革命ファイナルカップ 中国・四国エリア代表戦決定戦

Aブロック優勝者インタビュー:澪

63bf44cc 647a 4f69 b2f6 9ac2ea4b5f1f
見事、Aブロックを優勝し、連続全国大会出場を決めた澪選手にインタビューをした。

--おめでとうございます。デュエマ歴はどれくらいですか?

「途中やっていない時期などがあるので、なんとも言えませんが、4年くらいという感じですか」

--今回は、環境最多数だった5色バスターを使用していましたが、このデッキを選択した理由を教えていただいてよろしいですか?

「普段から、殿堂環境でも 《蒼き団長 ドギラゴン剣》 を使っていたので、これしかないかな、と思っていました」

--ちなみに、この大会に向けて、どのような練習をしましたか?

「5色バスターが一番多いデッキであるだろうとは思っていたので、同型のデッキとの対戦をひたすらやりました」

--たしかに、 《蒼き団長 ドギラゴン剣》 の能力や革命チェンジという能力の性質上、早い段階から殴っていくプレイをする人が多い中、澪さんは同型相手に盤面をためて殴るプレイが多かったですね。

「そうですね。環境のキーとなっているトリガーが、単体で2体止められる 《青寂の精霊龍 カーネル》 なので、簡単に打点が足らなくなってしまうから、打点をかなり多くしないといけないというのは意識していたと思います」

--構築の面で意識したことはありましたか?

「自分だけではないとは思いますが 《裏切りの魔狼月下城》 対策に 《永遠のリュウセイ・カイザー》 を使い、逆に 《裏切りの魔狼月下城》 対策が増えるところまではメタが動いているだろうと思ったので自分は 《裏切りの魔狼月下城》 を使いませんでした」

--実際、大会を通して見ても 《裏切りの魔狼月下城》 が決めてるゲームが多かった一方で、同型戦で後半に引いた 《裏切りの魔狼月下城》 が腐って、カードパワー対決で負けてる方も多かったですものね。同型戦の多い環境を読んだ選択だったと思います。この優勝を伝えたい方はいますか?

「協力してくれた周りの友人達に伝えたいです」

--最後に、澪さんが考えるデュエル・マスターズの魅力とはなんですか?

「色々なパターンを考えられることだと思います」

--どうもありがとうございました。
レポート

ライター
ライターコラム

Page Top