デュエル・マスターズ全国大会2017 エリア代表決定戦  北九州エリア大会

​準決勝 トゥルチ vs. 刃雷

488c015c b238 4240 9771 a18ca65c5d08
過去5回行われたDMGPで2回もベスト8の経験のあるトゥルチ。

GP4thではマナゾーンを使ったループを何度も決め、3位という結果を残した。

その戦績が今日の北九州エリア予選での、決勝トーナメントまでの不戦勝をもたらした。

しかし、現環境には 《蛇手の親分ゴエモンキー!》 もなければ 《革命の巨石》 もない。

限定構築戦に彼が持ち込んできたデッキとは一体何なのか?

そして、ここで迎え撃つは刃雷。

トゥルチが予選をスキップしてここまでたどり着いたのなら、刃雷は北九州の名立たる強豪を予選ラウンドから次々と打ち倒してきた実力の持ち主。

お互い、相手にとって不足なしという準決勝としてはアツ過ぎるくらいの試合が始まった。

じゃんけんの結果、先攻はトゥルチでデュエマ・スタート。
まず最初に行動を取ったのは刃雷で 《勇愛の天秤》 を唱えると 《カメライフ》 を捨てて2ドロー。

トゥルチも返しのターンに 《エマージェンシー・タイフーン》 を唱えると、ここでトゥルチのデッキの内容がわかる。

墓地に置かれたカードは 《グスタフ・アルブサール》

そう、マナゾーンを使ったループができない環境ならば、墓地を使ったループをすればいい。
それがトゥルチの回答だった。

こうなるとお互いが 《グスタフ・アルブサール》 、あるいは 《メラビート・ザ・ジョニー》 によるフィニッシュを先に決めるためのスピード勝負が始まる。

刃雷は 《ヤッタレマン》 の召喚から 《ジョジョジョ・ジョーカーズ》 を使い 《パーリ騎士》 を手札に加える。

トゥルチは 《爆撃男》 を召喚してエンド。

返しのターンに刃雷が 《ヘルコプ太》 で2ドローすると、トゥルチは 《龍装者 グルド54号》 を召喚して 《爆撃男》 を犠牲にし刃雷のクリーチャーを全て刈り取る。

これにめげず刃雷は 《パーリ騎士》 を召喚し、墓地の 《カメライフ》 をマナに変えると 《ジョジョジョ・ジョーカーズ》 を使って 《洗脳センノー》 を手札に加える。

トゥルチは自分コンボを機能不全にさせる 《洗脳センノー》 が召喚されてしまう前に 《戒王の封》 を唱え、 《龍装者 グルド54号》 の上に 《グスタフ・アルブサール》 をNEO進化させる。

しかし、墓地にめぼしいクリーチャーがいなく 《グスタフ・アルブサール》 は立たせたままでターンを終える。

何とか間に合ったかと刃雷が 《洗脳センノー》 を召喚すると、加えて 《勇愛の天秤》 《メラビート・ザ・ジョニー》 を捨てて2ドロー。

しかし、そんなことは動じないトゥルチは2体目の 《龍装者 グルド54号》 であっさりと 《洗脳センノー》 を対処。

だが、墓地が肥えないことにはコンボを始めることができないので 《グスタフ・アルブサール》 は使えずにいるままだ。

刃雷の動きがここで止まり、再びターンが来ると待望のカードである 《サイバー・チューン》 を引き込めたトゥルチ。

《爆撃男》 《阿修羅サソリムカデ》 を捨て、ついでに 《パーリ騎士》 を破壊する。

続けて更に 《サイバー・チューン》 を唱えると 《超魔導書グリモア第1章》 《集器医 ランプ》 と捨てる。

ここではまだ、コンボに向かう体勢が整っていないと判断したトゥルチはターンを終える。

すると 《グスタフ・アルブサール》 は一回もその能力を使わないまま、刃雷の手札から飛び出した 《バイナラドア》 に退場させられてしまう。

破壊されて墓地に落ちれば、再利用できるものの大事なコンボのパーツを山札の下へ送られたトゥルチ。

だが、表情を変えることなく 《エマージェンシー・タイフーン》 を唱え2枚カードを引いたのち 《エマージェンシー・タイフーン》 を捨てると三度 《龍装者 グルド54号》 を召喚し 《バイナラドア》 を破壊する。

ここでようやく、なんとか均衡を保ってきた刃雷がついに自ら均衡を破るべく動き出す。

《メラビート・ザ・ジョニー》 を召喚すると 《王盟合体 サンダイオー》 が2体戦線に加わる。

《王盟合体 サンダイオー》 がシールドをトゥルチのシールドを焼却すると、一気にシールドは残り1枚に。

刃雷は最後の1枚のトリガーを警戒しターンを終えると、仕事を終えた 《王盟合体 サンダイオー》 2体は山札の底へ帰り、新たな手札に変わる。

それこそがトゥルチの誘いだった。

自分のコンボの準備こそ進まなかったトゥルチだったが、刃雷がクリーチャーを出すたびに丁寧に除去を重ねていた。

それによってダイレクトアタックに至るまでの戦線を未然に防ぎながら 《王盟合体 サンダイオー》 のシールド焼却も自分のコンボを進めるチャンスに変えれるようにと、狙いすましていたのだった。

墓地にはあらかたのコンボパーツが揃っていたので、後はコンボをスタートさせるだけとなった。

《阿修羅サソリムカデ》 を召喚すると、後は墓地の 《阿修羅サソリムカデ》 あるいは 《龍装者 グルド54号》 の枚数分、山札から2枚ずつコンボパーツが落ちるのを期待するだけとなった。

淀みない動作とスピードで正確に手順を進め 《阿修羅サソリムカデ》 を破壊したり復活させるトゥルチ。

こうして墓地に 《グスタフ・アルブサール》 が落ちると、コンボは次の段階に進む。

《グスタフ・アルブサール》 《集器医 ランプ》 の能力を使って、マフィ・ギャング以外のクリーチャーも墓地から復活できる状態になると後は簡単。

《貝獣 アホヤ》 《水上第九院 シャコガイル》 が同時に復活するとトゥルチは 《貝獣 アホヤ》 の能力の解決を先に宣言。

山札の残りが1枚のみであることを示すと、あっという間にコンボは終わったのだった。

Winner:トゥルチ

コンボがスタートする前からも、毎ターン迅速な判断で即座にターンを終わらせていたトゥルチ。

完全にデッキをシンクロしたような動きを見せ勝利し、優勝に王手をかけたのだった。
レポート

ライター
ライターコラム

Page Top