デュエル・マスターズ全国大会2017 エリア代表決定戦 関東大会

決勝第1回戦:けろぽん vs. しあ

4a323291 f145 4e0b a3f5 964727f1c969
ここから、GPのbye持ちが登場する事になる。

一見するとGP5thでトップ8に残り、byeを得たしあの優位に見えるが、予選を勝ち抜いた選手のテンションを侮る事は出来ない。

神奈川県で上位ランカーのしあと言えども、特にプレッシャーがかかるであろう。

しあの先攻。

まずは 《タルタホル》 でマナブースト。

対するけろぽんは、 《ジョジョジョ・ジョーカーズ》 《ヤッタレマン》 を獲得して、 《スチーム・ハエタタキ》 《タルタホル》 を除去するスタートだ。

続いて 《フェアリー・シャワー》 唱えターンを返すと、 《ヤッタレマン》 を召喚して、 《ジョジョジョ・ジョーカーズ》 《パーリ騎士》 を獲得と、お互いに一歩も譲らない。

しあは 《コレンココ・タンク》 を召喚して、2枚をマナゾーンに置いて、1枚を手札に加え突き放す勢いだが、 《パーリ騎士》 を召喚してマナブースト、J・O・E1を使用して 《カメライフ》 を召喚、効果でボトムへ送る代わりに1ドローする事で、今後の展開に備えるけろぽん。
しあは冷静に 《ボーイズ・トゥ・メン》 を唱え 《ヤッタレマン》 をタップしつつ、マナと手札を拡充させると、 《隻眼ノ裁キ》 《パーリ騎士》 をフリーズさせる。 《コレンココ・タンク》 《ヤッタレマン》 を戦闘破壊と一歩も退かない。

《ヤッタレマン》 を召喚しつつ、ジョーカーズの中核に相応いい 《ヘルコプ太》 を召喚して、3枚のドローに成功させるも、しあが 《コレンココ・タンク》 《グレート・グラスパー》 に進化させ、 《パーリ騎士》 へアタックさせると、 《水上第九院 シャコガイル》 をマナゾーンから送り出し、バトルを解決するも、けろぽんは 《バイナラドア》 を召喚して、1度だけ役目を果たした 《水上第九院 シャコガイル》 にはデッキボトムへ退場頂く。

続くターンで、マナセット後に 《フェアリー・ライフ》 を唱えた後、 《オヴ・シディアDG》 を送り出すと、けろぽんのターンのはじめに効果を発動。 《隻眼ノ裁キ》 が付いたシールドを加えると 《フェアリー・シャワー》 だったので、それを発動。更に 《隻眼ノ裁キ》 を使い、 《バイナラドア》 をフリーズさせた。
逆転を狙うために、けろぽんは 《ジョジョジョ・ジョーカーズ》 を放ち、 《超Z級 ゲキシンオー》 を獲得。そして、意を決して、 《ヤッタレマン》 《メラビート・ザ・ジョニー》 を召喚して、効果で 《超Z級 ゲキシンオー》 を送り込み、シールドを全てブレイク。

すると、 《フェアリー・シャワー》 《ボーイズ・トゥ・メン》 《隻眼ノ裁キ》 が2枚トリガーする。まずは 《フェアリー・シャワー》 を処理して、 《ボーイズ・トゥ・メン》 《超Z級 ゲキシンオー》 をタップ。 《隻眼ノ裁キ》 2枚で、 《ヘルコプ太》 《メラビート・ザ・ジョニー》 をフリーズさせた。その後に 《メラビート・ザ・ジョニー》 の効果で 《オヴ・シディアDG》 《グレート・グラスパー》 を退場させた。

残り時間が迫り来るしあは、 《タルタホル》 を召喚し、 《グレート・グラスパー》 に進化。更に 《タルタホル》 を召喚してから、 《グレート・グラスパー》 《バイナラドア》 にアタックし、効果で 《水上第九院 シャコガイル》 を送り出す。

ターンを返し、けろぽんのターンの始めに入ったところでタイムアップ。後攻のけろぽんのターンで対戦が終わるので、シールドの枚数が多いけろぽんの勝利となった。

Winner:けろぽん

15分の時間制限は、長いようで短い。

同じく神奈川県で活動するけろぽんは、2回戦でフィーチャーされたリリンと親交が深いと言う。デッキも、別の友人から託されたという話だ。

しあも友人達と蜜な情報交換を交わし、本日に備えてきたという。

お互い準備には抜かりがなく、真剣にデュエルマスターズに望んで来たが、必ずしも希望通りの結果を得られるとは限らない。

優勝に向けた1歩は、近いようで遠い。

まだまだ真剣なデュエルマスターズは続いていく。
レポート

ライター
ライターコラム

Page Top