【フルスポイラー!】行弘&Rizerの破滅の刻インスピレーションレビュー

破滅の刻レビュー:黒

4edaeded 712b 434e a259 ee53334d75e2
黙示録の悪魔
石村: 専用デッキを構築すればとてつもないパワーに育つ事間違いなしですが、本体にダメージを通さなくては始まらないため、トランプルや速攻など能力にもう一声欲しかったところ。

スタンダードでは 《投げ飛ばし》 が良いお供になるでしょう。
行弘: サイクリングコンボのフィニッシャーとして…コントロールのフィニッシャーとして…。

うん、 《奔流の機械巨人》 の方が強そう。
アムムトの永遠衆
石村: 相手にブロックを強要しつつライフを削りとる黒のハードパンチャー。

毎ターン呪文を一つしかプレイできない状況だと瞬く間に押し込まれてしまうのでかなり強力な一枚。

《霊気との調和》 《ウルヴェンワルド横断》 を擁するエネルギービートダウン緑黒昂揚相手には並のカードとなってしまうので、それらのデッキが下火となったタイミングで使いたいところです
行弘: 《不屈の神ロナス》 《キランの真意号》 を動かしたり、 《毒物の侍臣、ハパチラ》 と超絶シナジーしたり、何気にゾンビだからゾンビの3マナ域のでかぶつとして機能したりと、流石に役割多すぎて流石に使われそうですね。
夢盗人
石村: 申し訳程度のタフネス2が哀愁を誘うハンデス生物。

《ハゾレトの指名》 との相性の良さはデッキを組んでみたくなる気にさせてくれます。
行弘: 攻撃を通す為のハードルが高くて、流石に使うのが大変そうな1枚。

永遠のコストも6マナと、かなり重い為、構築で使うのは難しそうです。
バントゥ最後の算段
石村: デメリットは厳しいものの、黒の低コストの全体除去は値千金なので使い道はありそうな一枚。

デメリットによる隙を軽減できるマナアーティファクトやプレインズウォーカーと相性がいいため、スタンダードでは 《策謀家テゼレット》 を軸にしたデッキ、モダンではランタンコントロールや黒単の手札破壊デッキなどで使うのが良さそうです。
行弘: 3マナの全体除去というよりは、黒の全体除去という点で価値が高いですね。

プレイするターンこそ選ぶので、プレイングが難しそうな、面白いカードですね。
栄光の刻
石村: コメントに困るインスタント追放除去。

検閲できるのは手札のみで山札を除くことはできない点に注意です。

黒の追放除去枠としてコントロールのサイドボードに一枚採用することはありそうです。
行弘: 今現在神はそこまで使用されていないので、手放しにメインボードで採用できる性能では無さそうです。

それでもインスタントの追放除去はオンリーワンの性能なので、サイドボードで活躍できる機会はありそうです。
穢れた血、ラザケシュ
石村: 《悪魔の意図》 内蔵生物。

八マナ払った上で、他のクリーチャーを必要として、探したカードをプレイするコストも必要とお手本のような鈍亀性能に涙五月雨。
行弘: 大量マナと大量のクリーチャーを余らせる 《謎の石の儀式》 デッキで1枚採用するには非常に面白そうですね。

《サリアの槍騎兵》 でサーチしてきたこのカードから様々なカードをサーチ…なんて考えるだけで楽しそうです。なお、1枚しか採用されないので高騰はしません。
霰炎の責め苦
石村: 相手の余剰リソースとの交換になりやすいのが欠点で、構築戦では役割が明確な他の呪文が優先されることがほとんどでしょう。

打って変わってリミテッドでは文句なしに強力なので運良く引き当てたなら是非ともデッキに投入しましょう。王神様のご帰還であるぞ!
行弘: 相手に選択肢がありすぎて、あまりにも絶望的な弱さ。
レポート

ライター
ライターコラム

Page Top