革命ファイナルカップ 中国・四国エリア代表戦決定戦

Bブロック決勝戦:ししょー vs. マック

Ba3bf444 2d08 48a3 bac9 ab6bd9edec18
このラウンドを以て、2席ある今年の中国・四国代表の1コが決まる。
 
Bブロックの決勝まで駒を進めてきた二人に過去の大会経歴はどのようなものがあったか聞いてみると、どちらも特にないという。その場にいる誰よりも決勝にいる自分自身が一番驚いているように見える両者。

マックは「自分の引きがよかった」と自身のコンディションが好調である様子を嬉しく語る。先の戦いでも快勝したししょーはというと、それがまだ今イチ見えていないようだ。
 
しかしながら、二人はそれぞれ環境の最前線である【ドギラゴン剣】と【ミラダンテXII】のデッキを操り、幾度もあった同系対決や苦戦を乗り越えてここまでやってきた。
 
日本一決定戦への切符はもう目の前にある。あとはそれを手にするものを決めることだけ。今大会最大の勝負がいよいよ、始まる。
 
先攻は【ミラダンテXII】を使うししょー。序盤はお互いにマナチャージのみでターンが進む。先に仕掛けたのはマック。ずっと多色マナを置いてきたマックが4ターン目に唱えたのは 《裏切りの魔狼月下城》 。もちろん多色マナ武装は達成している。
裏切りの魔狼月下城
ししょーは4枚の手札から悩みに悩んだ末、 《時の法皇 ミラダンテXII》 《星光の旋律 ベルファーレ》 《ドラゴンズ・サイン》 の3枚を捨てる。
 
返しにししょーは、引いた手札は温存したまま 《スパーク・チャージャー》 で手札のリカバリーに努める。
 
マックはさらにリソース差をつけるべく 《獅子王の遺跡》 を唱え、多色マナ武装で一気にマナを3枚追加する。
 
ししょーもこのターンで6マナに到達。 《禁断機関 VV-8》 を呼び出したいところだが、現れたのは 《青寂の精霊龍 カーネル》 。マックの手札破壊から立て直しが追い付いていない様子。一方、マックはさらに 《蒼龍の大地》 から 《百族の長 プチョヘンザ》 を出し、ししょーの 《青寂の精霊龍 カーネル》 を撃墜。いよいよ攻勢に出る構えを見せる。
 
ここでししょーもようやく 《禁断機関 VV-8》 を引き、どうにか手札を回復。しかし先に出ていた 《百族の長 プチョヘンザ》 により、タップ状態で封印されてしまう。
 
マックは続けて、 《ダーク・ライフ》 から 《Mの悪魔龍 リンネビーナス》 に繋げるが、禁断の鼓動から外れる封印を含めても、墓地に送りたかったコスト5以下のクリーチャーは姿を見せず、ここでは多色マナ武装は不発。しかしバトルゾーンにはすでにシールド5枚分の打点がそろい、いつでも発進できる態勢だ。
 
ようやく手札を立て直したししょーは 《大聖堂 ベルファーレ》 を召喚し、 《禁断機関 VV-8》 の封印を外しつつ、マックの2体のクリーチャーの動きを止める。しかし、マックも返しに 《青寂の精霊龍 カーネル》 を召喚し、 《大聖堂 ベルファーレ》 の攻撃を止めることで、革命チェンジを許さない。
ししょーは2体目の 《大聖堂 ベルファーレ》 を召喚し、今度はマックの 《百族の長 プチョヘンザ》 《青寂の精霊龍 カーネル》 の動きを止めて、ターン終了。「禁断機動」までわずかとなった 《禁断機関 VV-8》 に望みを繋ごうとするが・・・
 
マックはこのターン、さらに攻勢に出て、ゲームを大きく手繰り寄せる。

まずは 《裏切りの魔狼月下城》 でししょーの手札をすべて処理すると、フリーズ状態から逃れた 《Mの悪魔龍 リンネビーナス》 《大聖堂 ベルファーレ》 への攻撃宣言。同時に 《蒼き団長 ドギラゴン剣》 に革命チェンジしたのだ。
ここまで耐えていたししょーもこのムーブには「持ってたのか…」と苦言を漏らす。
 
ファイナル革命によって、再び 《Mの悪魔龍 リンネビーナス》 が登場し、さらには禁断の鼓動から新たに墓地に落ちた 《青寂の精霊龍 カーネル》 をリアニメイトする事で、またもやししょーの 《大聖堂 ベルファーレ》 が動きを止められ、出したばかりの 《大聖堂 ベルファーレ》 はバトルで撃墜する。
 
ほぼ満点の言えるベストムーブマックは総勢5体のクリーチャーを従えて、ターンを返す。
 
絶体絶命に追い込まれたししょーとしては、ここで何としても 《禁断機関 VV-8》 の封印を外せるカードを引きたい・・・そう思いを込めて、カードを引いたししょーの表情にはここまでで見た事がないような悲壮感が漂う。
 
何もできないといわんばかりにマナに置かれたのは 《音階の精霊龍 コルティオール》 。このマナチャージでししょーのマナは8に達したのだった。
 
もうすでに十分な打点を確保したマックは、ここでさらに 《絶叫の悪魔龍 イーヴィル・ヒート》 を召喚し、今落ちたばかりの 《蒼き団長 ドギラゴン剣》 をすかさず回収。そこから鉄板の革命チェンジ~ファイナル革命で今度はマナゾーンから 《Mの悪魔龍 リンネビーナス》 を出し、3体目となる 《青寂の精霊龍 カーネル》 でみたび 《大聖堂 ベルファーレ》 の動きを止め、プレイヤーへの攻撃に向かう。
 
ちなみにこの時、マックの禁断の鼓動は1枚。盤面は完全に出来上がっているので、 《蒼龍の大地》 などのS・トリガーが使えれば、ドキンダムカウンターも可能という、完璧な布陣だ。
 
その一方で、ここまでドン底なゲーム展開をしていてもなお、ししょーの希望はまだ潰えていなかった。
 
2枚目のシールドから、 《音階の精霊龍 コルティオール》 、3枚目のシールドから 《青寂の精霊龍 カーネル》 が現れ、4体分の攻撃を抑えるにまで至ったのだ!
 
マックからすればこのままトリガーがなければ勝てる状況ではあるが、このターン下手に手札を与えて生き残られると、 《禁断機関 VV-8》 が動きだし、一気にまくられてしまう可能性がある。
 
ブロッカー3体とシールド5枚、自身の禁断の鼓動も残り1枚とできる限りの事は尽くしている。そう見越したのだろうか、ターンをししょーに渡す。
 
九死に一生を得たししょーは、力強くカードを引くが、すでに手札にあるカードと同じものを引いたらしく、ため息を潜めながら 《エナジー・ライト》 を2連発する。もうプレイできるカードはない。まさに背水の陣といえる状況。
  
ここから、ししょーの最後の猛攻が始まる。
 
まずは 《青寂の精霊龍 カーネル》 の攻撃から革命チェンジにより 《時の法皇 ミラダンテXII》 が現れ、「ファイナル革命」の宣言+能力で、 《ドラゴンズ・サイン》 が唱えられる。出てきたのは 《幸弓の精霊龍 ペガサレム》 。能力によって、一時的にシールドが追加される。

そして、いよいよ 《禁断機関 VV-8》 の最後の封印が外れ、禁断機動超動。ししょーに追加ターンが与えられる。 
時の法皇 ミラダンテXII 禁断機関 VV-8
もちろんマックはこの攻撃を 《青寂の精霊龍 カーネル》 でブロック。 《音階の精霊龍 コルティオール》 がシールドを1枚ブレイクしてターンを終了し、再びししょーのターン。
 
手札から放たれたのはふたたび 《音階の精霊龍 コルティオール》 。先ほどはししょーが頭を抱える要因だったが、今度はゲームの決定打となるべく、バトルゾーンに登場し、マックのクリーチャーの動きをすべて止める。
音階の精霊龍 コルティオール
ししょーのクリーチャーによって次々とブレイクされていくシールド。マックは祈るように1枚ずつシールドを開いていくが、ここにきてS・トリガーは姿を見せない。
 
最後のシールドにS・トリガーがない事が確認されると、 《禁断機関 VV-8》 のダイレクトアタックによって、ししょーの日本一決定戦出場が決定するのだった。
 
Winner ししょー!!
 
現代のデュエマはカードパワーが圧倒的で、数枚のカードがゲームを決する事はそこまで珍しくない。故に、最後までゲームをせずとも勝敗が明確になる事も多々あると思う。
 
しかし、今回のししょーのようにどんなに不利でも、どんなに圧倒的な差をつけられても、最後まで諦めない気持ちを持ってゲームに全力を打ち込めば、その結果が思わぬ形で帰ってくるかもしれない。
 
今一度、激戦を戦い抜いた2人に拍手を送りたい。
レポート

ライター
ライターコラム

Page Top