デュエル・マスターズ全国大会2017 エリア代表決定戦  東海大会

準々決勝:オーディン vs. <RIKI>

7e38d77b 7722 405e 8826 c61435399e73
東海エリア予選もいよいよ準々決勝。あと、みっつ勝利すれば栄光のエリア代表である。

このラウンドでは、火ジョーカーズを使用する愛知DMPランキング3位の〈RIKI〉と、火闇マフィ・ギャングに 《水上第九院 シャコガイル》 をタッチという独創的なデッキを持ち込んできたオーディンの対戦をお届けしよう。

じゃんけんで先手はオーディン。1ターン目に 《水上第九院 シャコガイル》 をマナチャージ。対する〈RIKI〉は1ターン目に 《ジョジョジョ・ジョーカーズ》 をプレイする順調な立ち上がり。

手札に加えたのは 《ヘルコプ太》 。さらに、2ターン目には 《ヤッタレマン》 を召喚することに成功する。

この 《ヤッタレマン》 《勇愛の天秤》 で破壊するオーディン。返すターンに〈RIKI〉も 《勇愛の天秤》 を、こちらは 《ハクション・マスク》 を捨てる手札整理の目的で使用する。さらに余った1マナで 《ジョジョジョ・ジョーカーズ》 をプレイし、 《ヤッタレマン》 を手札に加える。

4ターン目、オーディンは少し考えた末に 《ルドルフ・カルナック》 を自身を破壊する形で使用する。返しに〈RIKI〉は 《ヤッタレマン》 から 《パーリ騎士》 につなぎ、一気にマナを充実させる。これで、〈RIKI〉は次のターンに6マナ+ 《ヤッタレマン》 《メラビート・ザ・ジョニー》 につなげるのだ。

それを踏まえてか、オーディンは〈RIKI〉に手札の枚数を確認すると、2枚。1枚はすでに知っている 《ヘルコプ太》 だ。オーディンは今度は手札整理で 《勇愛の天秤》 を使いつつ、 《魔薬医 ヘモグロ》 で手札を捨てさせる。返すターン、〈RIKI〉は 《ヘルコプ太》 で3枚ドローし、 《ヤッタレマン》 を追加してターンを終える。

オーディンは 《ブロック・キング》 を召喚してターンを終了。
〈RIKI〉は 《メラビート・ザ・ジョニー》 をタップ状態で召喚する。マスター・W・メラビートは使用しないが、すでに 《メラビート・ザ・ジョニー》 を含めて5体のジョーカーズがいるので、オーディンの 《魔薬医 ヘモグロ》 《ブロック・キング》 が破壊される。

手札とマナの枚数にそこまで大差がない状態で、盤面を一気にもってかれたオーディン。

《ルドルフ・カルナック》 をふたたび自身を破壊して使用し、枚数を稼いだうえで 《凶鬼65号 カベドン》 を召喚してターン終了。しかし、〈RIKI〉は2体目の 《メラビート・ザ・ジョニー》 を召喚して、この 《凶鬼65号 カベドン》 を破壊する。

互いにマナは8マナ。〈RIKI〉が手札ゼロなのに対して、2枚の手札を持つオーディンは、三度 《ルドルフ・カルナック》 で2枚ドローしたうえで、4体目の 《ルドルフ・カルナック》 をブロッカーとして盤面に残す。しかし、今度はトップデックした 《ハクション・マスク》 《ルドルフ・カルナック》 を破壊する。
回答を求めてオーディンは 《勇愛の天秤》 《解体人形ジェニー》 をディスカードすると、そこで手に入れたのが 《阿修羅ムカデ》 《ハクション・マスク》 を除去する。

互いにトップデック合戦の様相を呈してきたところで、〈RIKI〉が引いてきたのは、値千金の 《ジョジョジョ・ジョーカーズ》 。そして、この4枚の中には 《超Z級 ゲキシンオー》 が。

J・O・Eで登場した 《超Z級 ゲキシンオー》 が、オーディンのシールドをすべてブレイクする。しかし、オーディンもただでは終わらない。ここで 《凶殺皇 デス・ハンズ》 が2体と、そしてスーパー・S・トリガー状態の 《爆殺!! 覇悪怒楽苦》 がトリガーする。

並ぶ小型を一掃し、 《爆殺!! 覇悪怒楽苦》 のS能力で山札を5枚見るのだが……しかし、そこには火のクリーチャーがいない。

結局、2体の 《凶殺皇 デス・ハンズ》 をもってしても、〈RIKI〉の盤面には 《超Z級 ゲキシンオー》 《メラビート・ザ・ジョニー》 が残ってしまう。

《超Z級 ゲキシンオー》 のアタックをブロックし、戻ってきた 《阿修羅ムカデ》 は、 《メラビート・ザ・ジョニー》 を倒せない。

Winner:〈RIKI〉
レポート

ライター
ライターコラム

Page Top