革命ファイナルカップ 中国・四国エリア代表戦決定戦

Round 5:MuRao vs Justin

A042c756 28d0 4106 8893 8f8b7d0e3d8c
気づけば予選ラウンドもあと2回。
 
すでに4戦もの激戦を見ているというのに、あっという間に感じるのはやはり「ドギラゴン剣」のせいなのだろうか。
 
昨年も【火単侵略】のような超スピードを誇るデッキが台頭していたが、その時は【闇単侵略】や【ヘブンズ・ゲート】のような、対抗勢力となるコントロールデッキが存在した。
 
しかし、今回環境においては他の勢力もあるものの、現状【ドギラゴン剣】を抑制しうるほどのデッキは確認できていない。
 
そして、このラウンドでもお互いに禁断の鼓動に封印が配置され、 《蒼き団長 ドギラゴン剣》 の登場を予感させるゲームが開始される。
 
先攻はMuRao。 《絶叫の悪魔龍 イーヴィル・ヒート》 がマナに置かれる。
 
対するJustinは 《青寂の精霊龍 カーネル》 《音階の精霊龍 コルティオール》 《幸弓の精霊龍 ペガサレム》 とマナをチャージし、 《エナジー・ライト》 からスタート。動きは完全に水と光を駆使したカウンターデッキのように見える。
 
MuRaoは 《終末の時計 ザ・クロック》 を召喚し、次のターンの打点を加算するような動きを見せるが、対するJustinは 《ZEROの侵略 ブラックアウト》 をマナチャージし、 《解体人形ジェニー》 を召喚。Justinのデッキが光・水・闇のコントロールデッキある事が判明し、同時にMuRaoの手札も暴かれる。

《裏切りの魔狼月下城》 《終末の時計 ザ・クロック》 《地獄門デス・ゲート》 が公開され、その中から、 《裏切りの魔狼月下城》 を捨てさせる。芳しくない手札を公開したMuRaoは続くターン、 《終末の時計 ザ・クロック》 をマナチャージするのみで、完全に動きが止まる。 

対するJustinは 《青寂の精霊龍 カーネル》 を召喚。動きは決して強くないが着々とゲームを進めていく。
 
MuRaoは気合を込めてドローするが、次のターンもマナチャージするのみでアクションはなし。返しのJustinのターン、デッキに禁断の鼓動が採用されている理由が明白となる。
 
《Dの禁断 ドキンダムエリア》
 
戦慄するMuRao。流れは完全にJustinに傾いたように見えたが――。
制限時間も3分の2が経過するころだったせいなのか、攻勢がひっくり返ったのを良しとしたせいか、Justinは 《青寂の精霊龍 カーネル》 の攻撃宣言時に「革命チェンジ」を宣言してしまう。
 
バトルゾーンには自分の 《Dの禁断 ドキンダムエリア》 があるため、これは失敗に終わり、 《青寂の精霊龍 カーネル》 は手札に戻ろうとした事により封印されてしまう。Justinは自身のミスが悔いつつ、そのままターンを終了。
 
MuRaoは想定外のチャンスが訪れるも、多色マナ武装を達成した 《裏切りの魔狼月下城》 を撃つのみで盤面を動かせない。それ以上にMuRaoが気になっているのは、残り制限時間で、両プレイヤーにはより素早い判断とプレイが求められていく。
 
返しのターン、Justinは 《Dの禁断 ドキンダムエリア》 のDスイッチを発動。
《蒼き団長 ドギラゴン剣》 の脅威に備えるべく、 《青寂の精霊龍 カーネル》 の封印を合わせて6枚剥がすが、ブロッカーを優先したために禁断の鼓動の封印が1枚残り、攻めるに攻めきれない。
 
こうしている間にMuRaoの手札にようやく 《絶叫の悪魔龍 イーヴィル・ヒート》 が駆けつける。バトルゾーンに出た事で、禁断の鼓動とデッキからカードが墓地に置かれるが、その中にゲームを決める解答はない。
 
Justinは枯渇した手札を回復すべく 《ファイナル・ストップ》 《禁断U サベージ》 で次の一手を模索する。
 
さまざまな経過を経て、徐々に流れを引き寄せてきたMuRaoは 《蒼龍の大地》 をトップデック。即座に使い、その効果で 《絶叫の悪魔龍 イーヴィル・ヒート》 を出し、 《青寂の精霊龍 カーネル》 をバトルで撃墜。《静寂の精霊龍 カーネル》は封印されることで破壊を免れるが、Justinの守りがガラ空きになる。

そして、 《絶叫の悪魔龍 イーヴィル・ヒート》 の回収先として、待望の 《蒼き団長 ドギラゴン剣》 が墓地に落ちる!
 
残り制限時間が2分を切り、MuRaoはすかさず 《絶叫の悪魔龍 イーヴィル・ヒート》 で攻撃、革命チェンジによって 《蒼き団長 ドギラゴン剣》 が登場、ファイナル革命で再び 《絶叫の悪魔龍 イーヴィル・ヒート》 と、幾度となく見慣れたアクションで着実にJustinを追い詰める。

しかしJustinのシールドから 《地獄門デス・ゲート》 《音階の精霊龍 コルティオール》 が登場し、このターンは 《蒼き団長 ドギラゴン剣》 の攻撃のみで終了。
シールドを2枚残して迎えたJustinのターン、 《Dの禁断 ドキンダムエリア》 を張り替え、 《音階の精霊龍 コルティオール》 《絶叫の悪魔龍 イーヴィル・ヒート》 を討ち取るのみでターンエンド。
 
ここで時間切れのアナウンスが告げられる。
 
エリア代表決定戦の時間切れに関するルールは、「時間切れになった時点から、後攻のプレイヤーのターンの終わりまでゲームを続け、決着がつかなかった場合、両者敗北」となる。MuRaoは先攻であるため、このターン決着をつけなければ、自身の勝利はない。
 
MuRaoは前のターンで手札に加えていた 《Mの悪魔龍 リンネビーナス》 を召喚し、5枚目の禁断の封印を剥がす。そして万が一に備えて禁、断解放しないように 《青音の精霊龍 リンガール》 を出し、Justinに総攻撃を仕掛ける。 《蒼き団長 ドギラゴン剣》 の攻撃は 《青寂の精霊龍 カーネル》 に止められ、 《Mの悪魔龍 リンネビーナス》 が最後のシールドをブレイクしていく。
 
Justinに返しとなる札は残されていないのだった。
 
Winner  MuRao!!
 
まだまだ 《蒼き団長 ドギラゴン剣》 の隆盛は、とどまるところを知らない。果たして対抗勢力は存在するのだろうか?
レポート

ライター
ライターコラム

Page Top