デュエル・マスターズ全国大会2017 エリア代表決定戦  東海大会

Bブロック決勝:かんきつ vs クサヤナギ

4326f6d1 f502 4120 b5e4 3bdc29e6ee5c
この日の最後を締めくくる決勝戦では、A・B・Cブロックの全てが同じアーキタイプの対決となった。

決勝での同型戦は真の意味での種の優劣の争い。

奇しくも、種族に重きを置いてデザインされた新章の限定構築戦に相応しい戦いとなった。

その中でも特に熱いのがこのビートジョッキー同型のBブロック決勝。

戦う前から先攻が重要だとわかるこの試合、じゃんけんが始まると二人も気合いが入る。

じゃんけんの結果、クサヤナギの先攻となったが、どうなのるのか?

まずは順調にクサヤナギが2ターン目に 《一番隊 チュチュリス》 を召喚する。

ここで後手であるかんきつが同じ2マナのクリーチャーを召喚しても、先攻の速度には間に合わない。

そんなことを考えていると、かんきつは想像の上を行く動きを見せた。

クサヤナギの 《一番隊 チュチュリス》 に対して 《スチーム・ハエタタキ》 を使い、それを破壊。

そして余った火文明のマナを使って 《ステップ・チュリス》 を召喚。

手数での圧倒で、先攻の速さに追いついたのだ。

相手の攻め手を潰しながら、こちらも打点を用意。

まさに決勝らしい展開にクサヤナギも負けていない。

《ダチッコ・チュリス》 を召喚し、その効果を使ってすぐさま 《ランド覇車 ガンブルマン》 をNEO進化。

もはやこの環境を定義づけるまでに至った、このビートジョッキー3ターン目の最強のムーブをかんきつに押し付ける。

《ホップ・チュリス》 が轢かれシールドが2枚ブレイクされる。

その内の1枚が 《マスター・スパーク》 であったので、手札にこのカードがあるよりかは、と1ドローに変換するかんきつ。

そして、かんきつも3ターン目を迎える。

クサヤナギが 《ランド覇車 ガンブルマン》 ならと、かんきつは 《ダチッコ・チュリス》 を召喚してから 《“罰怒“ブランド》 をマスターB・A・Dで召喚。

《ランド覇車 ガンブルマン》 《“罰怒“ブランド》 が轢き返すと 《ダチッコ・チュリス》 《“罰怒“ブランド》 を維持してターンエンド。

3ターン目 《ランド覇車 ガンブルマン》 に対して的確なアンサーを出し、クサヤナギのスピードに食らいつくかんきつ。

お互いにキーとなるターンをビックアクションに費やしたこともあって、クサヤナギはここでは 《ドープ "DBL" ボーダー》 の召喚のみとなる。
だが、2枚シールドがブレイクされたこともあって手札の多いかんきつは更に手数で攻める。

まずは 《一番隊 チュチュリス》 、そして次に 《ホップ・チュリス》 を召喚すると2枚目の 《スチーム・ハエタタキ》 を繰り出す。

虎の子であった 《ドープ "DBL" ボーダー》 を失い、攻められる側になってしまったクサヤナギ。

かんきつが 《“罰怒“ブランド》 で2枚のシールドをブレイクすると、ここでトリガーしたのは 《ジャジー・トランパー》

更にシールドが減ってしまうが、背に腹は代えられぬ。

《一番隊 チュチュリス》 を何とか破壊するが、最後の打点である 《ホップ・チュリス》 の攻撃を受け止め、シールドは一気に1枚まで減ってしまった。

一気に窮地に陥ってしまったクサヤナギ。

《一番隊 チュチュリス》 の召喚の後に2体目の 《一番隊 チュチュリス》 へと繋げると、逆転の望みを掛けた一手に出る。
“罰怒“ブランド
これで逆転の準備は整った。

しかし、相手のシールドはまだ3枚。

そして、自分のシールドは後1枚。

盤面を取るのか?それともシールドをブレイクしかんきつの討つのか?

クサヤナギの使うデッキは、ビートジョッキー。

それなら答えは一つしかないだろう。
クサヤナギは 《“罰怒“ブランド》 をタップさせ、かんきつのシールドを指さす。

そう、種の争いならば、ビートジョッキーという攻撃性を示すのが正解だろう。

かんきつが2枚のトリガーを引きよせ、その中身を確認する。

そしてトリガーが無いことがわかると 《一番隊 チュチュリス》 が攻撃。

こうして、最後の 《一番隊 チュチュリス》 がダイレクト・アタックに向かうと、かんきつは「おめでとう」とクサヤナギの勝利を称賛した。

Winner:クサヤナギ

後攻ながら終始圧倒した攻めを見せたかんきつ。

そして、ギリギリの試合展開に最後は勇気を持って差し切ったクサヤナギ。

ビートジョッキー同士の高速の戦いは、短いながらとても濃い試合となった。

最後に全国への進出を応援するかんきつが、クサヤナギに握手を求めていた。

恥ずかしそうにしながらそれに応じるクサヤナギだが、握手はがっちりと交わされた。

この二人だからこそ、終わりまで素晴らしい試合になったのだろう、それは観客の拍手や声援が証明していた。

クサヤナギ、全国進出おめでとう!
レポート

ライター
ライターコラム

Page Top