デュエル・マスターズ全国大会2017 エリア代表決定戦  北九州エリア大会

準々決勝:尖迅vsしーた

8b7fa061 9fef 48b2 961d 07f5e79a1ea4
ベスト8が決定し、残る試合も両手で数えられるほどになった。

ここで皆様にお届けしたいのは九州が誇る名プレイヤー同士の戦い、尖迅としーたの熱戦だ。

尖迅の速攻戦略が徹るか、しーたのコンボが炸裂するか。手に汗握る攻防戦が始まった。

先攻を取ったのはビートジョッキー操る尖迅。 《ランド覇車 ガンブルマン》 をマナチャージして、2ターン目の 《アッポー・チュリス》 からゲームメイクを始める。

後攻のしーたは 《エマージェンシー・タイフーン》 を負けじとプレイ。コンボパーツを墓地に落とせはしないが、 《凶殺皇 デス・ハンズ》 を墓地に送りターンを終える。
3ターン目、尖迅にターンが戻り、マナチャージから長考に入る。攻め手に欠け、あまり悠長にターンを過ごしている場合ではないが、しーたのシールド次第では敗色濃厚になってしまうため、現在見えている情報以外にも考慮すべき事案は多く思考時間を目一杯使う。

しーたにプレイを求められたのを切っ掛けに、尖迅は 《ランド覇車 ガンブルマン》 《アッポー・チュリス》 の上に重ね、プレイヤーへの攻撃を宣言。ここでしーたのシールドは3枚になるが……
戒王の封
トリガーしたのは 《戒王の封》 。「コンボパーツを引き込めておらず、 《凶殺皇 デス・ハンズ》 《水上第九院 シャコガイル》 のどちらを墓地に送るかを悩んだが、 《戒王の封》 のこともあり、 《凶殺皇 デス・ハンズ》 を捨てた」と対戦後に語ったしーただったが、その狙いが見事に的中。

《ランド覇車 ガンブルマン》 を破壊し、尖迅の速攻戦術の第一波を防ぐことに成功した。
しーたの後攻3ターン目、 《エマージェンシー・タイフーン》 を再び唱え、今度は 《阿修羅サソリムカデ》 を捨てる。

尖迅は攻め手を一度は封じられたものの、まだまだアタッカーに困るような手札ではない、と言わんばかりに《ドープ ”DBL” ボーダー》をバトルゾーンに。一直線にしーたを狙い、シールドは残り2枚になる。

が、ここは 《集器医 ランプ》 がトリガー。尖迅の盤面にクリーチャーへの存在を否定するかのように、シールドからの除去で耐え凌ぐ。

自分のターンに自分の行動をしっかり通せて、シールドがしーたの期待に応えるように除去を行う。速度を上げる為、 《ボーンおどり・チャージャー》 を唱えて次ターンでの終焉を狙いに行く。

少しでもしーたのシールド枚数を減らし勝利へと近づけたい尖迅はここで《ボワー汽艦ゴリンゴリ》を召喚し、シールドに向かって攻撃。さすがにここでのS・トリガーはなく、効果で手札を3枚増やす。

シールドが1枚になったしーたは防御を固めつつ攻めの体制にも入りたいところ。 《戒王の封》 を唱え、墓地から 《阿修羅サソリムカデ》 を蘇生。効果で 《ルドルフ・カルナック》 《集器医 ランプ》 をさらに復活させ、《ボワー汽艦ゴリンゴリ》を破壊。

《凶殺皇 デス・ハンズ》 《集器医 ランプ》 《阿修羅サソリムカデ》 の効果で破壊し、ブロッカーを残してターンを終了した。

尖迅の6ターン目。《ボワー汽艦ゴリンゴリ》を召喚するが、ブロッカーの前では攻撃に入ることができない。7ターン目に全てを賭け、ターンをしーたへと渡す。

しーたは 《ボーンおどり・チャージャー》 《貝獣 アホヤ》 をプレイ。更にブロッカーで場を固めながら、次のマナチャージで8…… 《グスタフ・アルブサール》 《阿修羅サソリムカデ》 をコストを支払って召喚可能なマナ域まで伸ばした。

尖迅に再びターンが返ってくるも、彼が起こした行動はマスターB・A・D無しで出した 《“罰怒“ブランド》 のみ。しーたのブロッカー軍団を超えることは叶わず、しーたが出した 《阿修羅サソリムカデ》 によって、今度こそゲームは終わりを迎えた。

WINNER:しーた
レポート

ライター
ライターコラム

Page Top