デュエル・マスターズ全国大会2017 エリア代表決定戦 北東北大会

準々決勝:キョースケ vs. 神崎奈緒

Baf0ccee 659a 49a2 a2cd 07547aec144b
《グレート・グラスパー》 が跋扈する限定構築の環境を駆け抜け、1位通過のまま決勝トーナメントの1回戦も勝ったキョースケ。

対するは予選ラウンドでもフィーチャーされた神崎奈緒。

《グレート・グラスパー》 殺しの 《グレート・グラスパー》 を構築してきたが、ビートジョッキーの対策も怠ってはいないと言う。

会場で最も勢いのあるキョースケを止めることができるのであろうか?

じゃんけんの結果、神崎奈緒が勝利して、まずはビートジョッキー相手にどうしても欲しい先行を手に入れひと安心。

しかし、キョースケは後攻ながら怒涛の立ち上がりを見せる。

《アッポー・チュリス》 《勇愛の天秤》 で破壊され、出鼻を挫かれたと思ったのも矢先に 《ダチッコ・チュリス》 をすぐさま 《ランド覇車 ガンブルマン》 にNEO進化させる。

ブレイクされた 《爆殺!! 覇悪怒楽苦》 をすぐさま 《ランド覇車 ガンブルマン》 に当て凌いだと思いきや 《ラウド "NYZ" ノイジー》 で手札を回復。
《魔薬医 ヘモグロ》 に対し 《DNA・スパーク》 を捨てた後、またしても 《ダチッコ・チュリス》 からの 《ランド覇車 ガンブルマン》 を決めて、攻め手を緩めない。

神崎奈緒がブロッカーとして用意していた 《ルドルフ・カルナック》 を屠り、その勢いのままシールドもブレイク。

神崎奈緒も 《凶殺皇 デス・ハンズ》 をトリガーして 《ラウド "NYZ" ノイジー》 を破壊し、大打撃は防いだものの 《ランド覇車 ガンブルマン》 は残ったままだ。

バトルゾーンに対処しきれない神崎奈緒は何とか後続だけは、と、再び 《ルドルフ・カルナック》 を召喚して 《魔薬医 ヘモグロ》 を破壊させ2ドロー。

ターン終了時に 《魔薬医 ヘモグロ》 が復活し 《ドープ "DBL" ボーダー》 をむしり取り、最悪の事態は魔逃れたか?

《ランド覇車 ガンブルマン》 の勢いは止まらなく、またしても 《ルドルフ・カルナック》 を轢き、最後のシールドをブレイクするキョースケ。

だが、後続は無くターンエンド。

首の皮一枚の神崎奈緒、ここで 《阿修羅ムカデ》 に辿り着き、暴走状態の 《ランド覇車 ガンブルマン》 を何とか対処。

後はダイレクト・アタックだけとなったキョースケだが 《阿修羅ムカデ》 を前に、神崎奈緒自身が遠い。

手札も無いので、ここからは山札の上のカードで勝負をしなければならない。
対して神崎奈緒はここから 《ブロック・キング》 《グレート・グラスパー》 《グレート・グラスパー》 と怒涛の巻き返しを見せる。

そして、何より神崎奈緒には 《グレート・グラスパー》 殺しとしてのキーカードである 《水上第九院 シャコガイル》 がいるので、相手のシールドの内容は関係ない。

《阿修羅ムカデ》 《ブロック・キング》 という軸の異なる妨害に攻撃手段をシャットアウトされたキョースケ。

ついに 《水上第九院 シャコガイル》 がバトルゾーンに着地すると、後はゆっくり神崎奈緒の山札が無くなるのを見るだけとなった。

Winner:神崎奈緒

神崎奈緒、シールド0枚から驚異の逆転勝利。

ラウンド4ではフィーチャー席に苦手意識を見せていた神崎奈緒。

死線を乗り越えた彼の表情にフィーチャー席でのプレッシャーなど微塵も感じることは、もう無かった。

 
レポート

ライター
ライターコラム

Page Top