デュエルマスターズ・アーキタイプ通信

デュエルマスターズアーキタイプ通信 Vol.17--新たな息吹を吹き込むメラビート!--

7175992f 4854 432d bf59 f3d9f6209268
皆さん、こんにちは!奇行士こと、塚本です!!

ついに発売された新3弾『気分はJ・O・E×2メラ冒険』皆さんはもう手に取って遊んでいますか!?

火文明の力を得たジョーカーズや謎に包まれた新クリーチャー 《DG ーヒトノ造リシモノー》 の登場など、非常にアツい内容となっているのですが、その紹介の前にまずは前回から今回までの環境の変化についてまとめてみましょう!!

■求められるのは対応力!?

終末の時計 ザ・クロック 閃光の守護者ホーリー
【闇火侵略】の歴史を紐解けばわかるように、近年のデュエマ・シーンにおいてのアグロ寄りのアーキタイプでは本来の文明のカードの他に 《終末の時計 ザ・クロック》 《閃光の守護者ホーリー》 といった超優秀なトリガー獣をタッチすることによってデッキのパワーを上げる構築が存在しました。

そして時にはタッチしたカードの文明のカードを更に加えデッキは準単色へと変化していきます。
単騎連射 マグナム 音精 ラフルル
そうすると、トリガー獣対策として 《単騎連射 マグナム》 の様なクリーチャーが注目されるようになります。次にこうした対策手段の影響を受けない呪文のトリガーの採用率が上がると今度は 《音精 ラフルル》 といった呪文対策のクリーチャーに白羽の矢が立ちます。

こうしてアグロデッキでは 《単騎連射 マグナム》 《音精 ラフルル》 の完封コンビを見かけることが増えてきましたが、こうしたイタチごっこの先に更なるカードが頭角を現してきました。
Dの牢閣 メメント守神宮
もともとはアグロデッキに対して鉄壁の防御を誇る 《Dの博才 サイバーダイス・ベガス》 を上から張り替えるために採用され始めた 《Dの牢閣 メメント守神宮》 《単騎連射 マグナム》 《音精 ラフルル》 をすり抜ける延命手段として 《終末の時計 ザ・クロック》 のように様々なアーキタイプに採用されるようになったのです!
アリゾナ・ヘッドショット ドドンガ轟キャノン
こうしてアグロデッキの救世主となった光のフィールドに対抗すべく 《アリゾナ・ヘッドショット》 《ドドンガ轟キャノン》 といった所謂、カード除去と呼ばれるカードに注目が集まっています。

ひとたびトリガーしてしまえば居なくなるまで盤面に影響を与え続けるD2フィールドなのでトリガー出るのは防げなくとも、バトルゾーンに居る際には対処できないと勝敗に影響しやすいので何らかの対抗手段を用意しておくのが最近のセオリーのようです!!

またこういったカード単位で除去できるカードはD2フィールドだけでなく 《爆熱天守 バトライ閣》 を始めとした各種ドラグハートにも触れるのでアグロデッキのみならず様々デッキで採用が検討されているので、デッキを作る際に何を入れようと迷った時は、まずこういったカード除去を入れておけば間違いないのではないでしょうか!!
ミラクルストップ ファイナル・ストップ
また最新のトレンドとして 《音精 ラフルル》 の代わりとして 《ミラクルストップ》 《ファイナル・ストップ》 を採用しているアーキタイプもじわじわと増えています。

どのデッキであれ 《Dの牢閣 メメント守神宮》 を採用していればこれらの呪文封じを使うことができるので光文明メインでなくとも運用が可能となってます。

呪文トリガーだけでなく相手のカード除去も封じやすいため、展開した 《Dの牢閣 メメント守神宮》 を1ターン守ることができ、これが勝敗に係ることもありそうですね!!

《音精 ラフルル》 の革命チェンジ元を用意するのが難しい【ジョーカーズ】で有用とされるこのトピック、今後他のアーキタイプにどう伝播していくのか楽しみでなりません!!

■殿堂環境に新たな息吹を吹き込むメラビート!

メラビート・ザ・ジョニー
冒頭でも触れたとおり、ジョーカーズが火文明の力を得てパワーアップ!!

マスターカードである 《メラビート・ザ・ジョニー》 の他にも火のジョーカーズがたくさん登場したので、従来の無色のカード満載の構築からガラッと変わりそうですね!!

ということでまずはマスターカードである 《メラビート・ザ・ジョニー》 のスペックを確認してみましょう!!

前身である 《ジョリー・ザ・ジョニー 》 はブレイク時のクリーチャー破壊と特殊勝利を内蔵したクリーチャーでしたが、今回はJ・O・Eを持ったクリーチャーを手札から一気に2体展開し、自分のバトルゾーンにジョーカーズ5体以上いたら相手のクリーチャーを全て破壊と、とてもド派手なものとなっています!!

手札が揃っていれば 《メラビート・ザ・ジョニー》 1体でクリーチャー3体換算できるので、脇にあらかじめ2体ジョーカーズを用意しておくだけでクリーチャー破壊の条件も満たせるので、非常に使いやすそうですね!!

続いては手札から出せるクリーチャーの条件でもあるJ・O・Eとは何ぞや?という所に関心が向きますが、パッと思い浮かぶB・A・Dと違ってJ・O・Eはターン終了時に破壊されるのではなく山札の下へ送られます。

それだけで終わりじゃなく、その後1ドローできるのです!!ということはB・A・Dと違ってJ・O・Eは使い捨て感覚で使っても手札が減らないのです!!これは衝撃!!
バーバーパパ カメライフ
《バーバーパパ》 《カメライフ》 のようにクリーチャー除去に長けた効果を持った火ジョーカーズもいるので、従来のジョーカーズと比べて戦術の幅が広がっていることがわかりますね!!

次に気になるのは 《メラビート・ザ・ジョニー》 で出せるJ・O・E持ちの中に大量打点を叩き出せるクリーチャーはいるのか?という点ですね。
仏斬! 富士山ッスル スポーツ大尉
ちゃんと用意されています! 《仏斬! 富士山ッスル》 は条件を満たすと2回攻撃できるので、1枚で4打点となります!そして 《スポーツ大尉》 はT・ブレイカーに加えて手札補充まで行える優れもの!!この2種類を手札に貯めこめば 《メラビート・ザ・ジョニー》 《蒼き団長 ドギラゴン剣》 《超戦龍覇 モルトNEXT》 バリの一撃必殺を魅せてくれるのです!!
ゼロの裏技ニヤリー・ゲット 破界秘伝ナッシング・ゼロ
デッキ内に火文明のカードが増えるということは従来のジョーカーズで無双の強さを発揮していた 《ゼロの裏技ニヤリー・ゲット》 《破界秘伝ナッシング・ゼロ》 が使えなくなってしまいますが、中盤以降に 《メラビート・ザ・ジョニー》 でシュートできるようになるまではJ・O・Eを持ったクリーチャーを小出しに展開する等の新たな戦い方できるので、この先どう殿堂環境で活躍していくのか期待が持てますね!!

前記では様々なアーキタイプで対応力が求められる!と書きましたが、殿堂環境では突破力も活躍する上では重要な要素だと考えています、ですので! 《メラビート・ザ・ジョニー》 が第二の 《蒼き団長 ドギラゴン剣》 《超戦龍覇 モルトNEXT》 となるくらい突破力を秘めたカードだということがここで伝われば幸いです!!

■火文明だけじゃないぞメラ冒険!?

他にも面白カード満載の新3弾ですがその中で既に 《水上第九院 シャコガイル》 は活躍を見せています!!
水上第九院 シャコガイル
【自然単+αループ】では特殊勝利枠として 《ジョリー・ザ・ジョニー Joe》 の代わりに採用されていました!自身の効果で山札と墓地を混ぜてしまうので、山札が減らしにくく特殊勝利が難しいのかと思いきや、マナ加速の手段がふんだんに入った構築ならば山札のカードをマナゾーンに逃がせるので、山札の枚数を減らしやすいので相性バツグンなのです!!

このようにちょい足ししても強い 《水上第九院 シャコガイル》 ですが他にも様々なコンボデッキに出張しそうなので、コンボ好きなプレイヤーにおススメな1枚となっています!!
凶鬼09号 ギャリベータ
そして次は墓地を肥やしたりコントロールしたりするのが好きな人におススメの 《凶鬼09号 ギャリベータ》 !!

自身は墓地にいても召喚できるため 《ボーンおどり・チャージャー》 《リロード・チャージャー》 からスムーズに召喚できるのです!!そして墓地肥しと同時に手札を増やせるので、様々な用途で使うことができそうですね!!

手札破壊に滅法強く【ハンデス】に対しての救世主となるのでしょうか!?

また、自身がマフィ・ギャングでありながらデーモン・コマンドでもあるので 《S級不死 デッドゾーン》 に侵略できたり、色々なシナジーの恩恵を受けられそうなのもポイント高いですね!
DG ーヒトノ造リシモノー
そして最後に紹介するのは謎に包まれたクリーチャー 《DG ーヒトノ造リシモノー》 !!

テキストを見て一番最初に気になるのは『裁きの紋章』というワードなのではないでしょうか!?

新3弾に該当するカードは見当たらないので次なる展開に期待ですが、現時点でもメタリカにはS・トリガーを持たせることができるので 《オヴ・シディア》 《大迷宮亀 ワンダー・タートル》 といったメタリカのボスをシールドに仕込ませていきなりドン!と出すようなことも可能です!

自身がバトルゾーンに出ただけで自分のシールドをブレイクできるので 《星龍の記憶》 の様なカードと組み合わせると可能性は無限大かもしれませんね!!

様々な影響が予想される夢いっぱいの新3弾、この先の展望が気になりますが次回はそれに加えてDMGP5thの結果も控えていまして、それを非常に楽しみにしています!!

といった所で今回はここまで!また、次回もよろしくお願いします!!
連載コラム

ライター
ライターコラム

Page Top