デュエル・マスターズ グランプリ-2nd テキストカバレージ

デュエル・マスターズGP2nd 3回戦目:モブウエポン VS. じぇい

Daa5da72 b1f5 4a4f 8220 4deceae10ee8
前回GP1stでTOP8まで登りつめたモブウエポン氏。今回のGP2ndでも活躍が期待されるが、彼は本戦参加前から我々にサプライズをもたらしていた。
そのサプライズとはなんと、会場内のシャドーボックス展示スペースに彼の作品が展示されているのだ!実際にこの目で見た作品は大迫力の力作揃いで、特に 《神核アトム》 をはじめとした6神がゴット・リンクして鎮座している姿は繊細な拡張アートながらダイナミックな見ごたえがあった!

そんな彼の作品のように、試合もダイナミックに進行していくのか?彼のバトルゾーンに置かれた 《禁断 ー封印されしXー》 を見るからに期待できそうである。

そして、対戦相手である、じぇい氏もバトルゾーンに 《禁断 ー封印されしXー》 を置いて封印を6枚セットする。これは……バイク同士の熱いチキン・レースが繰り広げられるのか!?

ジャンケンの結果、先攻はじぇい氏でデュエマ・スタート!!

早いターンからどんどん攻める侵略デッキ同士の試合となった二人は、1ターン目から慎重にカードを選びマナにチャージしていく。

そう、今日はGP、デュエマプレイヤーにとって特別な大会。熱い心を胸に秘めながらもゆっくりとターンを進めていく二人からはただならぬ気迫が伝わってくる。
一撃奪取 トップギア
先にアクションを起こしたのは後攻のモブウエポン氏。2ターン目のアクションとしては満点の 《一撃奪取 トップギア》 を召喚!
この最高のスタートから、先手後手をひっくり返したいモブウェポン氏。
停滞の影タイム・トリッパー
だが、じぇい氏もこの 《一撃奪取 トップギア》 をふいにする 《停滞の影タイム・トリッパー》 で、モブウエポン氏に優位を渡さない。

これにはモブウエポン氏はマナをタップ状態で置くのみに留まり、アクションを取れずにターンを終える。
そしてじぇい氏は先に、火単系侵略デッキにおいて最も重要な4マナのアクションを行う。ここで召喚されたのは先週末に発売されたばかりの新顔 《轟音 ザ・ブラックV》 !!

まずは封印を1枚剥がし、 《超次元リバイヴ・ホール》 を墓地へ。
禁断の轟速 レッドゾーンX
続けて 《轟音 ザ・ブラックV》 で攻撃して 《禁断の轟速 レッドゾーンX》 を侵略させる!

ここで剥がれた封印は 《熱き侵略 レッドゾーンZ》 そしてモブウエポン氏にカードを1枚捨てさせると 《禁断の轟速 レッドゾーンX》 の効果で 《一撃奪取 トップギア》 を封印させる!
 
苦しい表情を浮かべるモブウエポン氏、シールドを見るものの2枚ともトリガーは無し。じぇい氏は 《停滞の影タイム・トリッパー》 で更にシールドをブレイク!ここでもモブウエポン氏はトリガーを引けなかったので、次のターンに反撃をするしかない。

しかし 《禁断の轟速 レッドゾーンX》 によって 《一撃奪取 トップギア》 が封印されてしまい《停滞の影 タイム・トリッパー》でマナが拘束されてしまったモブウエポン氏は4マナのアクションを取ることができずに、残りのシールド2枚に全てを託すしかない状況に。

2枚のうちどちらかがトリガーなら、まだチャンスが……。
しかし、じぇい氏の5マナのアクションは更に強力なものだった!!
超次元リバイヴ・ホール
まずは 《超次元リバイヴ・ホール》 で墓地の 《熱き侵略 レッドゾーンZ》 を手札に戻し、 《勝利のガイアール・カイザー》 を超次元ゾーンから呼び出す!

更に 《勝利のガイアール・カイザー》 の上に先ほど手札に戻した 《熱き侵略 レッドゾーンZ》 を侵略させ残り2枚の内の1枚のシールドを焼却!

そして最後のシールドを 《停滞の影タイム・トリッパー》 がブレイクすると、その内容を確認したモブウエポン氏は悟りの表情を浮かべ、じぇい氏に握手を求めるのであった。

強力なジャブからそれ以上のストレートを決めたじぇい氏の勝利!

winner:じぇい

GPはまだ始まったばかり、二人の選手の残り5回戦の活躍を期待しよう!
レポート

ライター
ライターコラム

Page Top