革命ファイナルカップ 中部エリア代表戦決定戦

B​ブロック決勝戦:蒼助vs. 勝之助

E540b824 176a 4830 92e5 c67c0aaeaf8f
いよいよこのラウンドを持って、エリア代表決定戦優勝者が、ひいては栄えある日本一決定戦へと駒を進める代表者が決定する。
 
そして、今この決勝卓でふたりはその座をかけて戦うべく向き合っている。中国・四国大会の時のようにその場のふたりが一番驚いている様子があった。
 
勝之助「CSとかは出たりしたことあるんですけど、全然勝てた事はないですね」

蒼助「ここまで来れるとは思っていませんでした。とにかく最後まで楽しみたいです」
 
ゲーム開始時、蒼助の差し出す手に勝之助が応え、がっちりと固い握手を交わして、いよいよ決勝戦が始まる。
 
先攻は蒼助。
 
二人はそれぞれ、 《音階の精霊龍 コルティオール》 《蒼き団長 ドギラゴン剣》 のマナチャージからゲームが開始される。
 
先に動いたのは勝之助。2ターン目に 《冒険妖精ポレゴン》 を出し、素早くファイナル革命へとつなぐ【グロウバスター】の動きを見せる。
 
蒼助は 《エナジー・ライト》 で手札を整える。こちらは純正の【VV8ミラダンテ】であることが伺える。
 
続くターン、勝之助は 《冒険妖精ポレゴン》 を攻撃に向かわせ革命チェンジを宣言、 《二族 ンババ》 が登場する。その能力によって、山札からマナゾーンに置かれたのは 《時の法皇 ミラダンテXII》 。「XIIバスター」型の【グロウバスター】である事が判明する。
 
蒼助は 《二族 ンババ》 から先へつながれまいと 《ファイナル・ストップ》 を撃ってターンを返す。
 
蒼助の目論見通り、勝之助にはこれが刺さったようで、 《二族 ンババ》 を出すのみでターン終了。
 
続く蒼助の第5ターン目、 《ドラゴンズ・サイン》 から 《大聖堂 ベルファーレ》 が現れ、2体の 《二族 ンババ》 の動きを封じる。
 
対する勝之助も、たった今引いたカードで攻めの布陣が整ったようで、 《次元の霊峰》 《刀の3号 カツえもん剣》 をサーチし、即座に召喚。自身をスピードアタッカーにして攻撃、 《蒼き団長 ドギラゴン剣》 へと革命チェンジする。
 
しかし勝之助はここで少し考え、ファイナル革命で引き連れてきたのはマナゾーンにあった 《無頼勇騎タイガ》 1体のみとなり、やや心許ない形となる。
 
続いて考えるのは蒼助だ。このT・ブレイカーを受けるか、ブロッカーとなった 《大聖堂 ベルファーレ》 で攻撃を凌ぐか。しかし、多くのケースにおいてここで攻撃を凌ぐ選択肢を取るプレイヤーは少ないだろう。

何故なら、【VV8ミラダンテ】における6ターン目とは、デッキの核と言っても過言ではない 《禁断機関 VV-8》 をセットできるターンであり、場に革命チェンジ元がいれば、ここから一気にゲームの掌握に切り替えられるのだから。
 
蒼助は攻撃を通す事を選択し、ブレイクされたシールドからは 《音階の精霊龍 コルティオール》 《ドラゴンズ・サイン》 がトリガーする。 《時の秘術師 ミラクルスター》 が登場した事で、ここまで蒼助が使った3枚の呪文をきれいに回収する。
 
【VV8ミラダンテ】の理想的な返しだと言えるだろう。
 
このムーブに勝之助も小さくため息を漏らし、ターン終了を宣言。【グロウバスター】側からすれば、正直これほどの切り返しが揃うと、かなり厳しくなる。
 
しかし返しのターン、一気にゲーム決定づけたい蒼助にも、まさかの事態が発生する。 《禁断機関 VV-8》 《時の法皇 ミラダンテXII》 も手札にないのだ。
 
結果として、蒼助が選んだ行動は 《ファイナル・ストップ》 。ドローしたカードを確認すると、 《大聖堂 ベルファーレ》 を手札の 《時の秘術師 ミラクルスター》 に、すでにバトルゾーンにある 《時の秘術師 ミラクルスター》 《大聖堂 ベルファーレ》 に革命チェンジする事で、 《蒼き団長 ドギラゴン剣》 以外を全滅させる。もちろん、この 《蒼き団長 ドギラゴン剣》 《大聖堂 ベルファーレ》 によって、次のターン動くことはない。
 
この革命チェンジの連続によるCip能力が最大利用が【VV8ミラダンテ】の強みのひとつでもある。S・トリガーによる受けの強さも併せて、環境最多勢力である事も大いに納得できる。
 
しかし、このターンの終了を宣言した瞬間、勝之助の目に火が灯る。と、ほぼ同時に蒼助も気づかされる事になる。
 
このターン、僅かな綻びから隙を突かれる一瞬を作ってしまった事を。そして、勝之助にその一瞬の隙を突かれる手札がある事を。
 
勝之助の手札から繰り出されたのは先でも革命チェンジで戻っていった 《冒険妖精ポレゴン》 《刀の3号 カツえもん剣》
 
勝之助「 《刀の3号 カツえもん剣》 の効果で 《冒険妖精ポレゴン》 をスピードアタッカーに。 《蒼き団長 ドギラゴン剣》 によって 《刀の3号 カツえもん剣》 はスピードアタッカーに」
 
蒼助「…やはり、そう来ますよね」
 
勝之助にとっては、恐らくこれが最後のチャンスになる。このターンに勝たずして、いつ勝つのか。
そして 《冒険妖精ポレゴン》 で最後のシールドをブレイクする。
 
互いの視線が交錯する中、蒼助は息を呑みながらシールドをめくる。
 
・・・S・トリガーは、ない。
 
《刀の3号 カツえもん剣》 のダイレクトアタックが、ゲームの終わりを告げた。
 
勝之助 Win!!
 
対戦終了後、握手でお互いの健闘を讃えた後、感想戦がはじまる。
 
蒼助「 《時の法皇 ミラダンテXII》 が引けていなくて。 《ファイナル・ストップ》 で引き込めればよかったんですけど。油断しましたね…」
 
蒼助の悔しさも相当なはずだが、対戦開始時から楽しいゲームがしたいと言い、先に手を差し伸べる姿からしても、一貫してコミュニケーションに重きを置く姿勢はとても好感が持てる。少なくとも筆者は自身のプレイミスについて、なりふりかまわず咎めるような輩だった背景もあるため、この蒼助の落ち着きぶりには尊敬の念を抱くほかない。
 
そして、勝之助も代表となった心境を語る。「店舗予選に挑み続けて、抜けられない事もあったけど、今ここでひとつ夢がかないました」
 
勝之助、夢を叶えて、さらなる舞台へ。おめでとう!!
レポート

ライター
ライターコラム

Page Top