デュエル・マスターズ全国大会2017 エリア代表決定戦 北東北大会

Round4:セイント vs. しんちゃん

F5a89d5c a1ec 4d0d 922f 4d7547b4ea25
北東北エリア代表戦 R4 セイント vs. しんちゃん

ここでは去年のエリア覇者であるセイントがついに登場!

全勝で土付かずと、出だしは好調のようだ。

対するしんちゃんは11歳ながらビートジョッキーを使いこなし、セイント同様ここまで全勝をキープしている。

何やら二人は前から交流があるようで、試合開始前にセイントがしんちゃんに『頑張ろうね。』と呼びかけ、和やかな雰囲気が流れる。

じゃんけんの結果、先攻はしんちゃんでデュエマスタート!

試合が始まるとオープンハンドを確認したしんちゃんは、ゲームプランを練るべく、少し考えた後で 《ドープ "DBL" ボーダー》 をマナチャージする。

続いて2ターン連続で 《一番隊 チュチュリス》 を召喚すると、最後に召喚した 《一番隊 チュチュリス》 の上に 《ランド覇車 ガンブルマン》 がNEO進化。

早くも3ターン目にW・ブレイカーが用意され、セイントのシールド目がけ 《ランド覇車 ガンブルマン》 が攻撃。

ブレイクされた2枚のシールドを確認し、セイントはその内の1枚をバトルゾーンへと置く。

1回目の攻撃で 《凶殺皇 デス・ハンズ》 を踏んでしまったしんちゃんは 《ランド覇車 ガンブルマン》 という攻めの要を失ってしまう。、

更に、後続に控えてた 《一番隊 チュチュリス》 も攻撃に向かわせることができなくなりターンエンド。
 
先手のビートジョッキーの猛攻を早いターンから凌げたセイントは 《絶対の畏れ 防鎧》 を召喚。

《凶殺皇 デス・ハンズ》 のトリガーにより一気にテンポロスをしてしまったしんちゃんはマナチャージのみでターンを明け渡す。

こうして、しんちゃんの展開が止まっているうちにセイントは 《隻眼ノ裁キ》 《一番隊 チュチュリス》 をタップさせると、そのまま 《絶対の畏れ 防鎧》 の攻撃で破壊する。

畳みかけるようにセイントは 《解体人形ジェニー》 を使ってしんちゃんの虎の子の 《ランド覇車 ガンブルマン》 を奪い試合のペースを掴みに行く。

しんちゃんはここから2ターン連続で 《ナグナグ・チュリス》 を引き当て 《凶殺皇 デス・ハンズ》 や間のターンに召喚された《雷鳴のミスト・リエス》をバトルで破壊していく。
このドローを足掛かりに、何とかして再び攻勢へと向かいたいしんちゃんだったが、セイントはそれを許さない。

2枚目の 《隻眼ノ裁キ》 が片方の 《ナグナグ・チュリス》 をタップさせると、またしても 《絶対の畏れ 防鎧》 によって破壊されてしまう。

こうして、残りのシールド3枚中2枚に 《隻眼ノ裁キ》 が潜み、ビートジョッキーにとっては悪夢のような展開に。

しかし、ここでしんちゃんは 《ラウド "NYZ" ノイジー》 の召喚に漕ぎつけ、自分のシールドから2枚を手札に引き込む。
手札とバトルゾーン両方に戦力を補充できたしんちゃんは、この 《ラウド "NYZ" ノイジー》 のW・ブレイクで一気に2枚の 《隻眼ノ裁キ》 を対処できれば、まだまだ望みある。

そして、新たに 《隻眼ノ裁キ》 を置かれないために、ここでは1枚のみとなっているシールドに 《ナグナグ・チュリス》 がアタック。

何とか勝利へのプランを見い出せたしんちゃんだったが、セイントのシールドはまたしてもそれを阻む。
罠の超人
《罠の超人》 のトリガーによって 《ラウド "NYZ" ノイジー》 がマナゾーンへ置かれ、しんちゃんのプランは瓦解してしまう。

セイントは 《グレート・グラスパー》 《罠の超人》 の上にNEO進化されると、アタックによりマナゾーンから 《オヴ・シディアDG》 を呼び出し、更なる延命手段を確保。

この2枚にトリガーが無かったので、身の安全の確保を確信したセイントは、そのまましんちゃんの最後のシールドをブレイク。

ここでもしんちゃんはトリガーに辿り着けず、最後までトリガーに翻弄された結果となった。

Winner:セイント

最後まで丁寧に丁寧に丁寧にしんちゃんの攻めに対応したセイントがトリガーにも恵まれ、全勝を維持。
レポート

ライター
ライターコラム

Page Top