デュエル・マスターズ全国大会2017 エリア代表決定戦 関東大会

Round 3:xhiro vs. しょーま

396d9f77 bd03 4890 baf1 f94e1ab793a5
関東大会の予選ラウンドは、早くも折り返し地点に差し掛かる。

そんな大切な場面で、フィーチャーエリアに現れたのはxhiro。

全国大会5回出場、全国優勝3回の実績があり、今では表立って活動することは減ったものの、ブロック構築の時期になれば意を決して登場してくるのだ。

昨年は筆者と関東大会でマッチングし、フィーチャーされている。

そんな彼のカバレージを執筆できるのは、非常に感慨深いものである。

対する相手は、小学2年生のしょーま。xhiroが放つオーラに圧倒されたのか、

しょーま「ここで当たりたくなかった…」

緊張気味でコメントする。

xhiro「僕も、君とここで当たりたくなかったよ」

優しく言葉を返すxhiro。

これまでもフィーチャーに呼ばれる機会は多々あったが、運に恵まれず、その場で勝利したことはない。

そんな大切なラウンドの試合内容をお届けしていこう。

先行はしょーま。 《ヤッタレマン》 の召喚を2回続けて行うと、アタックせずに終了。

xhiroは 《ハイエイタス・デパーチャ》 でマナを伸ばしていく。
更に 《ヤッタレマン》 を追加した事を見届け、手札が1枚である事を確認したxhiroは、 《解体人形ジェニー》 でディスカードさせる。マナセットしか出来ないしょーまに対し、 《キラードン》 《ヤッタレマン》 2体を退場させ、次に 《阿修羅ムカデ》 で最後の 《ヤッタレマン》 を破壊。

《パーリ騎士》 でマナ加速に成功させるも、 《ルクショップ・チェサイズ》 でシールドを増やしつつ、手札を整えて、しょーまの反撃に備えた。

続けて 《グレート・グラスパー》 《パーリ騎士》 を退かすxhiroを見ると、いよいよ攻撃に転じる様子を伺える。
しょーまも諦めずに 《パーリ騎士》 でマナ加速を図るも、 《阿修羅ムカデ》 の追加により 《パーリ騎士》 を退場させると、いよいよ 《グレート・グラスパー》 が動き出し、マナゾーンから 《阿修羅ムカデ》 を追加した。

更に 《阿修羅ムカデ》 で残りのシールドをブレイクしたが、反撃のシールドトリガーが現れる事はなかった。

Winner:xhiro

xhiro「ビートジョッキーじゃなくて、よかったー」

安心したかのように、コメントする。

ネクラグラスパーはビートジョッキーに対して、かみ合わせよくシールドトリガーを踏ませない限り、勝つのは厳しい事を理解している。

…そう、先日開催された北関東大会の準決勝のように。

xhiroは、フィーチャーの場面で火単ガトリングや、デアリドギラゴン剣など、早いデッキに屈してきたからこそだろう。

そんなトラウマは払拭すべく、まずはここまで3連勝する事で、一気に弾みをつけた。
レポート

ライター
ライターコラム

Page Top