デュエル・マスターズ全国大会2017 エリア代表決定戦 北東北大会

決勝第一回戦:nao vs 土偶

22a7815c 39a0 4851 92c7 55bf42f9aec2
予選エリアが終了し、勝ち上がってきた16名からスタートする決勝トーナメント。
 
勝ち上がってきたのはやはり【グレート・グラスパー】。プレイヤーによりデッキの構築、採用文明に差はあるが、6名のプレイヤーを決勝トーナメントに送り込んだ 《グレート・グラスパー》 はこの限定構築戦を語る上で絶対に外せないだろう。
 
次点は【ビートジョッキー】。4名のプレイヤーを決勝トーナメントに進出させた「ビートジョッキー」の基本的な構築は 《一番隊 チュチュリス》 《ダチッコ・チュリス》 の小型クリーチャーから 《ランド覇車 ガンブルマン》 《“罰怒“ブランド》 の大型クリーチャーを早出しして駆け抜けるデッキだ。先に全てのシールドを破壊しておけば 《DNA・スパーク》 をはじめとするスパーク系で大逆転できるのも強みの一つだろう。
 
その後に続くのは【赤ジョーカーズ】だ。『超メガ盛り7デッキ』で 《超Z級 ゲキシンオー》 《SMAPON》 を得て、最強クラスの攻撃力で攻めることで予選を突破した。
 
他に予選を抜けたデッキは、四国大会を湧かせた【マフィ・ギャング】、 《ゼロの裏技ニヤリー・ゲット》 は無いが 《破界秘伝ナッシング・ゼロ》 で早期に攻める【無色ジョーカーズ】、 《気高き魂 不動》 《赤攻銀 マルハヴァン》 の破壊耐性持ちクリーチャーで攻める【白単メタリカ】。
 
決勝トーナメント1回戦は限定構築戦の王者である【グレート・グラスパー】と展開力と耐性持ちクリーチャーの【白単メタリカ】をお届けしようと思う。
 
先攻は土偶。2ターン目に 《一番隊 クリスタ》 を召喚し、最高のスタートを決める。
 
naoはマナに 《水上第九院 シャコガイル》 《罠の超人》 をチャージするのみでターンを返す。
 
土偶は 《緑知銀 フェイウォン》 を召喚、そのままタップし1枚ドローとnaoが動けないうちにアドバンテージをドンドン広げていく。
 
naoは再びマナに 《水上第九院 シャコガイル》 チャージするのみ、手札があまりよくないと見える。
 
土偶の追撃の手は緩まない。 《龍装者 バーナイン》 《一番隊 クリスタ》 の順に召喚。手札を増やしながら場のクリーチャーをさらに増やしていく。
 
ここでnaoが動いた。4ターン目、 《ルクショップ・チェサイズ》 をチャージし、 《隻眼ノ裁キ》 を発動。土偶の 《龍装者 バーナイン》 をタップし、自身の盾に 《隻眼ノ裁キ》 を仕込む。
 
ターンが土偶に返ってきた。 《龍装者 バーナイン》 はタップされたが効果はそのまま使えるので土偶の動きは全く止まらない。
 
場に2体並んでいる 《一番隊 クリスタ》 の軽減効果と 《緑知銀 フェイウォン》 を含めた3コスト以下のクリーチャー3体で5コスト軽減し、 《赤攻銀 マルハヴァン》 を召喚、 《龍装者 バーナイン》 でドローした 《一番隊 クリスタ》 《赤攻銀 マルハヴァン》 《絶対の畏れ 防鎧》 を連鎖的に召喚していく。
 
Naoは少しでも土偶の動きを止めようと 《スプラッスイカ》 を唱え 《赤攻銀 マルハヴァン》 をマナに送り込むが、ここまで展開してしまったメタリカを止めるには少し遅すぎた。
 
土偶は、【メタリカ】を展開させるのに 《ベイB ジャック》 は必要ねぇ!と言わんばかりに 《青守銀 ルヴォワ》 《奇石マクーロ》 を展開、 《龍装者 バーナイン》 の効果でドローをはさみながら、相手をお先真っ黒にすべく 《奇石マクーロ》 から 《奇石マクーロ》 を手札に加え、 《奇石マクーロ》 を召喚し 《絶対の畏れ 防鎧》 を手札に加えた。
気高き魂 不動   奇石マクーロ
ここで土偶は勝負を決めにいった。 《奇石マクーロ》 《気高き魂 不動》 にNEO進化。

メタリカ軍団で総攻撃し、勝利を手にしたのであった。
 
Winner 土偶
レポート

ライター
ライターコラム

Page Top