デュエル・マスターズ全国大会2017 エリア代表決定戦  東海大会

​プレイヤーインタビュー:パタ@いっせー選手

0fb7b3a0 5c3c 44e6 81a2 ef3d55d8c3e4
Rev期日本一のじゃきー選手、RevF期日本一のせいな選手らを輩出した"王国"愛知県。彼らが集うカードショップWINNERSを経営し、彼らに慕われいる人物が、今日インタビューさせていただくパタ選手だ。

一時期、デュエルマスターズからは離れていた。しかし昨年に競技シーンへの帰還を果たすと、GP3rdでは"ドリスコジョバンニ"を使用。アーキタイプの全容が判明したあの時の鮮烈な驚きは、今尚脳裏に刻まれている選手も多いだろう。

競技デュエルマスターズに飽くなき情熱を燃やす彼の原点は、どこか。
ここに至るきっかけは、なんだったのか。
そのことを、彼に聞いてみたい。

--インタビューに答えていただき、ありがとうございます。本日は、パタさんの競技DMに対する熱い想いを伺えればと考えています。よろしくお願いします。

パタ「こちらこそ、ありがとうございます。よろしくお願いします」

--カードショップWINNERSの経営者として、また"ドリスコジョバンニ"のビルダーとして知られるパタさんですが、競技DMに興味を持たれたきっかけは?

パタ「小学生ぐらいからいろんなカードゲームをやっていました。やっぱり子供なんで、"どうやったら勝てるか"を考えるのがすごく楽しかったんですよね。勝ちへ繋がる方法を突き詰めるのが好きで。
でも当時はどのゲームにも、きちんとした大会なんてありませんでした。まだ"競技"って言葉もなかったんじゃないかな。そんな時代に始まったのが、公式大会があるゲーム…デュエルマスターズだったんです」

--デュエルマスターズ、比較的早い段階で公式大会が設定されていましたよね。DM-6の発売された頃が最初の全国大会ですっけ。

パタ「そうですね。発売と同時に大会の告知があったわけではなかったので、すぐにプレイし始めたわけじゃなかったんですが。僕は愛知県に住んでいたんですけれど、愛知には"ADT(愛知デュエルマスターズチーム)"っていうチームがありました。当時、僕が遊んでいたお店にそこのリーダーが通ってきてたんですよね。それで、彼を通して"デュエルマスターズはちゃんと大会があるんだ"と知ったんです。嬉しかったですね。まさに自分の求めていたものでした。大会を求めて遠征するようになるまで、時間はかかりませんでした」

--公式のエリア予選って、当時はまだハガキによる抽選制度でしたよね。定員も多くて64人。

パタ「とにかく大会に出たくって、行ける範囲の会場の抽選には全て応募しました。そうしたら広島ばっかり当たっちゃいましたけど(笑)
"おやつのじかん"というカードショップに通い出したり、原根(J-Speed選手)と仲良くなったのもこの頃。とにかく強くなりたくて、原根や常連客Tたちを相手にずっとデュエルマスターズで遊んでました。週末には泊まり込んだこともありましたね。あの頃の僕らは、今で言う調整チームのような存在ではありませんでした。互いにライバル同士で、相手を倒すためにひたすら努力して。構築をシェアするなんて、一度もやったことはありません。当日、公式大会で対面するまで相手のデッキはわからない。今でも原根のことは、最高の友人であると同時に最高のライバルだと思ってます」

--そうして日々鎬を削った甲斐あって様々なゲームで入賞され、デュエルマスターズでもサムライリーグ(2007年の公式大会)で準優勝されているパタさんですが、カードゲームから離れていた時期があったと聞いています。

パタ「就職した時ですね…今でこそe-sportsなんて言葉もあって、プロゲーマーという職業が知られつつありますが、当時は"ゲームで食っていくなんてありえない"という感覚が当たり前。それで、自分も自信を失いつつあったんです。カードゲームは楽しいけど、大学を卒業したら終わりだって。これ以上は続けられないんだって。そう、いつしか思うようになっていました。この頃からカードショップを立ち上げたい、起業したいという想いはあったんです。そのためにお金が必要で、就職したあとはがむしゃらに働きました。時間のありそうな人が社内にいれば仕事のことを聞きに行って教えてもらい、夜は残って自主勉強。でもそんな日々を過ごすうちに、心が揺らいできたんです。夢のためとはいえ、デュエルマスターズに触れる時間がない日々。このまま俺は終わっちゃうんじゃないかって、そう感じ始めていました。だから1度だけ、CSに出たんです」

--お気持ち、すごくわかります。進学、就職、結婚…自身を取り巻く環境の変化をきっかけに離れていく選手は少なくありません。

パタ「その時、修羅無双っていう関西の友人に偶然再会したんです。彼は全国大会に出場したことがあるので、ご存知かもしれませんね。

大会の結果は…僕は予選1回戦であっさりと負けて、そのまま終わってしまいました。予選も通過できなくて。
でも、修羅無双は優勝したんです。彼だって社会人なのに、僕よりも早く社会に出て働いているのに。その彼が優勝したんです。
働いていたってカードゲームは続けられるし勝てる。その事実を見せてもらったおかげで、僕は自信を取り戻す事が出来ました」

--そして2016年4月23日、念願のカードショップ"WINNERS"を愛知県の赤池に開店されました。

パタ「開店に合わせて、ライカルやhiroのような昔の友達が、自分たちの持っていた入賞トロフィーを送ってくれました。店に飾っていいよって。すごく嬉しかったです。みんなに夢を応援してもらえて、しかも形に出来るだなんて…子供の頃には思いもしませんでした。
大会にも出るようになって、K.BLUEやiwataたちとも再会して。みんな変わらず、温かく迎えてくれました」

--自分の店を持つ"という最初の目標を果たした今、次の目標は?

パタ「日本一になる事です!つい先日、原根が他のゲームで世界一になったんです。僕は生放送にかじりつき、優勝が決まるその瞬間をWINNERSの大型モニタで見ていました。どんな声をあげてもいいように、感情が暴発してもいいように一人で店にこもって。彼が優勝する直前までは"勝て!勝て!"って強く強く思ってましたが、勝った瞬間はいろんな感情がないまぜになって溢れ出てきました。おめでとうという気持ち、先を越された悔しさ、世界一に本当に手が届くんだという衝撃…。だから今こそ自分も勝ちたいんです。勝って、彼に証明しなきゃって思うんです。自分だってまだ戦ってるぞ、そっちには負けないぞって」

--ありがとうございます。この後の決勝戦も頑張ってください!

パタ「ありがとうございます!頑張ってきます!」
レポート

ライター
ライターコラム

Page Top