デュエル・マスターズ全国大会2017 エリア代表決定戦  南九州・沖縄エリア大会

準々決勝:izanagi vs. ふわってぃ

4f18be31 aef5 4a83 a773 c6533821c117
Round 3で、昨年の権利獲得者はこの会場にはいないと書いたが、過去の権利獲得者は当然何人かはこの会場に足を運んでいる。例えば、一昨年のエリア代表であるジェネレイドも会場に来ていた。

izanagiもそうだ。2014年のデュエマ甲子園では、 《共鳴の精霊龍 サザン・ルネッサンス》 発売直後であり、まだメジャーなアーキタイプではなかった白単サザン・ルネッサンスを持ち込み準優勝という成績を残している。

そして、そんなizanagiが準々決勝まで勝ち上がってきている。あと、3勝で再びの権利獲得となる。使用しているデッキは、発売したばかりの 《煌龍 サッヴァーク》 をメインとした光自然サッヴァークだ。

対するは、宮崎のふわってぃ。こちらも新弾で 《王盟合体 サンダイオー》 を手に入れ大幅に強化された火ジョーカーズを使用している。

「表向きのシールド」という特殊なリソースを使う 《煌龍 サッヴァーク》 に対しては、シールド焼却する 《王盟合体 サンダイオー》 は対抗馬として有力視されているが、果たして実際のゲームで勝利するのはどちらか。

じゃんけんで先手のふわってぃが 《ジョジョジョ・ジョーカーズ》 《ヤッタレマン》 を手札にいれる立ち上がり。続くターンにふわってぃが 《ヤッタレマン》 を出した返しにizanagiは 《霞み妖精ジャスミン》 でマナ加速する。
ここでふわってぃはコスト軽減された 《パーリ騎士》 からさらに 《ジョジョジョ・ジョーカーズ》 《メラビート・ザ・ジョニー》 をサーチという火ジョーカーズとしては絶好の動きを見せる。次のターンに 《ヘルコプ太》 が来そうな勢いだ。

しかし、まだ自身のゲームプランのターンではないizanagiは 《フェアリー・ライフ》 のみでターンを返す。一方のふわってぃは予想通りの 《ヘルコプ太》 召喚から、 《ヤッタレマン》 の2体目召喚につなげる。
izanagiは逆転の一手、 《サッヴァークDG》 を召喚。izanagiのデッキは光ゼロ純正DGではないので 《サッヴァークDG》 で手に入るのは1枚。だが、ターンエンドに 《断罪スル雷面ノ裁キ》 《ヤッタレマン》 2体をシールドに張り付ける。そして表向きのカードが3枚なので 《サッヴァークDG》 が破壊され 《煌龍 サッヴァーク》 をバトルゾーンに出てくると、 《パーリ騎士》 《ヤッタレマン》 が1体張り付いているシールドへと張り付ける。返しでふわってぃは 《ヘルコプ太》 で2枚ドロー。

《DG ~ヒトノ造リシモノ~》を召喚し、自身は 《断罪スル雷面ノ裁キ》 が付いたシールドをブレイクし 《サッヴァークDG》 がトリガーする。対するふわってぃも 《バイナラドア》 がトリガーする。まずは 《断罪スル雷面ノ裁キ》 が解決し、 《バイナラドア》 《ヘルコプ太》 がシールドに。そして 《バイナラドア》 《煌龍 サッヴァーク》 で置換されふわってぃのシールドの 《バイナラドア》 が墓地に置かれる。

そして 《煌龍 サッヴァーク》 が攻撃し、まずはドラゴン・W・ブレイクでizanagiのシールドを2枚増やす。このブレイクでは 《ハクション・マスク》 《バイナラドア》 がトリガーするのだが…… 《煌龍 サッヴァーク》 の前には除去能力は役に立たない。

ターン終了時に 《サッヴァークDG》 の能力で 《断罪スル雷面ノ裁キ》 が使用され、 《バイナラドア》 《ハクション・マスク》 はまたもシールドに表向きで送り込まれる。ふわってぃは 《パーリ騎士》 を2体召喚しマナを伸ばすと、さらに 《ジョジョジョ・ジョーカーズ》 。ここで 《超Z級 ゲキシンオー》 を手札に加える。

izanagiは長考の末に 《隻眼ノ裁キ》 《ヘルコプ太》 に対してプレイ。そして《DG ~ヒトノ造リシモノ~》をシールドへの宣言で攻撃。タップ時能力で 《ヘルコプ太》 《ヤッタレマン》 が表向きのシールドをブレイクする。そして、正式なブレイクで 《バイナラドア》 《ハクション・マスク》 が再びトリガーするが……やはり 《煌龍 サッヴァーク》 の前には除去は無意味なのであった。

Winner:izanagi
レポート

ライター
ライターコラム

Page Top