革命ファイナルカップ 北陸エリア代表戦決定戦

​準決勝:さかいかずなり vs. トルクる

1b71a3f0 3c3a 42d0 ad75 98f8be22b800
準々決勝に引き続いて、準決勝では光水闇ミラダンテVV-8を使用するさかいかずなりの対戦をお届けしよう。

対するトルクるが使用するのも光水闇ミラダンテVV-8。奇しくもさかいはミラダンテVV-8の2連戦となったわけだが、言い換えれば、少なくとも決勝のデッキのひとつがミラダンテVV-8に確定したということだ。実際、ミラダンテVV-8はデッキパワーだけで言えば、環境のデッキで頭一つ抜けているといえるだろう。

対戦相手が決まるもう一つのテーブルは、ドルマゲドンXと成長ダイリュウガンの戦い。どちらも光水闇ミラダンテVV-8からすれば比較的やりやすい相手だけに、この試合を制しミラダンテVV-8代表となれば、エリア代表に大きく近づくこととなる。

じゃんけんで先手はさかいだったが、3ターン目にトルクるが 《エナジー・ライト》 を使う以外は互いに目立ったアクションのない静かな立ち上がり。そのトルクるは4ターン目にも 《パイレーツ・チャージャー》 を使用し、少しづつさかいとアドバンテージ差をつけ始める。
ここでさかいは 《解体人形ジェニー》 を召喚し、 《ドラゴンズ・サイン》 《大聖堂 ベルファーレ》 《青寂の精霊龍 カーネル》 《裏切りの魔狼月下城》 《時の秘術師 ミラクルスター》 を確認しつつ 《禁断機関 VV-8》 を捨てさせる。

トルクるは 《ドラゴンズ・サイン》 《時の秘術師 ミラクルスター》 を召喚し、さらにアドバンテージを広げるのだが、ここでさかいは先手をとって 《禁断機関 VV-8》 をバトルゾーンに封印することに成功する。

返すターン。トルクるは、7枚目のマナをタップインすると 《エナジー・ライト》 を使用した後に 《裏切りの魔狼月下城》 をプレイ。さかいに 《ドラゴンズ・サイン》 《裏切りの魔狼月下城》 《大聖堂 ベルファーレ》 を捨てさせる。一方のさかいは2枚目の 《禁断機関 VV-8》 を設置。

ふたりが互いに決め手を探すアドバンテージの稼ぎ合いをしている中で、もうひとつの準決勝テーブルである姉川 vs. ちびちび姫のテーブルからは歓声があがる。こんな早く決着がつくということは……と、自然と皆がそちらのテーブルに目を向けると、どうやら、決勝に進出するのはちびちび姫の成長ダイリュウガンのようだ。

コントロール力のドルマゲドンXと、勢いの成長ダイリュウガン。決勝で戦うならどちらが楽だったかな、とふたりが思ったかどうかは分からないが僅かな間を挟んで試合が再開する。
トルクるは 《パイレーツ・チャージャー》 を使った上で 《解体人形ジェニー》 を召喚。 《時の秘術師 ミラクルスター》 《時の法皇 ミラダンテXII》 という手札から 《時の法皇 ミラダンテXII》 をディスカードさせる。

さかいが 《時の秘術師 ミラクルスター》 を召喚して封印を解きながら 《ブレイン・タッチ》 《裏切りの魔狼月下城》 《ドラゴンズ・サイン》 を回収するのに対して、トルクるも 《ドラゴンズ・サイン》 経由で 《時の秘術師 ミラクルスター》 を出し、 《ドラゴンズ・サイン》 《エナジー・ライト》 《裏切りの魔狼月下城》 を回収、余ったマナで 《エナジー・ライト》 でドロー。さらに 《裏切りの魔狼月下城》 でさかいが回収した3枚をそのまま捨てさせる。

《裏切りの魔狼月下城》 の連打によってどうしてもリソース不足に悩まされているさかい。ついに3枚目の 《禁断機関 VV-8》 を設置して 《時の秘術師 ミラクルスター》 のアタックを 《大聖堂 ベルファーレ》 へと革命チェンジし、2体の 《時の秘術師 ミラクルスター》 をタップする。

このブレイクでトリガーしたのが 《裏切りの魔狼月下城》 だったが、さかいの手札は2枚の 《時の秘術師 ミラクルスター》 で墓地からおなじみの3枚を回収するが、トルクるは 《解体人形ジェニー》 でその3枚から 《ドラゴンズ・サイン》 をディスカードさせる。そして自身は 《ドラゴンズ・サイン》 《大聖堂 ベルファーレ》 をよびだし、タップした 《解体人形ジェニー》 同士を相討ちさせる。

さかいは 《ブレイン・タッチ》 をチャージして 《裏切りの魔狼月下城》 を使用、さらに 《時の秘術師 ミラクルスター》 で墓地の呪文を回収となんとかリソース差を埋め始める。

だが、すでにトルクるの盤面には十分すぎるクリーチャーが並んでいた。

ちょうど時間切れになったターンだったが、そのターン中に決着はついてしまった。

Winner:トルクる

さかい 「圧倒的に序盤に 《裏切りの魔狼月下城》 でアドバンテージ取られてしまったから、こんな戦い方しかできなかったです……」
レポート

ライター
ライターコラム

Page Top