デュエル・マスターズ全国大会2017 エリア代表決定戦 北東北大会

​北東北エリアトップ5カード

9e232d6d 9300 41a7 a8bc 4dd0d70591b6
南東北大会、北関東大会、四国大会の三つのエリア大会が終了し、メタゲームが固まってきた北東北エリア大会
 
今大会で目立った五枚のカードを今回お届けしようと思う。
 
5位: 《グレート・グラスパー》
グレート・グラスパー
 北東北エリアとの順位と全く同じ結果になってしまったが、北東北エリア大会も優勝し、同日大会の南関東エリアより一歩速く4連覇を決めてしまった 《グレート・グラスパー》 は限定戦を語る上でもう外せないカードの1枚だろう。
 
登場時に除去、アタック時に展開とまさにやりたい放題を具現化したカードだ。
 
展開させるクリーチャーの範囲がとても広く、 《ブロック・キング》 でループするもよし、 《オヴ・シディアDG》 で守りを固めるもよし、 《水上第九院 シャコガイル》 でデッキを再構築して特殊勝利を狙う事もできる。
 
特殊な構築になるが、アタック時にマナゾーンの 《超Z級 ゲキシンオー》 を出し、シールドを全てブレイクして 《マスター・スパーク》 をケアしながら 《グレート・グラスパー》 がダイレクトアタックする離れ業をやってのける事もできてしまう。
 
コントロールの選択肢をこれ1枚で多種多様に出来てしまう様は、環境の支配者と呼ばれるにふさわしいだろう。
 
4位: 《ドープ "DBL" ボーダー》
ドープ "DBL" ボーダー
環境最速の誇る【ビートジョッキー】のいぶし銀のカードが 《ドープ "DBL" ボーダー》 だ。
 
スピードアタッカー持ちで自身の破壊を自軍のクリーチャーに移し替える効果と、相手のクリーチャーを破壊した時にパワーが倍になりアンタップする効果を持っている。
 
後述した効果は 《DNA・スパーク》 《マスター・スパーク》 から始まるスパーク系カードとの相性がとても良く、今大会では【火ジョーカーズ】の 《超Z級 ゲキシンオー》 で、全てシールドが破壊された時に起動した 《DNA・スパーク》 から、 《ドープ "DBL" ボーダー》 で、タップしている5体ものクリーチャーを破壊しながらパワーが倍になり続け、最終的には 《緑神龍ディルガベジーダ》 もビックリの128000まで膨れ上がったパワーで勝負を決めたのは衝撃的であった。
 
3位: 《水上第九院 シャコガイル》
  水上第九院 シャコガイル
デッキ回復と特殊勝利を兼ね備えたこのカードは通常環境でのループ、コンボデッキのフィニッシャーとして使われてきたが、今回の限定構築戦でも凄まじい活躍を見せてくれた。
 
基本的には 《グレート・グラスパー》 が使用されたデッキに投入され、マナブースト、除去カード連打しリソースが枯れたのを補う役割として使われるが、それだけで 《水上第九院 シャコガイル》 の役割は終わらない。
 
《水上第九院 シャコガイル》 はデッキの最後のカードを引くとゲームに勝つ能力を持っているので、除去を持たない相手には一方的に勝利してしまうのだ。準決勝のシャルロvs土偶の試合では、シャルロが早々に盤面を制圧。土偶はシャルロがアタックしてきたところを 《ノヴァルティ・アメイズ》 で一発逆転を狙っていたが 《水上第九院 シャコガイル》 がその希望を大吸引してしまう結果となった。
 
リソースを確保し、あわよくば特殊勝利を達成してしまう 《水上第九院 シャコガイル》 のポテンシャルは未だに計り知れないだろう。
 
2位: 《魔薬医 ヘモグロ》
  魔薬医 ヘモグロ
《グレート・グラスパー》 を基本とするビックマナ戦略、【ビートジョッキー】が得意とする速攻戦略には共通した弱点が存在する。
 
手札破壊、ハンデスだ。
 
ビッグマナ戦略はマナブースト連続で行うため、手札の消費が凄まじい。 《コレンココ・タンク》 をプレイしようにも、減った手札からでは 《魔薬医 ヘモグロ》 で簡単にハンデスされてしまい、 《水上第九院 シャコガイル》 を運よく引き出せるタイミングが来ても、ハンデスで時間を稼がれ危機的状況に陥っていた時では手遅れだ。
 
【ビートジョッキー】の速攻は、手札のクリーチャーを先に刈り取られていたら最大出力を発揮できない。 《魔薬医 ヘモグロ》 から 《ルドルフ・カルナック》 で2ハンデス、2ドローを綺麗に決められてしまったらプランの崩壊は必至だろう。
 
ハンデスを防ぐにはマッドネスを採用すればいい。エリア代表決定戦の前哨戦となる店舗予選では 《キキリカミ・パンツァー》 が多く採用されていて、安易に 《魔薬医 ヘモグロ》 を出したプレイヤーを 《キキリカミ・パンツァー》 が踏みつぶしてしまう光景がよく見られた。
 
現段階のエリア代表決定戦ではマッドネス持ちのクリーチャーがかなり減っているため、今後ハンデスを軸としたデッキが上位に名を連ねるかもしれない。
 
1位: 《悪魔神バロム・クエイク》
  悪魔神バロム・クエイク
北東北エリアトップ5カードで1位に輝いたのは 《悪魔神バロム・クエイク》 だ。
 
多くの除去持ちカードが1:1交換、良くて1:2交換なのに対し、 《悪魔神バロム・クエイク》 はほぼ全てのカードを破壊できる最強クラスの除去カードだ。
 
どれだけ相手が盤面を広げていようと、この1枚で逆転できてしまう衝撃は凄まじく、北東北エリア代表のシャルロを称えこのカードを1位にしたいと思う。
レポート

ライター
ライターコラム

Page Top