デュエル・マスターズ全国大会2017 エリア代表決定戦  東海大会

決勝2回戦: darkblue vs イツキ

5d1de712 2690 4e0e 9a0d 614504d83820
DMPランキングの全国及び、愛知県内ラインキングでその威光を示すdarkblue。

自身の名を象徴するような水と闇の文明のデッキを使い、現在の順位まで登りつめてきた。

が、ここは限定構築環境。

普段とは違うフォーマットで彼が用意してきた答えとは一体何だろう?

不戦勝も得て、予選ラウンドを危なげなく通過してきたdarkblueだが、対戦相手であるイツキもまた同じく予選通過者である。

予選を勝ち抜いてきた者同士の戦いは、むしろ、ここから熱量が上がっていくのだ。

更なる高みを目指すため、ここで負ける訳にはいかない。

そんな大事な一戦の命運を占うじゃんけんのコールが始まり、二人の試合が始まった。

じゃんけんの結果、がdarkblueの先攻でデュエマ・スタート。

先攻となったdarkblueは 《SMAPON》 《アッポー・チュリス》 のマナチャージから 《一番隊 チュチュリス》 を召喚。

どうやら彼が限定構築戦で選択したのはビートジョッキーのようだ。

対してイツキは 《緑知銀 フェイウォン》 2連続マナチャージから 《青守銀 スパシーバ》 を召喚。

《ランド覇車 ガンブルマン》 をモノともしないクリーチャーの召喚にdarkblueいきなり黄色信号か?

帰ってきたターンで 《エナジー・チュリス》 を召喚の後に 《“罰怒“ブランド》 をマスターB・A・Dで召喚。

どうやら青信号のようだ。
相手の展開を先読みしたように見えた 《青守銀 スパシーバ》 の召喚だったが、ここでは別のルートを進むdarkblue。

《エナジー・チュリス》 ですぐさま攻撃し、イツキのシールドにトリガーが無いことがわかると次は 《“罰怒“ブランド》

続けて2枚目3枚目のシールドもトリガーは無く 《“罰怒“ブランド》 の維持のために 《エナジー・チュリス》 が破壊されてターンが終わる。

プランが噛み合わずに、いきなり窮地を迎えてしまったイツキ。
ここでは 《奇石 アムベル》 の召喚で一旦は 《“罰怒“ブランド》 を抑えつけるものの、問題は先延ばしにされただけなので解答の提示が急がれる。

darkblueはイツキの展開に対して 《ジャジー・トランパー》 で備えていたが、引いてきたカードを見て表情が変わる。
ボワー汽艦 ゴリンゴリ
手札1枚の状態でトップしたのは 《ボワー汽艦 ゴリンゴリ》

《ジャジー・トランパー》 を使う程の驚異が現れなかったのも噛み合って、 《ボワー汽艦 ゴリンゴリ》 は手札からすぐに攻撃へと向かった。

その勢いに押されてか、イツキはトリガーを引けずdarkblueは一気に手札を3枚増やす。

そして 《一番隊 チュチュリス》 が最後のシールドをブレイクすると、なんとイツキのシールドの中身はノートリガー。

なんとか帰ってきたターンで 《赤攻銀 マルハヴァン》 を召喚するが、それは有効な解答にはなり得なかった。

シールドの内容のみならず、デッキの半分を占める闇文明のカードにも巡り合えなかったイツキは、終始darkblueの勢いに圧倒される結果となった。

Winner:darkblue

ベスト8に進出したが、まだまだ気は抜けない。

彼の視野はエリア代表戦のみに留まらず、全国ランキングをも捉えているだろう。

同県のライバルであるロマノフsignをより引き離すために。

そして、自分の前を走る全国ランキングの猛者たちを追い抜くために、darkbuleは更に勝ち星を増やせるのか?
レポート

ライター
ライターコラム

Page Top