デュエル・マスターズ全国大会2017 エリア代表決定戦  北九州エリア大会

決勝1回戦:トゥルチvs.まひろ♪

4e61a380 79f3 4761 aac8 92f2b71d9910
北九州エリア予選も決勝ラウンドに突入。16個の椅子に16人が座るはずが、17人目がそこにはいた。

DMGP4th3位によりエリア代表決定戦のbyeを持ったトゥルチが、そこにいた。DMGP2ndでもベスト8に入賞し、2年連続で決勝ラウンドからのスタートという非常に珍しく、確かな実力者であるということが実績から見て取れる。

対するは予選16位通過、#俺フィーチャー北九州 でも他薦の声が複数上がっていたまひろ♪だ。

16人目の椅子に座るプレイヤーを決めるためのたった二人の戦いが、今始まる。
先攻はトゥルチ。 《阿修羅サソリムカデ》 のチャージから始まる。対するまひろ♪は 《パーリ騎士》 をマナに置く。

トゥルチは2ターン目に動くことはなかったが、まひろ♪は 《勇愛の天秤》 を唱え、 《ヤッタレマン》 を捨てて2ドロー。

3ターン目、トゥルチは 《サイバー・チューン》 からこのゲームを始める。 《グスタフ・アルブサール》 を2枚捨て、静かな終わりへのカウントダウンが始まる。

このターンの返し、まひろ♪は 《パーリ騎士》 をバトルゾーンに。先ほど捨てた 《ヤッタレマン》 をマナに置き、マナを伸ばす。 《ヤッタレマン》 を捨てて 《パーリ騎士》 を優先した背景のすべては、マナとバトルゾーンに大量のジョーカーズを要求する 《王盟合体 サンダイオー》 の存在が大きいだろう。

4ターン目に突入し、トゥルチは 《エマージェンシー・タイフーン》 を連打。一回目のディスカードで 《爆撃男》 を捨てて 《パーリ騎士》 を処理しつつ、二回目で 《阿修羅サソリムカデ》 を捨てる、というかなりおいしい展開だ。
まひろ♪は 《パーリ騎士》 を失ったものの、 《ヘルコプ太》 を出して手札を減らさず場に展開することを選択。 《メラビート・ザ・ジョニー》 を使う以上手札の枚数は非常に重要になるため、効率に関しては二の次だ。

マナチャージのみでターンを返したトゥルチ、後攻5ターン目、再びまひろ♪のターンが回ってくる。

《ジョジョジョ・ジョーカーズ》 を唱え、手札に加えたのは
メラビート・ザ・ジョニー
まひろ♪のマナには6枚のジョーカーズ。バトルゾーンには 《ヘルコプ太》 。そしてあからさまに盾を1枚減らすことに意義を見出したかのようなこのタイミングでの 《ヘルコプ太》 のシールドブレイク。

トゥルチは、このターンで決めざるを得なくなった。

《戒王の封》 を唱え、墓地から蘇生させるのは 《阿修羅サソリムカデ》 《グスタフ・アルブサール》 を2体その効果で更に釣り上げ、うち一体を 《阿修羅サソリムカデ》 の上に乗せる。

《ヘルコプ太》 への攻撃を宣言しながら、 《グスタフ・アルブサール》 のキズナプラスが2回誘発。 《阿修羅サソリムカデ》 の効果で落ちた 《龍装者 グルド54号》 を活用しながら巧みにアタックキャンセルを繰り返しながら、NEO進化した状態の 《グスタフ・アルブサール》 を作り直す。

そして、ついに 《水上第九院 シャコガイル》 《終末の時計 ザ・クロック》 と共に降臨し、デッキ回復効果をスキップしてまひろ♪のターンへ。

まひろ♪の手札にあった 《メラビート・ザ・ジョニー》 、2枚の 《王盟合体 サンダイオー》 は陽の目を見ることなく、トゥルチの勝利によってゲームが終了した。

WINNER:トゥルチ
レポート

ライター
ライターコラム

Page Top