デュエル・マスターズ グランプリ-4th テキストカバレージ

デュエル・マスターズ グランプリ 4th メタゲームブレイクダウン

Sp 1504f0cc be90 4d68 b9a6 0edf8845cf9a

決勝ラウンド進出アーキタイプ分布

2051名による激闘の末、決勝ラウンドに残った128名。そのデッキ内訳を分析していこう。

モルトNEXT…47名
自然単ループ…14名
ドギラゴン剣…9名
ロージアダンテ…7名
ドロマーコントロール…5名
レッドゾーン…5名
墓地退化…4名
ビッグマナ…4名
バッシュギヌス…4名
ジョーカーズ…3名
デッドゾーン…3名
成長…3名
その他(2人以下のアーキタイプ)…15名
デッキ不明…5名

アーキタイプは数多く存在するものの、約4割弱が【モルトNEXT】、
次いで【自然単ループ】が横行する結果となった。

以下は注目デッキにおけるトピックス。

*主な上位進出デッキの傾向*

モルトNEXT

超戦龍覇 モルトNEXT
まさに王者の風格、圧倒的使用率を誇る結果となった。

要因としては、今まで 《超戦龍覇 モルトNEXT》 だけでも十分にゲームを決められる決定力を持っていたが、 《絶叫の悪魔龍 イーヴィル・ヒート》 がいなくなり、天敵だった高速のドギラゴン剣デッキが減少し、かつこのデッキも 《蒼き団長 ドギラゴン剣》 《リュウセイ・ジ・アース》 の使う事で、より速く、より重い攻撃を繰り出せるようになった。

さらには 《終焉の禁断 ドルマゲドンX》 をオプションとする事で、その決定力を確たるものにしているといっても過言ではない。

今後もその勢力は増していく事になると思われる。しかし、自身よりスピードの速いデッキは全般的に苦手なので、速攻系統のデッキに注目が集まれば、またその数にも変化が現れるだろう。

自然単ループ

ベイB ジャック S級原始 サンマッド
《蛇手の親分ゴエモンキー!》 の殿堂入りによりキーカードへのアクセスは下がったものの、他のデッキも殿堂入りの影響によって相対的に下がった事、そして 《ベイB ジャック》 の参入によって、コンボスピードが格段に上がった。

安定して4、5ターン目にループに入れるデッキでありながら、 《S級原始 サンマッド》 による打点増加からの奇襲も可能であるため、手広いデッキと言える。歴代のGPで活躍したループデッキと比較しても、最も凶悪な部類である事は間違いない。

しかしながら、防御力を極限まで削いだ構築が仇となったのか、決勝戦にループデッキの姿がなかったのは、GP史上初となった。

ドギラゴン剣

蒼き団長 ドギラゴン剣
Dの博才 サイバーダイス・ベガス
《絶叫の悪魔龍 イーヴィル・ヒート》 が殿堂入りとなり、トップスピードはモルトNEXTやジョーカーズに準じてしまったが、そこは敢えてスピードを落とし、コントロールに寄せたタイプが台頭してきた。

現在シェア拡大中の 《Dの博才 サイバーダイス・ベガス》 はこのアーキタイプでも活躍の幅を広げており、難点だった手札維持と受けの弱さをしっかり補填している。

また、カラーパイを容易に広げられる特性を活かし、 《界王類邪龍目 ザ=デッドブラッキオ》 を採用したタイプも健在のようだ。

ロージアダンテ

真・龍覇 ヘブンズロージア 時の法皇 ミラダンテXII
《真・龍覇 ヘブンズロージア》 《時の法皇 ミラダンテXII》 を主軸としたカウンタービートダウン。

その安定性から人気はあるものの、圧倒的攻撃力を持つモルトNEXTや、攻撃することなく勝ち筋に繋げる自然単ループが横行した事で、この位置に準じることとなった。

とはいえ、 《時の法皇 ミラダンテXII》 のファイナル革命によるロックは強烈で、一度決まればそのままゲームを決定づける事も少なくない。最近は、闇文明を足してコントロールに特化しているのが主流か。

ドロマーコントロール

異端流し オニカマス 天使と悪魔の墳墓
《Dの博才 サイバーダイス・ベガス》 《テック団の波壊Go!》 のパッケージや、踏み倒しを規制する 《異端流し オニカマス》 によって大幅に強化されたアーキタイプ。

強力なS・トリガーが増えた事で従来より大幅に受けの強さが上がった。 《魔天降臨》 《天使と悪魔の墳墓》 で相手の動きを制限した後、サイキック・クリーチャーで鮮やかにフィニッシュする往年のアーキタイプだ。

ジョーカーズ

超特Q ダンガンオー ジョリー・ザ・ジョニー
新1弾「ジョーカーズ参上!!」から参戦してきた新アーキタイプ。無色であることを活かし、 《ゼロの裏技ニヤリー・ゲット》 《破界秘伝ナッシング・ゼロ》 をフルに活かして、一気にリソースを手に入れたり、超打点を形成することを得意としている。

圧倒的使用率を誇ったモルトNEXTにも強く、決勝トーナメントに進出した使用者3人がいずれもTOP16に入っていた事が、このデッキのポテンシャルの高さを示す何よりの証拠だろう。

総括

新勢力であるジョーカーズがいきなり環境上位に!しかもここからさらなる強化がされるとなれば、期待も高まるばかり!

今大会より「DMPランキング」も開始され、これからますますトーナメントイベントが盛り上がることは間違いないだろう。
レポート

ライター
ライターコラム

Page Top