デュエル・マスターズ全国大会2017 エリア代表決定戦  北九州エリア大会

権利獲得者インタビュー北九州エリア:しーた選手

D3676c5f 9a0b 4824 adb4 a3a732960987
――改めて、本日はおめでとうございます。

しーた「ありがとうございます」

――地元での優勝と言うことで、嬉しさもひとしおだと思います。エリア予選の出場権利も竜星のあらし(今回のエリア予選会場)で獲得されたのですね。

しーた「そうですね。エリア予選の調整も、権利の獲得も、ここで行いました。CS等の大型大会の調整もここで行うことが多かったので、感慨深いですね」

――今回のデッキに関して、 《終末の時計 ザ・クロック》 《ボーンおどり・チャージャー》 等特徴的なカードが見られましたが。

しーた「 《終末の時計 ザ・クロック》 《グスタフ・アルブサール》 の攻撃キャンセルや、 《水上第九院 シャコガイル》 のデッキ回復効果を使わずにそのまま相手のターン開始時効果に飛べること。更に 《阿修羅サソリムカデ》 の破壊するデメリット効果を回避することもでき、デッキの動きを大きく補佐してくれるカードでした」

――ビートジョッキー等の積極的にビートダウンを仕掛けてくるデッキに対しても有効、と。

しーた「勿論、防御トリガーとしても有用で、『勝つためのルーティング( 《エマージェンシー・タイフーン》 《サイバー・チューン》 等の「引いて捨てる効果」)』を行うためにも、シールドに 《終末の時計 ザ・クロック》 がある前提で動くことによって勝ちに直結するシーンが今回のエリア予選の中でもありました。」

―― 《ボーンおどり・チャージャー》 については、いかがでしょうか。

しーた「相手よりも早く動けること、 《戒王の封》 を唱えるためのターン数が1少なくなることはかなり重要でした。また、マナが増えると同時に墓地も増え、唱えて全く損が無いカードだと思います」

――では、今回使用したデッキ全体で見た時の評価はどのようなものでしょうか。

しーた「今回多いと予想していたのはミラーマッチと 《煌龍 サッヴァーク》 によって強化されたメタリカで、これら二つは先日の南九州・沖縄エリアで結果を残しているデッキタイプの為、無視することはできません。 《グスタフ・アルブサール》 ループはメタリカに対して優位が取れ、『誕ジョー!マスター・ドラゴン!!』以前のデッキにはおおよそ有利が取れていたため、このデッキを使用しました」

―― 《グスタフ・アルブサール》 ループと同速以下のデッキは有利が取りやすい、と。

しーた「なので、メタリカ→ビートジョッキー→ 《グスタフ・アルブサール》 ループ→メタリカ→……と三角の関係にあり、メタリカが流行っている以上ビートジョッキーは少ない、よって今回はループを握ることになりました」

――今回は友人とデッキと共同で組み上げたと聞きました。友人たちと回す中で、意識したポイントはありますか。

しーた「『考えすぎない』です。身内の中だけで環境を回し続けて、空回りすることだけは避けたかったので、客観的に環境を分析し、適切なデッキ選択を行うことを心掛けました」

――ありがとうございます。最後になりますが、全国大会への意気込みをお願いします。

しーた「勿論目指すは優勝です。最近はナツメ(DMGP5th優勝者)や@神衣(DMGP4th優勝者)といった若いプレイヤーが台頭してきているので、大人のプレイヤーもまだまだ勝てるんだ、というところを見せるためにも、若いプレイヤーには負けたくないですね」

彼の優勝が決まった時、彼と同じシャツを着ていたプレイヤーが我が事のように喜んでいたのが今回私の中でとても印象深かったシーンだ。

チームくわけんのメンバーの一人、しーたのデッキ選択とその戦術から目が離せない。
レポート

ライター
ライターコラム

Page Top