週刊アーキタイプ人気ランキング

【最新スタン特集】週刊アーキタイプ人気ランキング:2月15日~2月21日集計

D5548f9c 7e99 4152 8534 d039baecd9ba

週刊アーキタイプ人気ランキングとは?

毎週のように開催されるグランプリやSCG等の大規模な大会は、各フォーマットのメタゲームに与える影響は少なくありません。逆に言えば、毎週のようにメタゲームは変化すると言えます。

そんな変化を追うために、週毎にDig.cards上で注目されているアーキタイプを各フォーマット毎にTOP10でランキングを作成する事で、アーキタイプの流行を追っていく、というのが本記事の内容となります。

今回はMOPTQで活躍したデッキや現在人気急上昇中の黒緑ビートダウン機体ビートダウンについて紹介していきたいと思います。

それでは早速2月15日~2月21日の週間アーキタイプランキングTOP10を見ていきましょう!

スタンダード週間アーキタイプTOP10

PV(ページのアクセス数) (%)フォーマット毎のアーキタイプのアクセス割合 (↑↓-New)先週と比較したアーキタイプの順位の上下

)1位   1110PV(12.66%)     黒緑ビートダウン
)2位    766PV(8.74%)       赤緑エネルギー
)3位    759PV(8.66%)       即席コントロール
)4位     709PV(8.09%)    機体ビートダウン
)5位     549PV(6.26%)     霊気地の驚異コンボ
)6位     532PV(6.07%)     奔流の機械巨人コントロール
)7位     503PV(5.74%)       サヒーリコンボ
)8位     486PV(5.54%)     赤黒ビートダウン 
)9位     354PV(4.10%)     人間ビートダウン
)10位   321PV(3.66%)       緑白ビートダウン

1位:緑黒ビートダウン


緑黒ビートダウンは今週も一位の座に座りました。
 
クリーチャーを強化し自身を守る
緑黒ビートダウンは環境トップメタの一角である機体ビートダウンに有利の付くアーキタイプです。機体ビートダウンに採用されているクリーチャーよりサイズが一回り大きく相手のクリーチャーを受け止めることができ、黒の軽除去である 《致命的な一押し》 《闇の掌握》 機体ビートダウン 《キランの真意号》 を代表とした序盤の優秀な機体・クリーチャー共に除去できるため有利に立ち回ることが出来ます。

安定性も高く毎週いい結果を残している黒緑ビートダウンですが、環境のトップメタにいるジェスカイサヒーリコンボは除去呪文を大量に採用しているためクリーチャーを主体で戦うデッキである黒緑ビートダウンは苦戦を強いられます。今回のリストは 《ゼンディカーの代弁者、ニッサ》 を採用することで除去主体で動くデッキに対して少しで有利に働けるように工夫がされており黒緑ビートダウンの構築の柔軟性が高いことを認識させられます。メタゲームに合わせて構築を変化させれる黒緑ビートダウンはこれからも要注意アーキタイプと言えるでしょう。

4位:機体ビートダウン


4位にランクダウンしたがその強さは本物!
Walking Ballista / 歩行バリスタ
放置できない歩く火力砲台
MOPTQで見事優勝を果たした機体ビートダウンは一風変わった構築で、サヒーリコンボに非常に有効な 《歩行バリスタ》 をメインから採用し、相性差を完全に捲られないような構成をしています。

また 《大天使アヴァシン》 を採用することでロングゲームになった場合でも攻めを継続でき 《歩行バリスタ》 でいつでも 《大天使アヴァシン》 を変身させることが出来るため非常に強力な組み合わせとなっています。メタゲームの変化にも柔軟に対応してくる機体ビートダウンはまだまだスタンダード環境で活躍することは間違いないと言えるでしょう。

番外編:ティムール電招の塔

Dynavolt Tower / 電招の塔
呪文を唱えるだけで3点ダメージが付いてくる
スタンダード環境で新しいアーキタイプの登場です。奔流の機械巨人コントロールに属するデッキタイプの一つで 《電招の塔》 を主軸にエネルギーを貯めるカードを大量に採用したアーキタイプで毎ターン必ずと言っていいほど 《電招の塔》 を起動させることができ、一度パターンに入ると相手を完全に手玉にとることが出来るデッキです。
Rogue Refiner / ならず者の精製屋 Shielded Aether Thief / 守られた霊気泥棒
エネルギーを補充しつつ電招の塔を探しに行く
緑の要素である 《ならず者の精製屋》 《伐採地の滝》 はどちらもマナフラッドに強く対戦相手も放置しにくい厄介なカードです。また 《電招の塔》 はコントロールデッキが苦手とするPWを処理することも可能です。

ティムール電招の塔デッキはまだでてきたばかりのアーキタイプなので今後の進化や活躍が予想されるので要注目のアーキタイプです。

まとめ

機体ビートダウン黒緑ビートダウンサヒーリコンボの3つが互いに牽制し合っているメタゲームですが、大会ごとのメタゲームの流行りに乗じてデッキ構築に多少の工夫が入っています。そういった細かい工夫の差で勝利を収めていることが見て取れるので流行りのアーキタイプの予習は欠かさずにしていきましょう!また新しいデッキタイプとしてティムール電招の塔も登場したのでこちらの動向にも要注目です!

以上、週間アーキタイプ人気ランキングでした!

今後も毎週木曜日に更新となりますので、よろしくお願いします!それでは来週のランキングでお会いしましょう!
連載コラム

ライター
ライターコラム

Page Top