デュエル・マスターズ全国大会2017 エリア代表決定戦 関東大会

​準決勝:nakayama vs. ルスラン

05038225 e5fe 4e20 95d4 98ce3c6c0ee9
いよいよあと2勝。そう、あと2回勝利すればエリア権利を手に入れられる。

この見事トップ8の壁を越えた準決勝では、光水自然グラスパーのnakayamaと、光火ビートジョッキーの対戦をお届けしよう。

nakayamaの対戦ということで、多くの観戦者がフィーチャーエリアへと集まる。

じゃんけんで先手はnakayama。 《ルクショップ・チェサイズ》 をマナチャージ。対するルスランは 《爆殺!! 覇悪怒楽苦》 をチャージする。そして、2ターン目にはnakayamaは 《タルタホル》 でマナ加速、さらに3ターン目にも 《フェアリー・シャワー》 でリソースを稼ぎつつマナを増やす。

2ターン目までアクションの無かったルスランだが、3ターン目に 《ナグナグ・チュリス》 を召喚し、 《タルタホル》 とバトルする。返すターンにnakayamaは 《コレンココ・タンク》 を召喚。めくれたカードには 《コレンココ・タンク》 もあったが、手札を見てマナを数えると、 《コレンココ・タンク》 ごとすべてマナに送り込む。
 
ルスランは 《ダチッコ・チュリス》 を召喚し、それを 《ランド覇車 ガンブルマン》 へと進化させると、さらに 《“罰怒“ブランド》 につなげる。そして、 《“罰怒“ブランド》 がアタックすると、これが 《ルクショップ・チェサイズ》 《隻眼ノ裁キ》 という想定しうる最悪の2枚がトリガーしてしまう。
nakayamaは 《隻眼ノ裁キ》 《ランド覇車 ガンブルマン》 を指定。ルスランはさらに 《ナグナグ・チュリス》 でも攻撃するのだが、今度は 《罠の超人》 がトリガーしてしまい、 《“罰怒“ブランド》 がマナゾーンへ。ターンエンドにルスランはマスターB・A・Dで 《ナグナグ・チュリス》 を破壊する。

かえすnakayamaのターンに 《罠の超人》 《グレート・グラスパー》 へとNEO進化し、バトルゾーンに出た時の能力はつかわず 《ランド覇車 ガンブルマン》 へとアタック。この攻撃時の能力で、早くも 《水上第九院 シャコガイル》 がバトルゾーンに降臨する。

返すターンにルスランは 《ボワー汽艦 ゴリンゴリ》 を召喚。このブレイクはシールド・トリガーだったものの、除去をできない 《DNA・スパーク》 だったので、

《タルタホル》 をだし、 《グレート・グラスパー》 へとNEO進化すると、能力で自身の 《コレンココ・タンク》 をマナゾーンに送り込み、 《ボワー汽艦 ゴリンゴリ》 へとアタック。ここで2回の 《グレート・グラスパー》 がトリガーし、マナゾーンから2体目の 《水上第九院 シャコガイル》 《オヴ・シディアDG》 がバトルゾーンに登場する。
事実上の最後のターン。ルスランは、 《ダチッコ・チュリス》 2体を呼び出すと、1体を 《ランド覇車 ガンブルマン》 へとNEO進化し、攻撃する。だが、これはもう、準決勝の舞台を踏んだ思い出でしかない。

続くターン、nakayamaはターンを迎えると、そのままターンを終えた。

Winner:nakayama

ルスラン 「この前の試合で、デッキに26枚トリガーの人にトリガー踏まなかったんですけど、前の試合がうまく行き過ぎてましたね」

そう語るルスランに、nakayamaは「自分も勝ちますので、次は勝ちましょう!」と声をかける。
レポート

ライター
ライターコラム

Page Top