捨ててターンを終える。

自身のターンにマナチャージして5マナになった1roTKは 《タイム1 ドレミ》 を召喚すると、続いて 《プラチナ・ワルスラS》 へと進化する。そして、アタック先を検討した上で、意を決して武田のシールドをW・ブレイク。さらに 《タイム3 シド》 もアタックし、武田のシールドはゼロとなってしまう。
絶体絶命の武田は、長考の末に 《絶叫の悪魔龍 イーヴィル・ヒート》 を召喚し、封印解除能力で 《終断α ドルーター》 にスレイヤーを与え、能力で 《第1種 アクミM》 を回収する。《禁断C サベージ》が 《第1種 アクミM》 に革命チェンジしつつ 《タイム3 シド》 を処理し、スレイヤーの 《終断α ドルーター》 《プラチナ・ワルスラS》 を処理する。

一旦盤面を整理した武田は、 《絶叫の悪魔龍 イーヴィル・ヒート》 のアタックを 《蒼き団長 ドギラゴン剣》 へと革命チェンジしファイナル革命で 《絶叫の悪魔龍 イーヴィル・ヒート》 を追加する。

マナゾーンに大量に見えるスパーク系呪文に怯えながらのアタックであったが、この 《蒼き団長 ドギラゴン剣》 《禁断V キザム》 のアタックでトリガーはなく、 《絶叫の悪魔龍 イーヴィル・ヒート》 がダイレクト・アタックを決めたのだった。

Winner:武田
レポート

ライター
ライターコラム

Page Top