革命ファイナルカップ 中国・四国エリア代表戦決定戦

​Round 4:チャオ vs. 004

Fb92d0d3 8b0e 4334 8540 642a9d9d1314
年に一度の全国大会。

店舗予選から全国予選へと、約半年間続く長い戦い。

この権利を得るべく切磋琢磨するプレイヤーたちの熱戦も、早くも第4回戦。2敗してしまうとトップ16で争われる決勝トーナメント進出がかなり厳しくなってしまうこの戦いで、崖っぷちに近い1敗ラインで戦うプレイヤーの戦いをお届けしたい。

すでにデュエマのプレミアイベントのカバレージではおなじみとなった、ツイッターの#俺フィーチャー企画。ここで名乗りをあげたふたりの強豪が、このラインでマッチアップされたというのだ。
 

 
昨年度、中国・四国大会で優勝し、全国大会への権利を獲得したチャオ。

そして、その前の年の中国大会で権利を獲得した、「日本最初のプロDMプレイヤー」こと004。

エリアを文字通り「代表」したふたりの熱戦をお届けしよう。

004 「フィーチャー席、テンション上がるなー」

今回の会場では、フィーチャー席は、通常のプレイヤーが戦うテーブルよりも、少し高い位置にあるステージに設置されている。どうやら、そこからの長めが、004はお気に入りのようだ。

004 「次の岡山CSのフィーチャー席は上でもいいですね」

チャオ 「下じゃないと見えないって声もありますけどね」

004 「いや、でもやっぱ呼ばれた時のテンションが違うよ!」

そんな会話をしながら、じゃんけんで先手は004。

両者 《伝説の禁断 ドキンダムX》 を封印した状態でゲームが開始する。004がチャージしたのは 《爆砕面 ジョニーウォーカー》 、対してチャオがチャージしたのは 《蒼龍の大地》 。そして、互いに2ターン目には 《ダーク・ライフ》 をプレイ。004はマナに 《トップ・オブ・ロマネスク》 、墓地に 《永遠のリュウセイ・カイザー》 。チャオはマナに 《Mの悪魔龍 リンネビーナス》 、墓地に 《絶叫の悪魔龍 イーヴィル・ヒート》 という振り分ける。

ここまで一種の鏡打ちだった両者だが、3ターン目に004がマナチャージでターンを返す一方でチャオが 《爆砕面 ジョニーウォーカー》 を使ったところで動きが変わる。チャオは次のターンに004より1マナ多い6マナを使う権利を得たのだ。
しかし、先に動いたのはやはり、先手の004。いち早く環境を定義する5マナへと到達すると、 《絶叫の悪魔龍 イーヴィル・ヒート》 をプレイし、ここで墓地に落ちた 《蒼き団長 ドギラゴン剣》 を回収すると、即アタックからの革命チェンジ!ファイナル革命でマナゾーンの 《トップ・オブ・ロマネスク》 をバトルゾーンに呼び出し、マナ加速する。

この 《蒼き団長 ドギラゴン剣》 のTブレイクでブレイクされた1枚めが 《アクア・サーファー》 。これには思わず004も「いいカード入ってるね!」と一言。これが 《トップ・オブ・ロマネスク》 を手札に戻すと、3枚目のブレイクで長考するが、結局手札に加えてターンエンド。果たして、この状況でトリガーしないカードとは何か。
謎を残したまま、チャオは返しで6マナの 《Mの悪魔龍 リンネビーナス》 を召喚。さらにマナ武装を達成しているので墓地から 《絶叫の悪魔龍 イーヴィル・ヒート》 を復活させ墓地から 《爆砕面 ジョニーウォーカー》 を回収する。

そして、 《絶叫の悪魔龍 イーヴィル・ヒート》 でアタックすると 《蒼き団長 ドギラゴン剣》 への革命チェンジからのファイナル革命発動。ここで 《青音の精霊龍 リンガール》 を呼び出すと、手札を1枚シールドに埋める。

このブレイクでの1枚めは 《地獄門デス・ゲート》 をトリガーし、 《Mの悪魔龍 リンネビーナス》 を破壊するが、004の墓地にはここから復活させられるクリーチャーが居ない。残る 《アクア・サーファー》 と《青寂の精霊龍 リンガール》のアタックにより004のシールドはゼロ、これらを止められるトリガーも引けない。

後が無い004は、マナと手札を見比べて長考。そして6マナで 《Mの悪魔龍 リンネビーナス》 を召喚し、最後の期待を 《禁断 ー封印されしXー》 から墓地に行く封印に込めるが、ここで回収できるカードは無し。

仕方なくトリガーが無いことにかけてチャオの残る3枚のシールドに 《蒼き団長 ドギラゴン剣》 を突っ込ませるが、しかし、そのうちの1枚は 《青音の精霊龍 リンガール》 によって仕込まれたものであることは、当然004も知っている。

その仕込まれていたシールドは、004のアタックでトリガーせずに手札に残しておいた 《終末の時計 ザ・クロック》

004 「フィーチャーで負けると悔しい!」

Winner:チャオ
レポート

ライター
ライターコラム

Page Top