革命ファイナルカップ 中部エリア代表戦決定戦

​第3回戦:イワマ vs. じゃきー

1dfa9683 e936 49c9 8315 648d4359c6ba
中部エリア大会最初のフィーチャリング。

フィーチャリング席に置かれるのは、世界で1枚の金の 《伝説の禁断 ドキンダムX》 。そして、広げられるWinnersのプレイマット。

そう、昨年度全国王者、じゃきーだ。

昨年の中部エリア予選で 《ヘブンズ・ゲート》 デッキで火単ドキンダムとの対戦を制しエリア代表の権利を獲得。その後、全国大会でも殿堂直後で大会レベルでは無くなったと思われていた 《ヘブンズ・ゲート》 を使用し、全国王者となった、人呼んで「天門のカギを持つ男」。

また、DMGP-3rdでのジョバンニデッキ旋風などでも有名になったカードショップ「Winners」躍進のきっかけになった男といってもいいだろう。

そんな、じゃきーが登録デッキリストに書いたデッキ名は、光水闇火自然ヘブンズゲート(ヘブンズゲート抜き)。そう、冒頭でも書いたように金の 《伝説の禁断 ドキンダムX》 の入った、5色バスターを使用しているのだ。

じゃきー 「なんとか、 《ヘブンズ・ゲート》 を使いたかったんですけど、デッキにならなくて……」

どうやら、この革命ファイナル環境では天門のカギは見つからなかった様子。
対するはイワマ。試合開始前に禁断は無い。この環境で開始時禁断なしのデッキと言えば、 《禁断機関 VV-8》 を使用する光水ダンテVV-8と相場は決まっている。……だが、それは先週までの話。『ドギラゴールデン vs. ドルマゲドンX』発売後の今や、さらなるアーキタイプが登場しているのは間違いない。

先手のイワマが1ターン目 《青寂の精霊龍 カーネル》 をマナチャージ、対してじゃきーは 《蒼龍の大地》 をマナチャージする。その後、イワマは『ドギラゴールデン vs. ドルマゲドンX』の新カード 《時の秘術師 ミラクルスター》 をマナチャージ。このカードは、光水ダンテVV-8の手札破壊対策兼アドバンテージエンジンとして注目されており、これでイワマのデッキはほぼ光水ダンテVV-8と確定する。続く3ターン目には 《エナジー・ライト》 を使用する。

じゃきーは3ターン目までカードをプレイできず。さらに、イワマが4ターン目をカードプレイなくパスした隙にもカードをプレイできず。結局、初プレイは、イワマが 《ドラゴンズ・サイン》 から 《導師の精霊龍 マホズン》 を出した返しの 《獅子王の遺跡》

相手の動きが本来より遅い状況であれば、光水ダンテVV-8が有利な場。早速 《禁断機関 VV-8》 を召喚すると、封印を3枚つけ 《導師の精霊龍 マホズン》 でアタック。 《時の法皇 ミラダンテXII》 へと革命チェンジすると、 《導師の精霊龍 マホズン》 の効果で 《エナジー・ライト》 をプレイし、さらに補充された《ミラクル・ストップ》でタイムストップデュエルを開始する。

この 《時の法皇 ミラダンテXII》 は、8マナ支払って召喚した 《蒼き団長 ドギラゴン剣》 で殴り返し対処したじゃきー。だが、この 《蒼き団長 ドギラゴン剣》 をフリーズしつつ登場した 《大聖堂 ベルファーレ》 《禁断機関 VV-8》 の封印を残り1枚まで減らす。
追い詰められた格好のじゃきーだが、 《獅子王の遺跡》 のお陰でマナは潤沢にある。 《青音の精霊龍 リンガール》 を召喚しシールドにトリガーを埋めると、さらに 《絶叫の悪魔龍 イーヴィル・ヒート》 を召喚する。この 《絶叫の悪魔龍 イーヴィル・ヒート》 はアタックせずにターン終了。

イワマは 《導師の精霊龍 マホズン》 を召喚して 《禁断機関 VV-8》 の最後の封印を外すと、禁断起動。 《禁断機関 VV-8》 のアタックは《青寂の精霊龍 リンガール》でブロックしたじゃきー。続く 《大聖堂 ベルファーレ》 のアタックが 《蒼龍の大地》 をトリガーし、マナゾーンから 《青寂の精霊龍 カーネル》 がバトルゾーンに呼び出され 《導師の精霊龍 マホズン》 の次のターンの攻撃が封じられる。

ここで、禁断起動による追加ターン。イワマは 《禁断機関 VV-8》 を召喚すると、 《大聖堂 ベルファーレ》 でアタックし 《時の法皇 ミラダンテXII》 へと革命チェンジする。さきほど召喚した 《禁断機関 VV-8》 の封印を外しつつ、ファイナル革命発動でジャッキーの手を封じ、さらに 《ドラゴンズ・サイン》 を能力でプレイ。ここで先程手札に戻した 《大聖堂 ベルファーレ》 をバトルゾーンに出し、ブロッカーとなる 《青寂の精霊龍 カーネル》 と、翌ターンの逆転の可能性を残す 《蒼き団長 ドギラゴン剣》 のアタックを止める。

この一連の流れで 《禁断機関 VV-8》 の封印はさらに1枚はずれ、残り1枚。しかし、じゃきーが 《青音の精霊龍 リンガール》 で仕込んでいたシールドは 《蒼龍の大地》 。能力でマナゾーンから 《百族の長 プチョヘンザ》 をバトルゾーンに出し、唯一アタックできるクリーチャーである 《禁断機関 VV-8》 とバトルして破壊、イワマの攻め手をすべて失わせる。

《時の法皇 ミラダンテXII》 の革命ファイナルでクリーチャーの召喚を止められているじゃきーだが、 《蒼龍の大地》 をプレイしマナゾーンから 《絶叫の悪魔龍 イーヴィル・ヒート》 を呼び出すと、能力で 《Mの悪魔龍 リンネビーナス》 を回収する。そして 《絶叫の悪魔龍 イーヴィル・ヒート》 のアタックで 《蒼き団長 ドギラゴン剣》 へと革命チェンジすると、ファイナル革命で先程回収した 《Mの悪魔龍 リンネビーナス》 を呼び出す。

この 《Mの悪魔龍 リンネビーナス》 《音精 ラフルル》 を墓地から呼び出し、かなり安全な状態を作り上げてブレイクが開始。このTブレイクは、2枚目のブレイクで 《青寂の精霊龍 カーネル》 をトリガーし、 《百族の長 プチョヘンザ》 のアタックを止めるが、一方で 《百族の長 プチョヘンザ》 の能力でタップインしてしまい、ブロックできず痛み分け。

続いて、2体目の 《絶叫の悪魔龍 イーヴィル・ヒート》 のアタックが再び 《蒼き団長 ドギラゴン剣》 へと革命チェンジ。今度はファイナル革命は発動しないが、 《伝説の禁断 ドキンダムX》 の最後の封印を外し、禁断解放する。これによって、すべてのクリーチャーが封印されてしまったイワマ。最後の1枚で 《音階の精霊龍 コルティオール》 をトリガーするものの、封印のせいで十分な打点をとめることが出来ないのだった。

Winner:じゃきー

試合終了後に、じゃきーのこのデッキを使用した理由を聞いてみた。

じゃきー 「ドルマゲドンは同型が多そうだったのと、トリガーが多いデッキを使いたかったんですよね」

天門のカギは、 《ヘブンズ・ゲート》 に限らず、トリガーの向こうにある。

そして、じゃきーのデッキケースの中には、デュエデミー版の 《ヘブンズ・ゲート》 が4枚ある。
レポート

ライター
ライターコラム

Page Top