デュエル・マスターズ全国大会2017 エリア代表決定戦  北九州エリア大会

Round 3:砕月vsぱいなぽー将軍

599edec2 d87e 4c77 a23e 45c707bd01cb
本会場でまず最初のフィーチャー席に座ったのは「革命ファイナルカップ」九州エリアBブロック代表、砕月だ。

新弾「誕ジョー!マスタードラゴン!!~正義ノ裁キ~」によりループの突入速度の上昇と条件の緩和によって一気にメタゲームへと上り詰めた水闇 《グスタフ・アルブサール》 ループを使用している。

対するぱいなぽー将軍は各所で猛威を奮い、 《王盟合体 サンダイオー》 でますます攻撃性の増した火入りジョーカーズ。ぱいなぽー将軍の火入りジョーカーズは大量のシールドトリガーを携え、一気にカウンターアタックを決めるコンセプトが特徴的だ。

共に新弾の強化が入っているデッキだが、その結末や如何に。
先攻はぱいなぽー将軍。 《マスター・スパーク》 《終末の時計 ザ・クロック》 などS・トリガーが目立つマナチャージが3ターンあったのち、 《洗脳センノー》 を召喚。踏み倒しに牽制をかける。

砕月はループの下準備として 《サイバー・チューン》 を唱える。それぞれループパーツとなる 《グスタフ・アルブサール》 《阿修羅サソリムカデ》 を墓地に落とし、早くも怪しげな雰囲気が漂う。

4ターン目、先攻のぱいなぽー将軍はマナチャージのみでターンを終えるが砕月は 《貝獣 アホヤ》 で墓地を再び肥やす。 《グスタフ・アルブサール》 《ルドルフ・カルナック》 を墓地に置き、ひとしきりのパーツは揃い、あとはフィニッシャーを待つのみとなる。

5ターン目、ぱいなぽー将軍の手が動く。 《バーバーパパ》 をJOE効果で出そうとするも、ぱいなぽー将軍のマナゾーンには光と水のカードしかなく、しぶしぶこのターンでの攻撃を見送ることとなる。
1ターンの猶予を貰った砕月は 《ボーンおどり・チャージャー》 《サイバー・チューン》 で更に墓地を増やし、 《戒王の封》 1枚からループに入れるまで砕月の墓地は増えた。

6ターン目に突入し、ようやく身動きが取れるようになったぱいなぽー将軍は火のカードをしっかりマナチャージし 《バーバーパパ》 を今度こそ召喚。そのまま 《貝獣 アホヤ》 を破壊し、シールドを2枚突き破る。
戒王の封
しかし、吸い込まれるように 《戒王の封》 を踏み抜いてしまう。墓地にある 《阿修羅サソリムカデ》 1体から 《阿修羅サソリムカデ》 が連鎖し、一時的に盤面は7体まで膨れ上がるが、ぱいなぽー将軍のターン終了宣言時に砕月のバトルゾーンは 《阿修羅サソリムカデ》 1体のみに戻る。

《阿修羅サソリムカデ》 の効果によって十分に膨れ上がった墓地には 《水上第九院 シャコガイル》 もあり、手札から 《戒王の封》 も唱えられ 《グスタフ・アルブサール》 が2体 《阿修羅サソリムカデ》 の上にNEO進化。ループが確定し、 《水上第九院 シャコガイル》 の効果で砕月が勝利を得た。

WINNER:砕月
レポート

ライター
ライターコラム

Page Top