革命ファイナルカップ 中国・四国エリア代表戦決定戦

決勝第1回戦:プロ@鬼丸覇 vs. プリン

43a87bb9 e5ad 48c3 845d 685c5b88502b
プリン 「地元同士でつぶしあいはしたくないよー」

試合開始前にそう語るプリン。互いに同じ地元同士で顔見知りのプレイヤーだと言う。

互いにバトルゾーンに禁断を並べ合い、この会場でよく見た5色バスター対決かと思われたが、デッキリストをみるとプロ@鬼丸覇のデッキは会場に多くいる5色バスターとはかなり違う構築となっている。

火と闇のカードがメインに構成され、その他のカードはトリガーやファイナル革命用のタッチという実質的には火闇バスターとでも言えるデッキだ。

先手後手を入れ替える 《停滞の影タイム・トリッパー》 や、スピード・アタッカーからの革命チェンジを封じる 《その子供、凶暴につき》 など、かなり個性的なカードチョイスが光る構築となっている。

じゃんけんで先手はプリン。お互いのバトルゾーンに 《禁断 ー封印されしXー》 が並んでいることから、先手が圧倒的に有利なのは明らかでプロの口からは「負け負け」という言葉が溢れる。

1ターン目、プリンが 《爆砕面 ジョニーウォーカー》 をチャージし、プロは 《第三種 ベロリンガー》 をチャージ、そして2ターン目に 《一撃奪取 ブラッドレイン》 を召喚する。

ここまで2ターン続けてレインボーマナをチャージしていたプリンは 《ダーク・ライフ》 でマナ加速。プロは 《音精 ラフルル》 をマナチャージすると 《停滞の影タイム・トリッパー》 を召喚する。
《解体人形ジェニー》 を召喚したプリンは、 《暗黒鎧 ヴェイダー》 《絶叫の悪魔龍 イーヴィル・ヒート》 《終末の時計 ザ・クロック》 という手札を見て「なるほど…ずるいなぁ」と 《暗黒鎧 ヴェイダー》 をディスカードさせる。

プロが 《絶叫の悪魔龍 イーヴィル・ヒート》 を召喚すると、封印から 《絶叫の悪魔龍 イーヴィル・ヒート》 が落ち、これを回収。

プリンは 《謎帥の艦隊》 をプレイし 《停滞の影タイム・トリッパー》 《一撃奪取 ブラッドレイン》 を手札に戻すと、バトルゾーンは《イーヴィルヒート》だけに。プロは先程回収した 《絶叫の悪魔龍 イーヴィル・ヒート》 を召喚すると、今度は 《暗黒鎧 ヴェイダー》 を回収する。

なんとか攻め手を確保したいプリンだが、ここは 《ダーク・ライフ》 をプレイするのみで終了。対して、プロは 《一撃奪取 ブラッドレイン》 を召喚しつつ 《その子供、凶暴につき》 をプレイし、またも盤面を盤石に。

続くターンも、プリンはカードをプレイできない。プロはさらに 《暗黒鎧 ヴェイダー》 を召喚してターンエンドにドロー。明らかにアドバンテージの差を広げていく。

このままではジリ貧となるプリンは、 《その子供、凶暴につき》 でタップインしてしまうものの、 《絶叫の悪魔龍 イーヴィル・ヒート》 を召喚、長考の末に《爆砕面 ジョニー・ウォーカー》を回収し、能力で 《一撃奪取 ブラッドレイン》 を破壊する。プロは 《絶叫の悪魔龍 イーヴィル・ヒート》 を召喚して 《一撃奪取 ブラッドレイン》 を回収し召喚すると、タップインしたプリンの 《絶叫の悪魔龍 イーヴィル・ヒート》 へとアタックし、プリンの革命チェンジを許さない。

だが、この鉄壁に見える 《その子供、凶暴につき》 の能力をかいくぐって革命チェンジできるクリーチャーがいた。

それがマナ武装によってバトルゾーンに出た後にスピード・アタッカーを得るクリーチャー、 《Mの悪魔龍 リンネビーナス》 だ!

プリンは 《その子供、凶暴につき》 のテキストを確認後、 《Mの悪魔龍 リンネビーナス》 を召喚すると、その能力で墓地から 《絶叫の悪魔龍 イーヴィル・ヒート》 をタップ状態でバトルゾーンに出しつつ、さらに 《Mの悪魔龍 リンネビーナス》 を回収。

そして、自身のマナ武装によってスピード・アタッカーを得た 《Mの悪魔龍 リンネビーナス》 でアタックすると革命チェンジで 《蒼き団長 ドギラゴン剣》 に革命チェンジ。ファイナル革命で回収した 《Mの悪魔龍 リンネビーナス》 をバトルゾーンに出すと、 《爆砕面 ジョニーウォーカー》 を復活させ能力で 《一撃奪取 ブラッドレイン》 を破壊する。

だが、この 《蒼き団長 ドギラゴン剣》 のブレイクは、2枚めで 《終末の時計 ザ・クロック》 をトリガーしてしまい中止されてしまう。
逆転の危機を逃れたプロは、ここで 《インフェルノ・サイン》 をプレイして 《絶叫の悪魔龍 イーヴィル・ヒート》 を呼び戻し、能力で墓地に落ちた 《悪革の怨草士 デモンカヅラ》 回収する。

そして、 《絶叫の悪魔龍 イーヴィル・ヒート》 のアタックで 《蒼き団長 ドギラゴン剣》 へと革命チェンジ。ファイナル革命でマナゾーンから 《音精 ラフルル》 を呼び出して呪文トリガーを封じつつゲームを決めにかかる。

この3枚のブレイクはトリガーせず、さらに2体目の 《絶叫の悪魔龍 イーヴィル・ヒート》 でのアタックを 《悪革の怨草士 デモンカヅラ》 へと革命チェンジし、能力は使わないものの 《禁断 ー封印されしXー》 の最後の封印を外し 《伝説の禁断 ドキンダムX》 へと禁断解放する。

しかし、ここで再び逆転のチャンスが訪れる。祈るようにめくった最後のシールドは 《終末の時計 ザ・クロック》

プリンの封印も最後の1枚、そしてプロのシールドは3枚。最後の最後。再び訪れたチャンスを活かすべく、 《Mの悪魔龍 リンネビーナス》 を召喚し禁断解放した 《伝説の禁断 ドキンダムX》 でのTブレイクでトリガーが無いことに祈ろう。そう決心し、 《Mの悪魔龍 リンネビーナス》 を召喚したその瞬間、勝負は思いがけない形で集結した。

禁断解放した 《伝説の禁断 ドキンダムX》 は、プロのバトルゾーンに並ぶ8体のクリーチャーを封印しようとする。

《暗黒鎧 ヴェイダー》 によって削られた、プロの残る山札は……6枚。

Winner:プリン
レポート

ライター
ライターコラム

Page Top