デュエル・マスターズ全国大会2017 エリア代表決定戦  東海大会

Round5:パタ@いっせーVSヘブンズロージア

C9d35e6b b266 46cd bb75 590f375082ae
激闘も気づけば5回戦。今もなお猛威を振るっているグレート・グラスパーやビートジョッキーをはじめ、メタリカももちろん多い東海エリア。

しかし、数々のエリア代表戦が行われてきた後ということもあり、そこには各選手のトップデッキを対策するための戦略、構築がちりばめられていた。

今回はその中でもパタ@いっせーとヘブンズロージアの試合に注目していきたい。パタ@いっせーが使用するのは 《グスタフ・アルブサール》 を核とした闇水グスタフループ。対するヘブンズロージアが使用するのは光闇水トリガーコントロール。

デュエル・マスターズ専門店「WINNERS」代表であり、同時に言わずと知れた超強豪であるパタ@いっせーと、現環境に刺さる破壊札を中心とした、多彩なシールド・トリガーを豊富に組み込み勝ち上がってきたヘブンズロージア。

互いに一敗とどちらも負けられない戦いである……。決勝トーナメント進出をかけた真剣勝負が、今始まる!!

先行はパタ@いっせー。

先に動きを見せたのはパタ@いっせーだった。3ターン目、 《魔薬医 ヘモグロ》 を召喚しヘブンズロージアの手札を一枚破壊。対するヘブンズロージアは 《終末の時計 ザ・クロック》 を召喚しエンド。

4ターン目、パタ@いっせーは 《ルドルフ・カルナック》 を召喚。 《魔薬医 ヘモグロ》 を破壊する。コントロールにとっては順調なスタートである。対するヘブンズロージアはチャージエンドでターンを返す。
5ターン目、パタ@いっせーは 《サイバー・チューン》 を唱え、着実と手札を強固なものにしていく。シールドトリガーで返していくことを得意とするヘブンズロージアは、相手が攻撃してこないデッキタイプであることに苦戦しながらも 《崇高なる智略 オクトーパ》 《終末の時計 ザ・クロック》 の上にNEO進化。

攻撃を仕掛け、 《魔薬医 ヘモグロ》 の動きを止めつつパタ@いっせーのシールドを削る。

しかしここで 《サイバー・チューン》 がトリガーしてしまい、パタ@いっせーの手札はどんどん強固なものとなってしまう。

続く6~8ターン、パタ@いっせーは 《戒王の封》 から 《阿修羅ムカデ》 を展開し、場を制圧。 《魔薬医 ヘモグロ》 で相手の手札を0にする。これに対しヘブンズロージアはマナチャージしてエンドしかできない。

そして9ターン目、パタ@いっせーはここで切り札 《グスタフ・アルブサール》 を召喚しターン終了。ゲームを終わらせる準備を始める。しかしヘブンズロージアも引かない。トップで引き当てた 《崇高なる智略 オクトーパ》 《グスタフ・アルブサール》 の動きを止める。
グスタフ・アルブサール 崇高なる智略 オクトーパ
《崇高なる智略 オクトーパ》 により1ターン動きを止められたパタ@いっせーであるが落ち着いて 《阿修羅ムカデ》 をプレイ。勝利までゆっくりと確実に場を整えていく。

しかしヘブンズロージアは手札0という圧倒的ピンチの状況下で魅せる。引き当てたのは 《凶殺皇 デス・ハンズ》 !!これにより 《グスタフ・アルブサール》 の破壊に成功。

続く10ターン目、パタ@いっせーも黙っていない。ここでもう一度 《グスタフ・アルブサール》 を召喚し、常にプレッシャーを与え続ける。

またもやピンチに陥るヘブンズロージア、引き当てたカードは…… 《デーモン・ハンド》 !!またも 《グスタフ・アルブサール》 の破壊に成功!!

11ターン目、パタ@いっせーはここで戦法を変更する。第二の切り札 《水上第九院 シャコガイル》 を召喚。

もう対応札はないだろうと誰もが思った。しかしヘブンズロージアは諦めていなかった。

引き当てたカードは2枚目の 《デーモン・ハンド》 !!! 《水上第九院 シャコガイル》 を破壊する。

ここまで破壊されてしまうとパタ@いっせーもさすがに苦しい。

続くターンもう一度 《グスタフ・アルブサール》 を召喚するも 《スーパー・エターナル・スパーク》 で下のカードをシールド送りに。さらに次のターントップからの 《凶殺皇 デス・ハンズ》 で破壊されてしまう。

普通ならここまで重要な札を次々と破壊されてしまえば少しは焦るだろう。

それでも、ここまで破壊されても、パタ@いっせーは常に冷静だった。

ゆっくりと自身の山札、墓地、そして場を確認したパタ@いっせーはふたたび 《水上第九院 シャコガイル》 を召喚。なんど破壊されようと諦めない。
幾度と絶体絶命のピンチに襲われたヘブンズロージア、しかし彼も諦める気持ちは全くなかった。

運命のドロー!!引き当てたのは…… 《阿修羅ムカデ》

《水上第九院 シャコガイル》 のパワーにはわずかであるが届かない……。ターンエンド。

《水上第九院 シャコガイル》 が場に残ったパタ@いっせー。

もう一度自分の山札を数える、そして 《サイバー・チューン》 を2枚プレイ。これにより残り山札が2枚となったため、 《水上第九院 シャコガイル》 の効果でパタ@いっせーの勝利が確定した。

WINNER パタ@いっせー

どんなにピンチな状況でも決して諦めることのなかったヘブンズロージア。そしてどんなに破壊されようと自身の勝利を信じて落ち着いてプレイをし続けたパタ@いっせー。互いに全力の激闘であった。
レポート

ライター
ライターコラム

Page Top